玄style

No Additive, Pure Natural & Tasty Ramen

福来鳥×玄 コラボラーメン

鎌倉「福来鳥」さんと
「大根スープバージョンの玄菜麺」
の開発を中心に動いて来ましたが、

「福来鳥」さんの人気メニュー
『大根スープ』と
『玄流塩ラーメン』との
コラボレーションメニューに
大きな可能性を感じていました。

アルバイトと打ち合わせとの合間
少しずつ準備していた
『玄流塩ラーメン』スープを
久々に仕込みました。
「福来鳥」さんの大根スープが
チキンベースであるため
こちらのコラボも重要なテーマでした。

先程、スープが完成
早速、試食しましたが、
予想していた通りの美味しさでした。

このメニューを
現実に販売出来るよう準備に入ります。
image

本日は、ラーメン研究三昧

唯一のお休みである土曜日は
早朝から、丸一日、
ラーメンの研究活動に専念します。

大好きな酒を控えて
少しずつ買い集めた食材を使い
いくつかの試作に挑戦します。


久々に、「玄流塩ラーメン」用の、鶏メインのスープの仕込み
目的は、「福来鳥」の大根スープとのコラボレーション・メニューの試作です。

先日完成した「ベジ・カレー玄菜麺」の、さらなる改良。
素材、調理法に関して画期的なアイデアを導入し、試作します。

昨日、生産者から届いた「ホタテ」を天日干しする準備(天気がイマイチのため・・・下処理のみか?)。
ダイソーで、野菜干しネットを購入しました。

お茶を練り込む自家製麺の実験。
お茶の発色に関し、有効と考えられる手法の実験です。

その他、アイデア満載。
時間の許す限り、研究に専念します。

「玄菜麺」の新たな可能性を提案します。

このところ、
「玄菜麺」の素ダレの再構築だけではなく
新たなメニュー提案に挑戦しています。

一つは、鎌倉「福来鳥」さんとのコラボの一環として
「鎌倉大根」スープをベースとした玄菜麺の開発・・・
もう一つは、ベジタリアンの国、インドに向けての
ベジカレー玄菜麺の提案です。

有名デパートのイートイン・コーナーでの
期間限定ではありますが・・・
出店のオファーもあり
玄菜麺復活のきっかけにしたいと考え
生活を切り詰めながら
調理実験を繰り返しています。

改良版「玄菜麺・素ダレ」完成

ラーメンの研究に専念しています。
本日は、ベジ系と平常タイプの素ダレの改良を行いました。
「玄菜麺」の素ダレは、久々の調整です。
新たに出会った素材や、調理方法を、大幅に導入しての改良です。
野菜達の美味しさを、可能な限り引き出すための
かなり斬新な構成です。
仲間たちが、素晴らしい販路を開拓してくれていることへの感謝の気持ちを込め
イイ感じに、レベルアップ出来たと思います。
明日は、
今後予定されている試食会に向け
提案するメニューの試作をします。
image

「大根ヴィシソワーズ玄菜麺」

久々、鎌倉「福来鳥」を訪問
オーナーのエダさんと
じっくり話す時間を持てました。

「福来鳥」大根スープ
インスパイア バージョンとして
「大根ヴィシソワーズ玄菜麺」を持参
試食会を行いました。
ちょうど来店していた
ブラジルとスウェーデンのベジタリアンのお客様にも提供してしまいました。

image

医師・久野則一氏を訪問

知人の紹介で
新宿「久野マインズタワークリニック」の
久野則一先生とお話しする機会を頂きました。

私が、かつて
アトピー患者さん向けのラーメンを開発し
それが後に
「玄流塩ラーメン」として大きくヒットしたことがあり
知人が、その方面の権威でもあった久野先生に紹介してくれました。

お医者様!・・・
というイメージを、まず、ブチ壊されました。
ご年齢よりも遥かに若々しく
発想が、実にフリー・・・
ちょっと、緊張しての訪問でしたが
良い意味で裏切られ、楽しい時間を過ごせました。

ベジヌードル「玄菜麺」へのアドバイスを頂きました。
いくつか画期的なアイデアを頂きましたので、
それは、秘密裏に、試作、企画させていただきますので
お楽しみに!

もともと、大学進学時に
医学部と、農学部で迷った・・・という経験があるそうで
農業に対する関心、知識が豊富で
そちら方面のお話も興味深く伺えました。
私自身の「農」を核とした「食」の事業企画についても
お話しさせて頂き、評価していただきました。

偶然ですが
私の「食医」の師匠も
かつて何回か、久野先生と、お会いしていたようで
これをきっかけに
我々のNymphaea Paradisへの協力を要請できればと考えています。

「気」も話題になり
幸運にも、先生の「気」の施術もしていただきました。
日々の、ハードの製麺作業で、右肩を痛めていましたが
お陰様で、好調です。
image

大久保忠男氏講演会

今回の試食会は
女性起業化支援をすすめている
大久保忠雄氏の講演と
私のベジヌードル試食会とのコラボ企画でした。

ただ、
今回は、
起業というテーマではなく
その背景にある
現代社会の大きな変動の流れの把握と
パラダイムシフトに対応していく実践のアドバイス・・・
ということで、
「シフト」というテーマでお話を頂きました。
ドラッガー、ジョブス、ジョルジュ・ソレル、ヘッセの言葉を引用しながら
沢木興道、ティクナット・ハン、ユングなどの話を交えて
お話しいただきました。
個人的に、関わって来た方々の言葉の引用は理解しやすく
「試食会」!のため
じっくりお話しいただけなかったことが残念ですが・・・。

先生が、今回のお話の中で
最大のテーマとして
繰り返し強調してくださったことで・・・、
個人の精神的テーマと、日々の仕事、という
一見、矛盾し合ってしまう2つのものが
実は、大きく絡み合った一つのもので
そこに、大きな可能性がある、という考え方には
共感しました。


image

「玄菜麺」試食会、無事終了

芝で開催した
「玄菜麺」の試食会
無事終了しました。

玄菜麺
ベジカレー玄菜麺
豆乳アボカド玄菜麺
玄菜担々麺
バルサミコ酢による冷し玄菜麺
を提供しました。

実は、より面白いメニュー…
用意してはいたのですが、
お借りした厨房の制約もあり
さらに、時間の制約もあり
以上のメニューにて失礼しました。
image

画像は、豆乳アボカド玄菜麺、です。

本格ベジカレーとコラボ

知人のインド料理店にて
本格的なベジカレーと玄菜麺の
コラボレーションに挑戦しました。
イメージしていた通り
先方の独特なスパイスの使い方と
玄菜麺スープのバランスが素晴らしく
本格的なコラボに向け動くことになりました。
様々な「食」とのコラボの中で
玄菜麺の可能性に挑戦してきましたが、
これまで何故か遠い存在であった
インド料理との出会いにより
大きな可能性が見えて来たことを
確信しつつあります。
さらに挑戦は続きます。
image

今回は、
あくまでも、身内での経営哲学の研究会をメインにした試食会ですが、
次回は、
都内の高級インド料理店を貸し切り
インド古典音楽の演奏会とともに
ベジ・カレーラーメン試食会を企画していますので
ご期待ください。

「玄菜麺」アレンジメニュー試作中

来月早々の
「玄菜麺」の試食会に向け
完成したスープをベースに
ビーガン対応で
いくつかのアレンジメニューの試作をしています。
今回の試食会は
インドへの進出をメインにしたもののため
将来的には
ラクト・ベジタリアンなどに対応したメニューも
考える必要があるかも知れませんが
現時点では
ビーガン対応レベルで構成しています。

「めんめん」以来の秋葉原の拠点を
神田祭の神輿に占拠されて以来
研究所を失ってしまいましたが
石神井、豊洲、御徒町、高田馬場、新小岩、spice zen・・・
いくつかの仮拠点で
細々と研究を続けてきた「玄菜麺」の可能を形にし
インドから始め、東南アジアに展開して行きたいと考えています。
Profile
Archives
  • ライブドアブログ