Ramblin_naofish

カテゴリ:オオモンハタ&アカハタ

毎年恒例の葛原師匠プレゼンツ...

熊野ボートロック!!
今年もこの季節がやってきました!!


今年の夏が猛暑すぎて、磯に通うのもちょっとキツイものがありますし...かといって磯からはあまり釣れてないですし...こういう時こそ葛原船長と♫

今回は南くんと3人でレッツロック!!
もちろん本命はオオモンハタ。で、自分なりのテーマも決めてきました!!


「スチールミノーで狙うオオモンハタ」

実はオオモンハタ狙いに効くのではないか?と発売してから思ってて、ショアからキャストしてましたが、コンタクトがないので、ボートから反応や使い心地を見てみようかという魂胆です。

メリットとしては、メタルボディによる十分な飛距離と沈下スピードが早いことによるサーチスピードの早さ。あとは巻きでミノーのようなウォブリングによる波動とフラッシングによる強アピール。

間違いないでしょ!

と釣り始めるも、微妙な時間が過ぎていく。
昨年良かったポイントも反応がなく、外洋へ行ったり、湾内に戻ったり。




湾内を流していく中で、泡が一面に溜まっている潮目のようなポイントが目の前に。

全然釣れてなかったので、気分転換にドリームシャッド5インチにスイミングテンヤ30gをキャストすると、一撃で40up!!

IMG_5880


まぁこんなもんですね。
釣れるのは分かったので、今回のテーマであるスチールミノーに戻してキャストを続けていると、バイト!!
小型ではあったけど、フロントフックをガッツリ咥えた本命オオモンハタ!!

FullSizeRender


ボートの向きにより、シャロー側へキャストしたり、ブレイクと平行にキャストしてみたり、31gから41gに替えて沖向きのディープを探ってみたところ連発!

FullSizeRender
FullSizeRender



朝イチは反応が無かったポイントですが、回遊があったのか?ベイトが回遊してきたのか?理由は分からずでしたが、喰いが立った様子。

葛原船長曰く、ショア、ボート問わず同じ場所でずっとやってたらベイト関係なしにいきなり喰いが立つタイミングがあるのだとか??1日やってこそ分かる事もあるようです。


そんな経験豊富な頼り甲斐のある船長も流石に釣りまくり!!

IMG_5900

IMG_5907


さすが葛原師匠!!
オオモンハタが1番似合う男!!



南くんはアカハタの40クラスを仕留めた後、
謎のグッドサイズに90Hのロッドをバッドから絞り込まれるも残念ながらラインブレイク...
デカかった!と興奮するところを見ると、相当デカいサイズだったのでは?

葛原船長曰く、ビックオオモンかも?との事。



そんな南くんもハードで!
ベイトの群れの下をメタルバイブで通すとドン!!

IMG_5885

ハードプレイは楽しいね〜!
そんな顔してますw




ここにきてオオモンハタの活性も上がったのか...

ブレイクから10m先のボトムまで沈め、20巻き、反応がないので、沈めて20巻...

ん〜ダメかぁ、と回収しようと早巻きするとカウンターヒット!!オオモンハタらしい電撃バイト!!

僕自身の今日1サイズが釣れて満足!!

FullSizeRender





気がつけば、レンタル終了の時間が近づき本日終了!

1日通して、スチールミノーを使ってみたところ...



ジグヘッドリグとも遜色ないほど釣れ、小型のバイトも高い確率でフッキング出来てました。

根掛かりする確率が高いトレブルフックですが、フッキング率が上がるメリットもあるかなと。
今回結構アグレッシブに攻めましたが、ロストは1個でした。

ワームは高水温期のフグなどによる消耗や、釣った時の消耗でワームを新しいのに付け替えなければいけないので手返しが悪いですが、ハードルアーならその手間もなし。

そして何よりハードルアーで釣れた時は個人的に満足度が高い。これに尽きるかと思う。




ともあれ、どちらが釣れるとかの問題ではなくメリットやデメリットを把握したうえで、どのように楽しむか?が重要かと。価値観は人それぞれだけど、僕は間違いなくハードルアーのほうが満足度は高い。
ジグヘッドリグなども状況に応じて使っていくと思うけど、ハードルアーの可能性は今後も探っていきたいと思う。


メインはバイブレーション、メタルバイブレーション、ブレードベイトあたりかな?と思ってるけど、ダイビングミノーやクランクベイト、ミノー、などなどプラグでも釣りたいなと企んでますwww


葛原師匠、南くん、お疲れ様でした!!

FullSizeRender


確か...小学生の頃に釣った2匹目の
ブラックバスはベビーバグのテキサスリグだったな...
(初めてのバスは忘れもしないゲーリーグラブのチャートリュースラメのノーシンカーw)



話は飛んで...ここ数年、流行っているハタゲーム。
アカハタを例に上げれば、そんなに難しくないし、居るところに行けば居る。
各メーカーもこぞってハタ専用なんたらを売る時代。

このままいくとどうなるかは目に見えてるのだけど、仕方のないことなのかなと思ったり。

アカハタと双璧をなすハタ族...ベイトについて回遊すると言われるオオモンハタはどうなるのかな?
減るのかな?回遊するとはいえ、半居着きだし、釣ってしまえば...!?





昔は...という声も時々聞くことになると思う。




僕は僕なりの楽しみ方で。

アカハタは専門に狙うことはあまり無くて。

最初は嬉しくて狙いに行ってたけど、最近はオオモンハタのほうが楽しい。ベイト、エリア、釣り方、狙うべき要素がたくさんあるし。釣りの自由度も高い。
スピード感のあるテンポの良い釣りは、やっていても爽快だし、電撃バイトもたまらん。

自分の楽しめる範囲内で長く付き合っていきたい魚だと感じている。






アカハタの釣りはイメージとしてガシラ釣りの延長なので、何でも釣れると感じている。
なので今後狙うことがあれば、楽しみ方を広げてみようかと。



とくれば、とりあえずコレか。

IMG_4781


オールドワームでノスタルジックに!
懐かしのギドバグ。



次回狙うことがあれば投げてみようかと思ってます!


あ、ギドバグの生みの親こと
「ギドヒブドン氏」
僕が小学生から中学生の時代、チームダイワで活躍していたのが懐かしい。

今年、天に召されたようです...
合掌。




ギドバグで釣れたアカハタはギドヒブドンに捧げたいと思います。

独特なデザインのタックルハウス社スチールミノー!

メタルジグ並みの飛距離で、巻き感の軽い、バイブレーション?いや、ミノーです。でお馴染みの。
初めて使った時の感想は...ミノーですw


そんなスチールミノーに新色が登場。
チェーンホロと呼ばれる真新しいホログラムが光を乱反射し、デイゲームで活躍してくれそう。

IMG_4884


IMG_4882



スチールミノーを手にしてからずっと考えていたのは
オオモンハタにいいんじゃないの?って事。

メタルジグ並みの飛距離、沈下スピードはサーチ能力
が高く、広範囲を探るにはジャスト。

スイミングパターンがメインの釣り方となっているオオモンハタには、巻くだけでミノーのような動きをして、波動の強いスチールミノーがピッタリ!のような気がします。


トリプルフックが付いているので、ジグヘッドに比べて根掛かりのリスクが高いのはもちろんですが、スイミングパターンでは比較的、根掛かりのリスクが下がるので全然使えるレベル。ボトムをゆっくり攻めるような釣りでもないし...



というわけで、妄想が先走りしていますが今夏はスチールミノーでオオモンハタ!を合言葉に頑張りたいと思います!!




前回の激釣劇から再び…


今回は倉本店長、南くん、そしてもちろん熊野オオモン師匠の葛原さん!の4人でのボートロックとなりました^^

出航早々に何かがボイルしまくり!すかさず狙うと小サバでしたw






ウォーミングアップを早々に切り上げて、ハタに狙いを切り替えます。

湾内の釣りになるので、穏やかで、まるでバス釣りみたいw



ここはリザーバーか?と思うような景色もあり、釣りをしてても気持ちが良いw



釣り始めると、そこはさすがの皆さんw






あれよあれよとイケスがオオモン、アカハタだらけ。もちろん必要分だけキープ。


メインのオオモンハタは店長のが↑、1番サイズが良く、45upくらい。


もちろんドリームシャッド!アラハダグローみたい。このカラー何故か強い!



今回は50upは出ず。





しかし、嬉しかったのはロリベGP99でのオオモンハタ。シャロー帯の中層を巻いていると、ゴーン!!と大きいバイトが気持ちが良い1匹でした!!

根掛りのリスクが高いプラグでのオオモンハタですが、魚っ気があるとシャローでのプラッキングも面白いかもしれませんね!!



皆さんお疲れ様でした!

今回も葛原船長のボートロックは最高でした!!

このページのトップヘ