Ramblin_naofish

カテゴリ:タチウオ

タックルハウスから発売中のスチールミノー31g!!



初めて見た時に思ったのは「不思議なカタチだな〜…」

鉄板バイブが苦手なので、どんな感じかな?と使ってみると…




うん、使いやすい。

飛距離はもちろん、巻き抵抗も軽い!
しいて言うなら、ジグのように飛ぶミノー。

基本的なアクションはタダ巻きでのウォブンロールに時折イレギュラーなアクションが入る感じ。

スローからファースト、対応する速度域も広いので、様々なゲームフィッシュにも対応出来そうです。

スチールタイプとはいえ、構造上、浮き上がりやすい性質なので、ミノーでは届かない沖の表層で回遊魚を狙うのにも!


特にサーフエリアでのヒラメやマゴチに期待!!広大なエリアをサーチ、足元まできっちりとスローに使えるので、今冬に活躍してくれそうです^^





使ってみて、良かったのは太刀魚。






タダ巻きでも十分釣れましたが、一瞬だけリトリーブを止めたりして、テンションフォールさせてやるとバイトすることが多かったです。






ラインアイとフック位置が離れているので、ラインブレイクも皆無。

ラインブレイクのリスクが高いタチウオやサゴシなどの牙魚には活躍してくれると思います。





スチールミノーで釣れるとタチウオでもなんだか嬉しいwww



今冬はスチールミノーで熊野サーフの座布団ヒラメ釣りたいな^^



ヒンヤリとした夕方は何故か嬉しかったり。年中、秋だったらいいのにw


この時期になると和歌山中紀から南紀にかけて、タチウオの話をよく聞くようになります。




dreemupから今冬にシャッドが出るので、タチウオにどうかな?っと中紀にフラリと行ってきました!


もうそろかな?とキャストを続けるも時間ばかりが過ぎていく…




ん?情報と違うなぁ?と考えながらリトリーブしてると、ゴン!と手が止まった。




久しぶりのタチウオアタリ!サイズは可愛いながらもドリームシャッド♫



ドリームシャッド3.5インチのアラハダグロー、ケミホタルインでした。

さらに2匹目のタチウオを狙いますが、またまた反応無く時間だけが過ぎていきます…




両サイドの釣り人もあまり当たってない感じ?







風も強くなってきて、もう帰ろうかな?と思ったところに、またまた足元でドン!



これまた小さいけど、何も釣れずよりマシかな?^^;



夏もそうだったけど、タチウオとの相性が年々悪くなってる気がします^^;

和歌山に住んでいた頃は、けっこう釣ったのだけどw




これに懲りず、タチウオ爆釣を夢見てチャンスを伺いたいと思います!

このページのトップヘ