TACKLEHOUSE 
SHORES オルガリップレス50!




先に発売された43は数々の尺メバルを手に出来き、すぐに一軍のプラグに。釣獲力はもちろんのこと、TKLMに似た見た目の可愛さが最高!

これで釣りたい!と思わせてくれるプラグですね。



フローティングなので止めた時に、惰性と流れで、流されるベイトを自然に演出できるのが強みで、止めてドリフトしている時の金属的なバイトは病みつきに。


11月中頃にタックルハウスさんから、オルガリップレス50の試作を預かっていたので、11月下旬にシーズン最初の南紀メバルへ。

干潮付近であり、露出した磯と磯の間に出来たスリットをメインに狙っていると、スリットの真ん中で早々にバイト!

強引に寄せて、抜き上げたのは30cmでした。完全なる尺上とはいかないものの、嬉しいサイズ。



久しぶりのメバルということもあり、しばし眺める。メバルは本当にカッコいいなぁ。個人的にプラグを咥えたメバルは満足感がハンパではないです。




オルガ50で結果が出たのは嬉しい限り。



そして次の日も同じ干潮のタイミングでオルガ50片手に磯に向かう。




水深のあるプール状になったところの足元で最初のバイト!
ピックアップ直前だったので、引きも楽しまず?楽しめず?にそのまま抜き上げたのは30cmでした。

FullSizeRender






次は磯の外側と先程釣れたポイントを繋ぐ水深のあるスリットへ。

左からの流れも入り、複雑な流れが発生している。何故か釣れる気配がしたので、緊張感のあるキャストをショートディスタンスで繰り出す…

そして、流れのテンションが掛かったところで、止めて、流れを抜けたところでバイト!!スピード感のある引きに耐え抜き上げたのはサイズアップの…

33cm!!

FullSizeRender



このサイズが釣れるとひとまず安心。

50になって流れを感じれるようになったのはいいことだと思う。流れの先、ヨレで待ち伏せしているメバル。闇磯なのでそういう少しの流れの変化を感じれるのはアドバンテージにもなり得る。そう感じた1匹だった。


この魚に満足して納竿とした。

Go-Phish yakpac 60m
Daiwa Luvias 2506H
SUNLINE small game PE0.6
SUNLINE V-hard 2号







オルガリップレス50考察

43からの7mmのサイズアップ、1gのウェイトアップ…ボディ容量が増したことにより、もちろん飛距離は抜群。大きくなったリップ面により水噛みが良く、挙動が分かりやすい。ルアーの位置、距離感も分かりやすい。流れの微妙な変化も伝えてくれ、それはフルキャストした先でも分かるほど。操作性がとにかく良い。


風が強い時や、波気のある時など、多少ラフな状況でも、水面から飛び出さず、水面直下に残ってくれそうな感じがいいなと思いました。




43と50の使い分けとしては…

ショートバイトなど、活性が低い状況や、比較的にメバルのサイズが小さい時は43。

飛距離を生かして沖の表層を漂わせたり、ラフな状況で使う時、尺メバルなどの大型を狙う時には迷わず50。フックも尺狙いに使うgamakatsu MH RB #14を装着できるので、非の打ち所がない感じ。



使ってすぐにお気に入りのプラグとなったオルガ50。今後もメインで使っていくことになると思う。
GPカラー出るのかな?こちらも楽しみです!!




オルガ50が発売された時の広告を見て感激…!

IMG_1738

写真使ってくれてました!!
タックルハウスさん、ありがとうございます!!
切り抜いて額に入れて飾りますw




2017年、最後のブログとなりますが、訪問してくださった皆様、ありがとうございました!
来年も引き続きよろしくお願いします。