毎年恒例の葛原師匠プレゼンツ...

熊野ボートロック!!
今年もこの季節がやってきました!!


今年の夏が猛暑すぎて、磯に通うのもちょっとキツイものがありますし...かといって磯からはあまり釣れてないですし...こういう時こそ葛原船長と♫

今回は南くんと3人でレッツロック!!
もちろん本命はオオモンハタ。で、自分なりのテーマも決めてきました!!


「スチールミノーで狙うオオモンハタ」

実はオオモンハタ狙いに効くのではないか?と発売してから思ってて、ショアからキャストしてましたが、コンタクトがないので、ボートから反応や使い心地を見てみようかという魂胆です。

メリットとしては、メタルボディによる十分な飛距離と沈下スピードが早いことによるサーチスピードの早さ。あとは巻きでミノーのようなウォブリングによる波動とフラッシングによる強アピール。

間違いないでしょ!

と釣り始めるも、微妙な時間が過ぎていく。
昨年良かったポイントも反応がなく、外洋へ行ったり、湾内に戻ったり。




湾内を流していく中で、泡が一面に溜まっている潮目のようなポイントが目の前に。

全然釣れてなかったので、気分転換にドリームシャッド5インチにスイミングテンヤ30gをキャストすると、一撃で40up!!

IMG_5880


まぁこんなもんですね。
釣れるのは分かったので、今回のテーマであるスチールミノーに戻してキャストを続けていると、バイト!!
小型ではあったけど、フロントフックをガッツリ咥えた本命オオモンハタ!!

FullSizeRender


ボートの向きにより、シャロー側へキャストしたり、ブレイクと平行にキャストしてみたり、31gから41gに替えて沖向きのディープを探ってみたところ連発!

FullSizeRender
FullSizeRender



朝イチは反応が無かったポイントですが、回遊があったのか?ベイトが回遊してきたのか?理由は分からずでしたが、喰いが立った様子。

葛原船長曰く、ショア、ボート問わず同じ場所でずっとやってたらベイト関係なしにいきなり喰いが立つタイミングがあるのだとか??1日やってこそ分かる事もあるようです。


そんな経験豊富な頼り甲斐のある船長も流石に釣りまくり!!

IMG_5900

IMG_5907


さすが葛原師匠!!
オオモンハタが1番似合う男!!



南くんはアカハタの40クラスを仕留めた後、
謎のグッドサイズに90Hのロッドをバッドから絞り込まれるも残念ながらラインブレイク...
デカかった!と興奮するところを見ると、相当デカいサイズだったのでは?

葛原船長曰く、ビックオオモンかも?との事。



そんな南くんもハードで!
ベイトの群れの下をメタルバイブで通すとドン!!

IMG_5885

ハードプレイは楽しいね〜!
そんな顔してますw




ここにきてオオモンハタの活性も上がったのか...

ブレイクから10m先のボトムまで沈め、20巻き、反応がないので、沈めて20巻...

ん〜ダメかぁ、と回収しようと早巻きするとカウンターヒット!!オオモンハタらしい電撃バイト!!

僕自身の今日1サイズが釣れて満足!!

FullSizeRender





気がつけば、レンタル終了の時間が近づき本日終了!

1日通して、スチールミノーを使ってみたところ...



ジグヘッドリグとも遜色ないほど釣れ、小型のバイトも高い確率でフッキング出来てました。

根掛かりする確率が高いトレブルフックですが、フッキング率が上がるメリットもあるかなと。
今回結構アグレッシブに攻めましたが、ロストは1個でした。

ワームは高水温期のフグなどによる消耗や、釣った時の消耗でワームを新しいのに付け替えなければいけないので手返しが悪いですが、ハードルアーならその手間もなし。

そして何よりハードルアーで釣れた時は個人的に満足度が高い。これに尽きるかと思う。




ともあれ、どちらが釣れるとかの問題ではなくメリットやデメリットを把握したうえで、どのように楽しむか?が重要かと。価値観は人それぞれだけど、僕は間違いなくハードルアーのほうが満足度は高い。
ジグヘッドリグなども状況に応じて使っていくと思うけど、ハードルアーの可能性は今後も探っていきたいと思う。


メインはバイブレーション、メタルバイブレーション、ブレードベイトあたりかな?と思ってるけど、ダイビングミノーやクランクベイト、ミノー、などなどプラグでも釣りたいなと企んでますwww


葛原師匠、南くん、お疲れ様でした!!

FullSizeRender