Ramblin_naofish

2016年10月

ヒンヤリとした夕方は何故か嬉しかったり。年中、秋だったらいいのにw


この時期になると和歌山中紀から南紀にかけて、タチウオの話をよく聞くようになります。




dreemupから今冬にシャッドが出るので、タチウオにどうかな?っと中紀にフラリと行ってきました!


もうそろかな?とキャストを続けるも時間ばかりが過ぎていく…




ん?情報と違うなぁ?と考えながらリトリーブしてると、ゴン!と手が止まった。




久しぶりのタチウオアタリ!サイズは可愛いながらもドリームシャッド♫



ドリームシャッド3.5インチのアラハダグロー、ケミホタルインでした。

さらに2匹目のタチウオを狙いますが、またまた反応無く時間だけが過ぎていきます…




両サイドの釣り人もあまり当たってない感じ?







風も強くなってきて、もう帰ろうかな?と思ったところに、またまた足元でドン!



これまた小さいけど、何も釣れずよりマシかな?^^;



夏もそうだったけど、タチウオとの相性が年々悪くなってる気がします^^;

和歌山に住んでいた頃は、けっこう釣ったのだけどw




これに懲りず、タチウオ爆釣を夢見てチャンスを伺いたいと思います!

秋の気配が深まると…



これを釣らずして冬は迎えられない!
で、お馴染みの…


ゲーハー!ことカワハギ!



掛ける楽しさと食べる楽しさ。
ライトゲームロッドで十分に遊べ、25cmクラスになるとロッドをバットから曲げてくれる好敵手であり、目指せ尺ゲーハーを目標に毎シーズン楽しんでます!





久しぶりの南くんと地磯へ向かう。エサは予め仕込んでたエビ。塩で〆て好みの硬さに。僕はカチカチより少しソフトなのが好みです。


さっそく釣り開始。仕掛けは、ショートリーダーに2号ほどのオモリを。ライトウェイトブッコミ仕掛け?とでも言いましょうか?自由度が高く、エサ釣りっぽくなくルアー釣りの延長線のよう。


仕掛けをキャスト、ボトムをとって誘っていくとアタリが出始め、掛け損ないや、バラしが続いた後に、明確なアタリを掛けてフィッシュオンw





なんとも言えない引きを堪能し、上がってきたのは本命のゲーハーでした♫





美味い肝醤油で美味い刺身が食えるw
頭の中はすでに今夜の夕食ですw








この後は移動しながら2人でポツポツと飽きることなく釣れ、癒されました♫

驚くは、かなり浅場にもゲーハーが入ってたこと。ここには居ないだろう…という決めつけはゲーハーであろうとしないようにしますw





夕食はゲーハーの恵みをシャワーのように浴びましたw


これで冬を迎えることが出来ます!



でもまだまだ行きたいなぁ♫



ん?あまりお見かけしない…


まさかのカマサーでカンモンハタ!
沖縄のリーフとかで釣れるやつかな?

カマサーは時としてサプライズを演出してくれますww



お初のハタは嬉しいなぁw


何が釣れるか分からないカマサー!

とりあえず一つ持っておくと、なんとかなりますw

image



休みはもちろん、仕事帰りにも流速練。

常に流れている熊野川。しかしタイミングは重要。それを把握するために通う日々。




当日は10時くらいであり、下げに入っている状況で、干潮手前でした。

まだ夏の面影のこす、むせ返る暑さに、ウェーダーの中は蒸れが酷い。



それでも流れの中に立ち、ダウンクロスでキャストを開始する。本流側、シャロー側、そして流れのヨレに狙いをかえての1投目にいきなり水面が割れるバイト!!!

流れとスズキの引きが重なり、なかなかの重量感。



バシャバシャバシャバシャ!!!エラ洗いを繰り返しながら、流れとヨレを抜けると一気に大人しくなりランディング!


image


77cm。


ルアーは今期使い込みたいと思っているK2Rでした。

image


ロッドポジションで泳層を微妙にかえることができるのが良いかなと思ってます。

あまり潜らせたくないけど、極力水面を割らせたくない、そんな時に使うようにしてます。

形はシンペンだけど、水圧を受けても潜りすぎないミノーとして捉えてます。






その後反応なくなりランガン。そしてこの日最大のチャンスを逃すことになるとは…




流れとあまり関係ないたまりのようなところをTKLM120GPで流していくと…




ゴンゴン!!とティップを叩くアタリ!!


そして目の前に現れたのは目測90オーバー…小さく見積もっても85クラス!!




ドバドバッと魚体をあらわにした瞬間にフックオフ……

まぁ、仕方ない。よそ見してたんだもの。アレレ?という感じで掛かったのでフッキング出来ず^^;






とりあえず昼飯休憩をし、少し仮眠することに。


……








ハッ!!と目が覚めたのは夕刻前。予定してた時間はとおに通り過ぎてしまったが、急いで再エントリーする。






もしや?と午前中にバラした魚が気になって、まさかなぁ?と思いながら、同じトレースコースへキャストすると、



まさかの…ゴン!!







ドバドバッとデカすぎる頭でヘッドシェイクし、ヤツか!!と思った瞬間にまたまたポロッと簡単にルアーが外れてしまいました^^;

同じ魚かどうかは分かりませんが、似てる体色と似てるサイズ…


とにかく僕の負けでした。





あの時もっとこうしてたら…と思えることができたので、勉強になったと思っておきます(笑)




今回はミスが2回もありましたが、勉強になった流速練でした!

最後に愛しいのTKLM120GPクラシックRHでセイゴが釣れ、納竿としました(笑)


次回こそ!!

image


このページのトップヘ