2008年09月11日

月刊とらさん休刊のお知らせ 〜思い出その1

200809.jpgすでに最新号(9月号)誌面でもお伝えしているのですが、月刊とらさんが9月号でいったん休刊することになりました。

公式な見解はこちらでお伝えしております。

個人的な思い出がたくさんあるので、たまにこちらでぽつりと振り返らせていただこうかと。ということで、今回は「その1」です。いつまで続くか分かりませんが(^^;)


今、色々な読者の方からご意見、応援などを頂いており、嬉しかったり、尻をたたかれる思いだったり。今まで支えて下さった方、ありがとうございます。

正直、この分野の経験の浅いワタシとしては、最初にこの企画があがり、担当させていただいたのは驚きでした。いろんな失敗もしましたが、モノが形になり、最初はネットからだったのが、ラーメン店、書店にも置いていただけるようになり、感慨ひとしおでした。

予算が無く、イラストが頼めないときにはワタシのイラストが入ったりしてました。いいのか…なんて(^^;)。

そんなこんなであっと言う間の2年半でしたが、振り返ると内容もデザインも随分変わってきていて、試行錯誤だった様子がそのまま表れているなぁと思う次第です。

機会見つけて、「今だから言える話」「笑い話、ツラかった話」なんかをお話したいと思います。

ramendatabank at 00:00│Comments(10)TrackBack(0)月刊とらさんのお話 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 塾長   2008年09月12日 15:39
うーん、一度も記事が採用にならぬうちに休刊されてしまった。
2. Posted by しう   2008年09月14日 11:02
「つらかった話」だと、例えば〆切を守らないライターがいたとか……(^_^;)。
3. Posted by taka_jam   2008年09月14日 18:35
残念です、お店で見るのを楽しみにしてたのに。
4. Posted by どんぶりっ子   2008年09月15日 15:38
■塾長さん

急なお知らせでごめんなさい〜〜。
ほんと、色々やりたかったことはまだあるのですが、復活に期待してください!
5. Posted by どんぶりっ子   2008年09月15日 15:39
■しうさん

ええ、誰でしょうね〜〜(笑)
やっぱり朝日が昇るのを背に感じながら
締切日を迎えるのが、なんだかシミジミする思い出でしたね・・
そして肌荒れ。年とったなぁと感じました。
6. Posted by どんぶりっ子   2008年09月15日 15:40
■taka_jamさん

ありがとうございますーー。
ほんと、残念です。
つらかったこともあるけれど、それなりに思い出がいっぱいあるので、やっぱり残念です。
またいつか、パワーアップして復活しますね。
7. Posted by 塾長   2008年09月18日 10:44
吉祥寺にラーメンーダイニング「音麺酒家」が出きるそうです。立川ラーメンスクウェアの「優」のマスターが出店。9.28日11:00開店予定、確定では無いので電話で確かめてからの方がよさそう。

ダイニングなのでラーメン談義も出来そうです。

東京都吉祥寺市吉祥寺本町2-8-91A
0422-20-4172
8. Posted by どんぶりっ子   2008年09月18日 22:36
■塾長さん

こんばんはー!
いつも情報ありがとうございます。
この前は立川に寄ったのに、食欲減退中で
結局何も食べられないまま後にしました・・
あぁぁ。貴重な機会を・・。

優さんのお話、優さんの店主ブログでちょっと拝見していましたが、
詳細が決まったのですねー。
多摩地区は国分寺も期待の新店が明日オープンみたいですし、楽しみですね。
9. Posted by 青木 健   2008年09月19日 01:26
わたしが描いていないときのイラスト、
どんぶりっ子さんが描かれていたのですね!!

わたしにとっても、初めての表紙担当、初めての漫画連載と、
たくさんの経験をさせていただいた月刊とらさん。
休刊になるのは寂しいですが、復活するまで、
新雑誌で力をつけましょう!

今後ともどうぞよろしくお願いいたします!
10. Posted by どんぶりっ子   2008年09月20日 21:57
■青木さん

こんばんはーー♪

> わたしが描いていないときのイラスト、
> どんぶりっ子さんが描かれていたのですね!!

きゃーーーー
プロを目の前にして、お恥ずかしい・・

探さないでぇぇ♪探さないでぇぇ♪

> わたしにとっても、初めての表紙担当、初めての漫画連載と、
> たくさんの経験をさせていただいた月刊とらさん。
> 休刊になるのは寂しいですが、復活するまで、
> 新雑誌で力をつけましょう!

今になって、本当に色々と別れを惜しんでくださる声が多数・・(^^;
ほんと、ありがたいことです。
そういうお声を伺っていると、なんとしてでも
再開したいと思いますよぉぉ。

> 今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

こちらこそよろしくお願いいたします〜〜!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔