Ramblin_naofish

2016年11月



夏のカマス釣りには無くてはならなくなった、Go-Phish カマサー。

タックルハウスのキーパプースのGo-Phish customなのはご存知の通り。

カマスに特化したカラーリングとなっており、サイドのフラット面が強烈なフラッシングを演出してくれます。



釣れるキモは、タダ巻きでバランスを崩すように設計されており(渋木社長にうかがったところ狙って作ったとおっしゃってました)、千鳥ることで、バイトチャンスを誘発。

誰もが簡単に巻くだけで釣れる、素敵なルアーです。アクションを入れると不意な糸フケが出るのでラインブレイクしやすくなりますのでご注意くださいw

タダ巻きが基本です。



夏のカマス釣りはもちろんのこと、ここ数年活躍の場は秋冬も。





南紀エリアは秋冬に大型化するカマス族の『アカカマス』が接岸します。南紀ではアラハダと呼びます。

アベレージは35cm前後、大型になると50cmに迫ります。





以前から馴染みの魚であり、南紀エリアでは皆が狙う大衆魚のようなもの。

よく多用されてるリグは7gまでのジグヘッドに3インチのシャッドテール。


ほとんどの人が、このセッティングで狙ってます。




僕もそうでしたが、2、3年の間はカマサーで楽しんでます。

理由としては、プラグで釣りたいのと、カマサーについた歯型を眺めたいのとw




飛距離や喰わせ能力は、ワームには敵わない場面もありますが、それでも時にはワームと同等、さらにはそれ以上の強さを見せてくれることもあります。

理由はアラハダに聞いてみてください。


日中であれ、夜であれ、食い気が立っていれば、問題なくいつでもカマサーを襲ってくれるはずです。





去年まではカマサー50で楽しんでましたが、40クラスになると引きも増すので、フックが度々伸びることも。

フックサイズを上げるとなると、バランスも悪くなるし…と悩んでいたところ、今年の夏にカマサー60が発売!



発売当初から密かに、『アラハダに効くはず…』と思ってました。

理由として、レンジが50以上に入ることと、フックサイズが上がったこと。
波動もさらに大きく、アピール力も上がるはず…ということで、50との比較は次の通り。





50→フックサイズ♯12
50→レンジ 120cm


60→フックサイズ♯10
60→レンジ 140cm






日中、夜、問わずにレンジの深い所に定位するアカカマスにはなるべくレンジが入ってほしいので、カマサー60の発売は期待でしかありませんでした。

フックサイズも♯10なので、伸ばされることもありません。




千鳥具合もシリーズ最強であり、時々、気難しいアラハダのスイッチを入れてくれる気がします。





そんな感じのカマサー60で接岸を待っていたところ、山々が色づく頃に、無事に接岸w

そして、いきなり60炸裂!!


Go-Phish yakpac 58ml
カマサー60 チャートミラー





友人もカマサー60で連発!!

夕マズメのひと時でしたが、楽しめました!!






接岸すれば、あとは通うのみw

カマサー60に刻まれていく歯型を見てニヤニヤが止まりませんw



日が高くなった午前様、雨降る中、肌寒くなった昼下がり、日中をメインに通い、カマサー60を投げ続ける日々w

反応が悪くなると50、42、とローテーション。個人的にはやっぱりレンジの入る60が好感触でした。


カマサー60 イエローヘッド






某日にはGo-Phish 武田さんとカマサー遊戯!活性が下がったか、群れが少なくなったのか、反応の薄い日でしたが、そこはやっぱり武田さん&カマサー60!





足元まで40クラスがチェイスする興奮のゲームでした!!







これから冬が深まるにつれて、アラハダは南紀各所に接岸し、釣りやすくなります。

ポイントも漁港など、足場の良いところがメインポイントになるので、ファミリー、カップル、初心者の方にも!!
カマサー60&50があれば、投げて巻くだけの簡単な釣りで大きなカマスが釣れるのは誰もが楽しめるかと思います。


ワームはテールが千切れたり、ボロボロになったりしますが、カマサーは歯型がつくだけで、半永久的?wに使い続けることが出来るので、お財布にも優しい?



カマサーが全てではないですが、ワームや、その他のプラグなどのローテーションの一部としてお使いいただければと。


カマサー60 クリアーオレンジ




まだまだ始まったばかりの南紀アラハダゲーム、暖かくなるまでの間、日中、夜問わずに、時間があれば漁港に癒されに行こうかと思います。




さぁ、レッツカマサー!!

未だに釣ったことない憧れの魚は国内外、大小、希少性、などなど問わずにたくさんある。

そんな中、身近でチャンスをうかがっている魚があるので、海面に漂う海藻には常に注視している。




とある日の午後に串本港でいつものパトロール。すると気になる流れ藻が…?え?もしかして…!?




タックルハウスのティロミノーを流れ藻付近にキャストし、ジックリ誘ってやると流れ藻から出て来てパクッ。


喰ったー!!




憧れのハナオコゼ!!






このフォルムといい、パーツといい、カラーといい、何から何までカッコよすぎるwww



もはや海獣のよう。

オニオコゼ、ハナミノカサゴ、そしてこのハナオコゼで、キモカワカッコイイ魚種の御三家をルアーでゲットした今、残るはラスボスのカエルアンコウww



ハナオコゼも出会る確率はかなり低いと思うので、運が良かったかなと。



次また出会うのは来週かもしれないし、何年も先かも、もしかしたらもう出会わないかも?

一期一会は大事にwww




たまたま釣れたのではなく、狙って釣れたのもかなりポイントが高い。


記憶に残る小さな怪魚との出会いでした。何回見ても惚れ惚れするキモカワカッコ良さですwww


ハナオコゼ君、また会おう!!

紀北エリアでのマゴチ好調をうけて、車を飛ばして行ってきました!

セブン君と合流し、釣り始めるも…アレ??
反応ナシ!!


神の声を聞きたくヘルプTEL…





え!そうなんですか!了解しました!行ってみます!








と、対岸に渡り釣り始めるとセブン君にビックバイト!ロッドがいい感じに曲がってます!!と、あ!バレたw

いいサイズのマゴチとのこと。惜しかった〜。でも居ることは確認!!


さすが神の声www







ルアーは12月発売予定のDreemupドリームシャッド。ハンドポワード製法でスローにリトリーブしてもテールが大きくアクション。喰い込みもよくフッキング率も上がるとのこと。

今回は3.5インチをメインに15gまでのジグヘッドを使用しました。




釣り方はキャストし、ボトムをスローに巻いてくるのみ。時々、ゴゴッと岩に当たる感じがするので、砂地に岩か石が点在してる感じ。

底ズルをやってる感じといえば分かりやすいかと。





基本的には砂地に岩や石、手前はリップラップ。どこでバイトしてくるか分からないので最後まで気を緩めず、足元まで探っていく。


何十メートルか釣り歩いただろうか、沖から足元まで巻いてくるとリップラップの駆け上がりで、ゴン!とバイト。

頭をフリフリするのはまさしくマゴチのファイト。寄せてみるとナイスサイズの本命でした^^



50オーバーくらいかな?マゴチは狙って釣ることはないので、なんだか新鮮w







その後はセブン君も連発!もちろんドリームシャッドで^^

僕も間で掛けていくw


釣り方さえ分かれば、キャストを繰り返すのみ。難しい釣りではないので、細かく刻んでいけば何処かで当たる感じ。

2匹追加しタイムアップ


小さいサイズも十分に掛かります♫


日中に楽しめるマゴチゲーム。サイズも70オーバーとかでてるみたいですし、ヒラメも混じるとか?

ポイントは河口からかなり遡ったとこだし、まだまだ上でも釣れるみたい。



近くだったら通いそうw

また遊びに来たいと思います!!




Go-Phish ST83
Dreemupドリームシャッド3.5

鮎が落ちるのを今か今かと通う日々。

季節は進み、少し肌寒くなっていく。



落ち鮎パターンなるものは正直、今年から取り組んだのでよく分からない。





自然が教えてくれると考え、とにかく行くのみ。

通う中で80クラスのバラシがあったり、連発のチャンスを生かせなかったりで。





あまり掴めないまま、とある日早く目が覚めたので熊野川へ。


夜中に到着し、ノンビリとタックルの準備、ウェア、ウェーダーを着用する。





夜が白み出した頃に川に向かっていくと、下げも効きだしたのと、常にある流れが、とても良い雰囲気。


今回から色々と試したいこともあり、Go-Phish の磯ヒラロッドであるSpotking11Bを手に。


流れを跨ぎやすいのと、糸捌きがしやすそうなのと、様々なルアーをキャスト出来ることが理由。

K2Rからジョイクロ178まで。




落ち鮎パターンを意識した河川の釣り方は手探り状態。

なんとなく何匹か釣ってきて、感じたのはヨレ、ワキに入り、ルアーが上流向いた時にバイトしてきた事が何度かあったので、流れに対して、正面、若干ダウンにキャストし、流れに乗せながら釣り下っていった。

これが正解なのかどうか…。

でも釣り方を探るのが新鮮で楽しい。




まず手にしたのはタックルハウスのK2R112。ロッドポジション、ライン捌き、リトリーブスピードなどでレンジを微妙に変えれるので、今後もマル、ヒラともに使いこなしたいと思ってるルアー。


釣り始めて間もなく、ルアーが流れに乗り、ダウンに入り、ターンし、ヨレに入ったところでショートバイト。

一瞬だけリトリーブスピードを上げるとバイト!可愛いサイズながら二宮さんカラーのバーボンで釣れた嬉しい1匹。



落ち鮎っぽい?カラーも気に入ってる理由だったりしますw





写真を撮ったりしていると流れの脇でボイル!

時合?撮影を済まし、急いでルアーを変える。
これまた落ち鮎パターンで期待しているガンクラフトのジョイクロゼプロ178。
オリジナルのフローティングよりも表層を釣りやすく感じてるルアー。

カラーは視認性のよい紀の国オレンジ。

若干濁りの入った水質では特にすぐにバックのオレンジが目に入ってくるので操作もしやすいかと。


そうやって動きを再確認しながら手前までルアーがきて、バスならこんな感じで喰うなぁ、と考えてると至近距離でいきなり下から突き上げるバイト!

え?!と驚きながら早々にランディングしたのは60クラス。




さらにボイルは続いてるので、すぐにリリースし、次の1匹を狙う。




さらに流心へ。糸フケを取りながらボイルがあったところへ流し込む。そして、ジョイクロが流れのヨレに入り、若干上流に頭を向けた瞬間に水面が割れた。


と同時にロッドが曲がり、心地よいファイトを楽しむ。Spotking11Bはファーストスローなテーパーで、曲げていなすのが堪らない。そして浅場にズリあげたのはサイズアップの70オーバー。

サイズではない嬉しさがこみ上げてきた。


落ち鮎を食い始めた頃なのか、まだまだ落ち鮎パターンではないのか、かなりスリムな魚でした。




サイズは運任せと思ってる力量なので、とりあえず満足し、場を休める。





ジョイクロはひとまずボックスへ。

次に手にしたのはTKLM120GP。



秋冬の新色のマットグリーン。視認性はもちろん、ルアーらしいカラーはさすがGo-Phish custom。



この秋に熊野川に通いだした頃から活躍してくれている信頼の名品。

K2R112からのローテーションで良く反応があったので、磯ヒラ同様、手の離せないルアーに。





まだ雰囲気は良いが日は高く昇り反応は乏しくなっていく。打てども打てども魚からの返事はない。


何度川を往復しただろうか、諦めかけた時に同じく、ダウンでヨレに入り、ルアーが上流に泳ぎだした瞬間にバイト!

久しぶりに訪れた魚信にココロが踊る。あのマットグリーンとスズキと写真を撮りたい!と少し慎重にw

そして無事ランディング。

サイズはレギュラーなれど、釣りたいルアー、釣りたいカラーで釣った魚は格別です!


いやぁ、たまりませんw






そんなこんなで満足したので納竿。




サイズには不満は残るものの、楽しいゲームが展開できました。
なにより、熊野の山々に挟まれスズキを狙うのは本当に気持ちいいし、楽しい。

景色を楽しみながら、景色に浸りながら。

こんなに素敵なポイントは数少ないと思います。そんな中で銀鱗が舞うのを見るのは最高だと感じました。



今回釣れたのが、落ち鮎パターンか?と言われたら微妙だと思います。多分違うかな?

でも、収穫はあったのでいよいよ迫るハイシーズンに向けての良い練習になりました!!

Go-Phish Spotking11B

K2R112
TKLM120GP custom
jointed craw zepro178

このページのトップヘ