Ramblin_naofish

カテゴリ:kamasu

今年はサッパリだったヤマトカマス...
黒潮離岸の影響なのかな?

ということで、新色が活躍できなかったので
活躍の場を与えるべく、秋のアラハダに!!


接岸の情報もあったので、
フルシルバーを投入すると...


FullSizeRender


極太アラハダ!!
カマサー50チャートヘッドシルバー!

やっぱりアラハダにも強烈に効くカマサーであります!



カマサー2018New colorが出て
ヤル気は十分!!

なのだけど、今年はホントにカマスの回遊が少ない...というか、例年の場所では全然釣れておらず。


ゴールド、シルバーのカマスには間違いなく効くカラーも出番がないので寂しそうです。

IMG_6064

アラハダまでガマンの可能性もありそうですが
まだまだ諦めきれませんw

冬の日中、風も波もないと
行きたくなるのはライトゲーム。

行き当たりバッタリでターゲットを探すのがやっぱり楽しい。

テキトーに漁港を巡り、たまたまカマスの群れを見つけたり、メアジの回遊にあったり、そういうささやかな楽しみがいい。漁港で会ったオイヤンと世間話をするも良し…

と、まさしくそうなった1日をw






ポカポカ陽気の朝2番から出発し、

最初に到着したポイントは
漁港内の小さな堤防。

狙いはタイワンカマスだけど、さぁどうかな?




カマサー50を若干沈めて巻いてくると

ココンッ、ココッ、とアタリはあるけど乗らず…


カマサーが見える距離になり、後方を見てみると、
数匹のカマス…


居る居る♬






しかし、なかなか掛からず…

ん?

っと、カマサー43に変えると掛かる掛かる〜!!

FullSizeRender



カマサーも臨機応変にサイズのローテーションも必要ですね!


釣り続けていると、地元のオイヤンがチャリンコに乗って参上。

話を聞くと、2日前?から釣れだしたみたい。

いいタイミングで来れて良かったw



オイヤンはスプリットショットリグ。

ここ近年、様々なシーズン、ポイントで、ローカルのオイヤン達が多用しているのをよく見かけるリグ。
中層から深場をスローに誘えるのが強み?で、スプリットの後方についたノーシンカー状態のワームが気難しいカマスの口を使わせるというもの。

誰も釣れてない状況でもバンバン釣っているのも見たことがあるので、威力は存じておりますw




僕は引き続きカマサー43で釣り続ける。

しかし、オイヤンはあまり釣れてない様子。
さっきまで冗舌だったのに口数も少なく…


途中いきなり現れた、オイヤンの知り合いが
この状況を見て、

「オマエ、全然釣れてないやんか」

「また兄ちゃん釣ったど〜オマエも早よ釣らんかい」

「よう釣らんのか、何しやるんな」

「兄ちゃん釣るやつデカイのばっかりや」

「オマエの小さいの〜!」

と、横槍の乱れ撃ちwww



オイヤンは、
「オレにはオレの釣り方があるんや!」

と、ちょっとキレ気味w

しかし、差はさらにひらいていき…





オイヤンが僕に一言。

「兄ちゃん、何使いやるんな?」

「カマサーやで、知らん?」

オイヤン
「ミノーな、ミノーやったら持ってるわ」

「いや、いや、カマサーやないとアカンのやで」

オイヤン
「そうなんか!あとで買いに行くわ!」






と、何度となく交わしてきたローカルのオイヤン達との会話w

隣でのあまりの釣れように、何のルアーを聞いてきてそのままカマサーを買いに行くw





そんなひと時もありましたが、やはり時間がたつにつれて、渋くなり、オイヤンと同じくらいのペースに。


カマサー43でもアタリが遠くなったので、DreemupのD.D.8にチェンジすると、またまた連発w

IMG_2152



ショートバイトや、バラしがあったりで
ワームの消費量が激し過ぎる…



それでも仕方なく釣り続けていると

良いアタリ!!




なかなかの引きで、良型かな?
と、思って寄せてみると…?






これまた、冬の南紀の定番ターゲットの、
メアジ!!

FullSizeRender

南方系のアジで温暖化の影響か、年々増えてるような…?

ルアーへの反応がよく、引きもよく、デイゲームでも楽しめるので、ライトソルトのターゲットとして、ここ南紀周辺でも人気ですw

マアジくらい美味しかったら、もっと人気出るんですけどね。





群れの回遊があれば、すぐに反応してくれ楽しませてくれるイイヤツですw

25cmほどのも釣れて、満足満足♬

IMG_2157



メアジの回遊もひと段落し、それ以降はカマスも渋くなり、風も強くなってきたので、終了!!









タイワンカマスもメアジも、
デイゲームで楽しめるのがいい。

冬の南紀、デイゲームは、
やっぱりこのツートップが楽しいです!!


Go-Phish ul8 STS!

言わずと知れたsolidmanの後継機種。



優しく繊細に釣るためのスペシャリティロッド。

極細軟調ティップがスローな巻きの釣りにマッチ。底ズルチヌから、メバルやアジのフロート、マイクロプラッキングにも!!





ソリッドティップといえば、今はアジングで用いられるハード系をイメージしますが、僕がライトゲームを始めた頃にはあまり見かけなくて、ソフトなものばかりでした。

メジャークラフトのエアロックやエアライツのソフトソリッドを使っていたので、懐かしいというか。




ソフトなティップが仕事をしてくれ、オートマティックに掛かるイメージ。

特に巻きの釣りで、シビアな状況では特に掛かってくれます。






STSを使い始めて、1番活躍したのは、アラハダ。カマサーや、シャッドテールなんかのスローな巻きの釣りがメインなので、STSがマッチし良く掛かりました。

アラハダはルアーを後方から追従しバイトしますが、活性が低いと、ついばむようにバイトすることがよくあるので、ノリの良いロッドの方が掛かるイメージ。

活性が高いと問題ないのですが、活性が低くなると、ショートバイトも拾えるロッドが必要となります。








ティップが仕事をしてからは、ベリーからバットにかけての曲がりも気持ち良い!!
ソフトなティップは感度も良く、3gほどのジグヘッドでのバイトも掛けていくことも…。







アラハダにはなくてはならなくなったカマサー50&60。

周参見エリアから新宮エリアにかけてのアラハダポイントでは使ってる人をよく見かけるようになりました。

色々なレンジを探れ、一定の水深をキープでき、時々発生するフラつき軌道が口を使わせてくれると感じてます。

お世辞抜きにホントに釣れます…。






初秋〜初冬におけるホームのデイゲームでも、もちろん大活躍。




カマサーでのアラハダはスローからステディのリトリーブがメイン釣りになるので、STSがマッチ。

STS&カマサーのセットはショートバイトも拾え、獲れるアラハダも増えた気がします。ようやく辿り着いた、アラハダロッド。



これで、これからの季節、そしてまた来年も安心してアラハダ釣りが出来ます!


もちろん、久しぶりに底ズルチヌでも使ってみたいと思います!!

今年のカマサーは対アラハダ用にと、

カマサー60改め…アラハダー60!!


そして、デイ&ナイト対応のアラハダカラー…アラハダレインボーという、名前を聞いただけでワクワクするカラーが!


シルバーラメがふんだんにあしらわれたボディーに、グローベリー!!





もちろん、これでアラハダ釣りたいよね。ということで、コソコソ調査してました…

しかし、例年通りに接岸してたポイント各所にも、あまり居ないというわけで、情報に頼らずに日々調査。




久しぶりにあの場所へ行ってみるかと、とある漁港へ。




到着すると水面にはベイトが群れで居て、そして何者がボイルを繰り返している状態…




オマケにアラハダ狙いの方々が何人か。

声をかけてみると、「さっきまでスゴイ釣れてたで!」



キタキタ…アラハダ!!

行き当たりバッタリでアラハダを見つけた時の嬉しさったらないですw






というわけで、釣り開始!!
もちろん投げるはアラハダー60のアラハダレインボー!!

繰り返されるボイルを狙い撃ちしていくと、40クラスのアラハダがヒット!!




久しぶりに会えたアラハダ!

釣りたかったルアーで釣れると嬉しさ倍増です!!





そしてまだなお繰り返すボイル…

しかし、予想に反しアタリが無い。
気分転換にカマサー50に交換。
もちろんカラーはアラハダレインボー!


ボイルが出たところへ間髪入れずに撃ち込む作戦を続けていくと、ゴゴゴン!!





と、ヒット!!

よく引き、よく走るw
元気な奴w

アラハダはスピード感のある引きが楽しいです^^

近くまで寄せたので、抜き上げようかとしてみるも…重い!!

なかなかなサイズなので、慎重に抜き上げると…





太いw

ざっと測ると45クラスw

縦に置ける…太さよw



上から見るさまは、まるでアリゲーターガー!!

ロッドと比べても、この感じw







今回はGo-Phish STS ul8で。

喰い込みが良さそうなソフトソリッドティップが、アラハダでの巻きの釣りに向いているのでは?と感じたのがセレクトした理由。

アラハダは活性が低いと、ついばむようなアタリが多発する状況もあるので。

特にカマサーなどのプラッキングでは、最大限に効果を発揮してくれるかも?




それが分かりやすいのが、この喰い方。



喰い損ね…?無事に鼻のアタリに掛かってますw 

負荷も掛からず優しくファイトできるので、最後までバレずに。

ティップからバットにかけての美しいベンドカーブがたまりません。こういうロッドは大好物。



アラハダー60の重い巻き抵抗も気になるほどではなく普通に使えたのも良かった。南紀で多用されるジグヘッド7gにシャッドテールのローカルリグにももちろんジャスト。

うん、これは武器になるな。




これから春先にかけて、南紀はアラハダシーズンになるので、STS使い込んでみたいと思います!!

このページのトップヘ