Ramblin_naofish

2018年01月

冬の日中、風も波もないと
行きたくなるのはライトゲーム。

行き当たりバッタリでターゲットを探すのがやっぱり楽しい。

テキトーに漁港を巡り、たまたまカマスの群れを見つけたり、メアジの回遊にあったり、そういうささやかな楽しみがいい。漁港で会ったオイヤンと世間話をするも良し…

と、まさしくそうなった1日をw






ポカポカ陽気の朝2番から出発し、

最初に到着したポイントは
漁港内の小さな堤防。

狙いはタイワンカマスだけど、さぁどうかな?




カマサー50を若干沈めて巻いてくると

ココンッ、ココッ、とアタリはあるけど乗らず…


カマサーが見える距離になり、後方を見てみると、
数匹のカマス…


居る居る♬






しかし、なかなか掛からず…

ん?

っと、カマサー43に変えると掛かる掛かる〜!!

FullSizeRender



カマサーも臨機応変にサイズのローテーションも必要ですね!


釣り続けていると、地元のオイヤンがチャリンコに乗って参上。

話を聞くと、2日前?から釣れだしたみたい。

いいタイミングで来れて良かったw



オイヤンはスプリットショットリグ。

ここ近年、様々なシーズン、ポイントで、ローカルのオイヤン達が多用しているのをよく見かけるリグ。
中層から深場をスローに誘えるのが強み?で、スプリットの後方についたノーシンカー状態のワームが気難しいカマスの口を使わせるというもの。

誰も釣れてない状況でもバンバン釣っているのも見たことがあるので、威力は存じておりますw




僕は引き続きカマサー43で釣り続ける。

しかし、オイヤンはあまり釣れてない様子。
さっきまで冗舌だったのに口数も少なく…


途中いきなり現れた、オイヤンの知り合いが
この状況を見て、

「オマエ、全然釣れてないやんか」

「また兄ちゃん釣ったど〜オマエも早よ釣らんかい」

「よう釣らんのか、何しやるんな」

「兄ちゃん釣るやつデカイのばっかりや」

「オマエの小さいの〜!」

と、横槍の乱れ撃ちwww



オイヤンは、
「オレにはオレの釣り方があるんや!」

と、ちょっとキレ気味w

しかし、差はさらにひらいていき…





オイヤンが僕に一言。

「兄ちゃん、何使いやるんな?」

「カマサーやで、知らん?」

オイヤン
「ミノーな、ミノーやったら持ってるわ」

「いや、いや、カマサーやないとアカンのやで」

オイヤン
「そうなんか!あとで買いに行くわ!」






と、何度となく交わしてきたローカルのオイヤン達との会話w

隣でのあまりの釣れように、何のルアーを聞いてきてそのままカマサーを買いに行くw





そんなひと時もありましたが、やはり時間がたつにつれて、渋くなり、オイヤンと同じくらいのペースに。


カマサー43でもアタリが遠くなったので、DreemupのD.D.8にチェンジすると、またまた連発w

IMG_2152



ショートバイトや、バラしがあったりで
ワームの消費量が激し過ぎる…



それでも仕方なく釣り続けていると

良いアタリ!!




なかなかの引きで、良型かな?
と、思って寄せてみると…?






これまた、冬の南紀の定番ターゲットの、
メアジ!!

FullSizeRender

南方系のアジで温暖化の影響か、年々増えてるような…?

ルアーへの反応がよく、引きもよく、デイゲームでも楽しめるので、ライトソルトのターゲットとして、ここ南紀周辺でも人気ですw

マアジくらい美味しかったら、もっと人気出るんですけどね。





群れの回遊があれば、すぐに反応してくれ楽しませてくれるイイヤツですw

25cmほどのも釣れて、満足満足♬

IMG_2157



メアジの回遊もひと段落し、それ以降はカマスも渋くなり、風も強くなってきたので、終了!!









タイワンカマスもメアジも、
デイゲームで楽しめるのがいい。

冬の南紀、デイゲームは、
やっぱりこのツートップが楽しいです!!


何故か釣りたくなるムツゴ…




昨年末から長期間、接岸したまま。
ヒマあれば行ってしまいます…美味いですからね!
ムツの煮付けが大好物なのですw

朝2番でも釣れるのがいい。


昔は夜にベイト付きのヤツを狙ってたっけ。



明るい時間に釣れるのが嬉しくて、通ってますが、とにかく活性の度合い?が日によって違うためパターンがなかなか掴めず。連発もなかなかなく2桁釣るのはなかなか難しい…
そもそもパターンというのがあるのか無いのか…。


基本的に、ボトムあたりで群れてて、群れの居るレンジを釣るか、スローな巻き上げで追ってこさせて喰わすかの2択。


明るい時間帯というのもあるのか、ボケーッと追尾してパクッとバイトすることが多く、リグめがけて、つっこんできて勢いよくバイトするのは稀。




夏に釣れてた豆ムツはチョー簡単やったのに。







結局、今は1g〜2gまでをムツの感じ(レンジと活性状況)を見て使い分け、ワームはショートなグリリン1.6がメイン。何でも釣れるとは思いますが、最近では1番いい感じ。

サイトも多用するので、見やすいチャート系がマスト。

通ってるポイントでの釣り方としては、ムツの群れが居るレンジまでリグを沈めて、テンションかけながら、時々微妙なアクションをかけて、スローに水平移動させてると、ゆっくり追尾して、パクッみたいな感じ。リアクションも試しましたが、まったく無視。


FullSizeRender

ちょっとカッコいいんだよな〜ムツw




ボトム付近に見えてるのは30くらい?のもいますが、釣れるのは20〜25くらい。

25くらいなら刺身で!

スーパーとかにも最近は多く見かけますが、刺身は無理ですし…多分。




釣りたては新鮮なので、問題なく刺身にできます!






まだまだムツの気持ちは分からずですが、

絶賛接岸中なので、また近いうちに行きますかね。

FullSizeRender

なかなか良いサイズでしょ。




2013頃に手に入れたと
記憶しているPENN4500…


古いスタイルや、古い道具に憧れを持っているので、手に入れた時はどれだけ嬉しかったことか。


シンプルな構造故に手入れもしやすく、未だに愛用しているエキスパートの方もいるとか。

しかし…ボディーは重いし、巻き感もゴリゴリで重いし、ということでもちろん出番は無しw

やっぱり最新の軽くて使いやすいのほうがいいもんねw





いつかはPENNで磯ヒラをという青写真を頭の片隅に置いたまま…

そんなこんなで数年が経ち、磯ヒラでナイロンラインを使う機会があったので、PENNといえばナイロン?ということで、一応巻いておき、サブリールとすることに。

たまの試投で、特に使いにくいとかもなかったので、慣れないビミニツイストとオルブライトを練習し投入の機会をうかがってみるw







ゴールドとブラックを基調にしたPENNに合わせるのは、もちろんGo-Phish classic 11S!PENNならこのロッドとずっと思ってました。
ブラウンブランクスにゴールドとクリアレッドのブランクスが古き良きロッドの雰囲気を纏っている愛竿。
セットしてみると、気持ちは磯ヒラ黎明期にひとっ飛び。これで釣れたら間違いなく最高。






妄想だけが膨らんでいたけど、1月某日に珍しく暖かい南風が吹き、ウネリが入る日が。

これはチャンスかな?と、

PENN4500とclassic 11Sを持って磯へ。

ルアーはこのタックルに合うであろう、
Go-Phish マルフィード155GPのレッヘクリア。
イエローアイがそそるw





昼からの出撃で、潮位は干潮間際。
ウネリもデカくなく小さくなく、程よい大きさ。


南からの風が暖かく、ジャケットを1枚脱ぎ、スウェットを1枚脱ぎ、ロンT1枚という暖かさw




秋の感じがしたのでシャローに狙いを定め、波のタイミングを見てキャスト、足元の払い出しにマルフィードが差し掛かった時に、

魚体全てが宙に舞う、美し過ぎるムーンサルトバイト!!

マジ?!

内心、喰うと思ってなかったのでw

そのまま、ギュイーンと走り出しバラしw
マジかwww





気を取直して、少し横移動し、キャスト!
サラシのド真ん中でムーンサルトバイト!!
また出た!!

入り組んだシャローなので、丁寧に丁寧に…




と、考えることもなく、見るのは手元のPENNと見上げた先のキレイに曲がるブラウンのclassic 11S!

そして、エラ洗いするヒラの口元についたレッヘクリアのマルフィードを見て、テンションは最高潮!!


なにこの興奮度!?
コダワリのタックルで釣れるとこんなに嬉しいの!?
って感じw

憧れのタックルで磯ヒラを釣る!という思い描いてた青写真をカメラに収められるチャンス!
と思った瞬間に、焦りまくりw


お願い!バレないでー!獲らせてー!
とココロの声が声に出るw

願いが通じたのか、無事にズリ上げ!




思わず、ヨッシャー!!と声が出るw

80とか釣るより嬉しいし!!w





PENN4500 & Go-Phish classic 11S

IMG_2123


カッコよすぎる…

古き良き時代を思い描くように。
しばし眺めながら、夢中でカメラのシャッターを切りました。

全てが記憶に残る忘れられない1匹となり、
そして、大事にしたい写真が1枚増えました。


こういう楽しみ方もいいもんだ。
いつもとは違う満足感を得る特別な日。

状況が良さそうなのにも関わらず、深追いもせず納竿としました。




気持ちに余裕がある時は、またPENNとclassicで磯ヒラを釣りに行こうかと思います。




毎年恒例の
紀南釣具主催の2017シーバスダービー…

IMG_8608


期間は夏から年内までで、
シーバス2匹の合計の最長寸で競うというもの。

スキルアップのためにここ数年参加してますが、
チャンスを見す見す逃して良い結果が出ず。




今回の釣りとしては…



蝉の鳴く9月に清流域でジョイクロに83cm

FullSizeRender


いきなり想定外のバイト…!

そしてバレるw



またバイト!!

群れで取り合ったんだと思います。
寄せてくると、同じクラスのサイズが数匹?!ジョイクロを取り合うようにまとわりついて…
スズキの側線も見えるくらいのジンクリアな水質だったので、それはなかなかの光景でした。

ジョイクロスゲーです。






それから1ヶ月もたたない間に、雨後の大河にて…


TKLM90のマットチャートボラに82cm

FullSizeRender


分かりやすいヨレでイージーにバイト!
スリムではありますが、景観の良い大河での魚は嬉しさ3割り増しですw






そして、待ちに待った落ち鮎シーズン!

期待のサイズアップのシーズンでしたが、
魚を見失ったり、秋の磯ヒラに走ったりと、結果が出ずに、この2匹の合計165cmでフィニッシュ。


消化不良のままダービーは終了…






その結果…


優勝…してしまいました。


優勝商品のツインパワーXD C3000HG!

IMG_2044




強豪揃いで毎年90オーバーが飛び出すハイレベルなダービーですが、今年は厳しかったのか…大型があまり出なかった模様。

いつもなら80upが2匹なら優勝は無理だと思いますが…運良く優勝?という拍子抜けな、
紀南釣具2017シーバスダービーでした。

2018 start...

今年は自分の釣りを色々な
角度から見てみようかと。

もっとこうしたら楽しいかも?
みたいな違った楽しみ方を模索したり、
新しい釣りを取り入れてみたり。

今年もノンビリ更新w
よろしくお願いします!!

IMG_1534


naofish

このページのトップヘ