ラーメンカメラマンの麺日記

ラーメン大好きなカメラマンです。普段は都内の新店を中心に。そして撮影で地方に行った時は有名店や老舗を食べ歩きます。 本業カメラマンの写真のホームページはこちら。→http://redcubra.wix.com/masashi-tanaka-photo

神名備(かむなび)@西日暮里、千駄木 醤油ラーメン

撮影で千駄木。ランチはメチャ久しぶりの神名備へ。以前はここの神名備そばが好きで何度か訪問していました。その神名備そばはもうメニューには無くて、今は醤油ラーメン、塩ラーメン、チャーシューメン、ごまの酸辣麺など。値段も醤油ラーメンは1080円、ごまの酸辣麺は1836円とやや高めの設定になっています。今日は醤油ラーメンを注文します。

IMG_7973

サラリとした醤油スープは醤油が濃いめの色合い。ひと口飲むと醤油のまろやかさと奥深いコクがあって大変美味しいスープですね。そしてひと口目から漢方の風味をしっかりと感じます。背脂がコッテリ感を加えて、揚げたネギの香ばしい風味も良いです。これはちょっと他にはない味で面白い。麺は中細のやや縮れで加水は低め。もそっとしてもっちりと粘るような、こちらもちょっと独特な食感です。

そして目を惹くのは中央に鎮座する大ぶりのチャーシュー。これは厚さもそこそこあって、食べるとビックリするほど柔らか。口の中でホロリと崩れてこのチャーシューはかなり美味しいね。カウンターの上には10種類以上の香辛料の瓶がずらりと並べられていて、帰り際に女将さんに聞くとこれらはチャーシューのタレなどに使っているそう。値段はやや高めですが、漢方の風味を活かした個性的なラーメンですね。美味しくて面白かったです。

一条流がんこラーメン総本家@四谷三丁目 塩中華

新宿で撮影をおえてランチ。昨日の赤貝のスペシャルラーメンが凄すぎて、今日も2日続けての訪問です。この日は月曜日で13時までの営業でしたが、珍しく並びもなくてスルッと入店。いつもは下品スープばかりなので、今日は上品スープと決めていました。四谷三丁目のお店では初の塩中華を注文します。

141123

黄金色に透き通ったスープは油がキラキラと輝いてなんとも美味しそう。ひと口目から塩気は強くて素材の旨味がギッシリと詰まっています。牛骨やのスッキリとした出汁に乾物系などのエキスがかなり濃くて、清湯ながらガツンとくるしょっぱ旨さ。口の中で様々な旨味が交錯して、後には生姜が強く感じます。コリっとした中細麺との相性もバッチリでこれは美味しいな〜。そしてこのスープには刻み青唐辛子がメチャ合います。あっという間に完食。予想を上回る美味しさで、大盛りにすれば良かったな。中毒性は下品スープの方があるけど、こちらも抜群に美味しいですね。次回は下品か中華そばか迷うな~^^; 

一条流がんこラーメン総本家@四谷三丁目 赤貝のスペシャルラーメン(悪魔)

今日は自宅で大量に溜まった画像処理をこなす日。朝早くからやってもやっても終わらないので、気分転換にラーメンを。行き先は最近中毒になってしまってるがんこ総本家。この日は赤貝20キロを使ったスペシャルスープの日ということで楽しみにしていました。12時頃の到着で既に10人ほどの並びで、店頭に漂う魚貝の香りがヤバいですね。後ろに続々と並びが出来て、あっという間に20人ほど並びました。

141122
 
前回の赤貝のスペシャルは醤油にしたので、今日は悪魔をチョイス。そして麺大盛りでお願いしました。先に溶き卵が来たので、卓上の醤油ダレに蟹と牡蠣の香味油を混ぜてスタンバイ。スープは相変わらずガツンとくる強烈なしょっぱさに、グイグイとくる赤貝の圧倒的な旨味が凄いです。蟹などの甲殻類の悪魔も大好きだけど、牡蠣やハマグリ、赤貝など貝類の悪魔はまた一味違った旨さがありますね。そして麺大盛りでラーメンとして楽しみ、溶き卵のつけダレでつけ麺風に2度楽しめる。この食べ方は本当に美味しいな。途中でラーメンに刻み青唐辛子や香味油を足して完食。今日のスペシャルも抜群に美味しかった。たまにはノーマルの悪魔も食べてみたいけど、やはりスペシャルは本当に楽しいし美味しいです。

つけ麺 神田もといし 東岩槻店@東岩槻 焼ラーメン焼きじろう

井之上屋で塩らぁ麺を食べた後で。春日部から車を走らせて東岩槻の『つけ麺 神田もといし 東岩槻店』へ。こちらは人気店『けいすけ』出身で以前は神田にもお店がありましたね。メニューは豊富でつけ麺がメインですが、他には濃厚もといしラーメン、あっさり柚子塩ラーメン、江戸前中華そば(醤油)、焼ラーメン焼きじろうなど。

1411221

今日は以前神田のお店で食べそこねていた、焼ラーメン焼きじろう(830円)を注文。麺は太めの平打ち麺で加水は高めかな。ツルっとした麺肌でモチモチ感があります。やや甘めの醤油ダレで焼かれて、味はまさにイメージ通り焼いた二郎ですね。焼かれることで麺とタレ具材が熱々で一体化して、まぜそばとはまた違った魅力があります。

具にはほぐしたチャーシューにキャベツともやし、糸唐辛子。ニンニクはデフォで最初から載せられてるけど、やはりこれにはニンニクは欠かせない。ジャンクでしっかりと美味しいです。麺量は250gくらいかな?スープがないので2軒目でもサクッと完食。生の刻みタマネギや魚粉で味変しようと思ってたけど、結局最後までこのままで食べ切ってしまった。でも二郎を焼いて仕上げるというアイデアは面白いですね。きちんと美味しかったです。

らーめん森や。@本郷台、戸塚 らーめん正油(新味)細麺

鎌倉で撮影前に『らーめん森や。』でランチ。最寄り駅は本郷台か戸塚ですが、どちらからもかなり遠いですね。店頭の看板には無化調、無砂糖、自家製麺と書かれています。味は『新味』と『元味』があって麺も細麺と中太麺の2種類が選べる。お店の方に確認すると、メニューに表示してあるのは新味の方で、元味は東戸塚時代と同じ味だそう。

1411212
 
元味は東戸塚時代に食べているので、今日はらーめん正油の新味(760円)を細麺を注文。スープは黒富士牧場の放牧丸鶏を使い、麺は北海道小麦4種をブレンドし黒富士牧場の自然卵を使用しているそう。スープはクリアな清湯で最初のひと口目はかなりあっさりで軽やか。最初は淡くもスープを飲むほどに口の中に旨味が広がり、だんだんとこのスープの魅力に気付かされる。うん、このスープはかなり美味しいです。

チョイスした細麺は低加水でしなやかながらパツッとした食感。スープとの相性もよいです。チャーシューは焼豚タイプかな。燻製香のあるチャーシューはプリッとした肉の旨味に溢れてメチャ美味しい。具には珍しくマッシュルームも載って、これがしっとりと柔らかで旨味が広がりますね。麺量は140gとのことでサクッと完食。

1411213

らーめんのチャーシューがかなり美味しかったので、禁断のチャーシューごはんも追加します。価格は通常380円ですが、平日ランチは250円とお得になっています。チャーシューは細切りにされて甘めの味付け。そしてチャーシューはプリッとした食感で炭火で焼かれた香ばしさもある。いやこれもメチャ美味しいな~。かなり満足なランチでした。遠いけど再訪必至のお店ですね、次回は元味を中太麺で食べてみたいな。

記事検索
  • ライブドアブログ