玄style

No Additive, Pure Natural & Tasty Ramen

「1×1=∞」コンセプト

「1×1=∞」・・・
ラーメン屋としての起業を考えていたころの
私自身の事業コンセプトでした。
当時、起業のテーマを、暗中模索しながら
大きな異業種交流会の幹事を務めつつ
友人の企業に関わっていました。
今では、大きな企業の経営者になった方々とお話する機会も多く
「1×1=∞」人と人との出会いの可能性・・・をコンセプトに
素晴らしい方々との出会いの度
自分自身の新たな可能性と出会う喜びを感じていました。

今回、久々に、
異業種交流会で講演をするチャンスを得、
自分自身の「起業」をテーマに
お話をさせて頂くことが出来ました。
おかげで、
ラーメン屋として起業して以来の自分を振り返る機会を持てました。
真剣に、ラーメンづくりに関わったゆえに出会えた
様々なお客様との感動的な思い出・・・が、
私を、大きく突き動かします。

ラーメン店の経営から引退して
すでに12年になります。
自分の小さなラーメン屋を開業するという夢は
実際には、かなり、難しくなって来ていると感じています。
ただ、「食と農」をテーマに企画しているプロジェクトについては
事業として構築可能になってきており
その中で、私自身の小さな厨房を確保出来れば
農業に関わりながら、
小さな「百姓レストラン」を運営することで
充分に、仕事の集大成が可能と考えています。
9241df76efa197431f1b34facb092467
「還暦起業」に向け動いています。

「百姓レストラン」事業企画 熟考中

この2年くらいの間
労働と坐禅、「正法眼蔵」に専念し、
ほとんど、人と話す機会も無いような生活でしたが
この1か月は、
積極的に人と会い、語り合う機会をもっています。

久々に、講演会の講師として、お話しする機会を得
現時点で、私が専念している「nymphaea paradis」についても言及しました。
農業に興味のある方は、予想以上の多く
私の目指している事業の方向性に、確信を持つことが出来ました。

農業生産者、農業流通業者、六次産業関係者、自然農法研究家、
食品加工業者、環境デザイナー・・・
様々な方々と話し、自分のプランについて、意見、アドバイスを頂いています。

「食と農の研究所」としてスタートしたプロジェクトですが
協力を申し出てくれる方々の知恵、ノウハウを導入しつつ、
より収益性を確保可能なプロジェクトにするために
また、六次産業事業として、行政からの支援を頂くために、
「食と農」に、+α 「美と健康」のテーマが見えてきました。

「食と農」に、より根源的な形で関わりつつ
高い社会貢献性を追求出来そうです。
基本は、あくまでも、かなり、泥臭い世界なのですが、
何だか、「おしゃれな」施設になりそうです。thumb5

nymphaea paradis

ラーメン屋を引退して以来
一人の労働者として
コツコツ資金を貯めながら
すでに10年以上の歳月が流れました。
素材にこだわりながら「食」を追求する過程で
究極的には、
自ら、生産し、調理、提供する
「百姓レストラン」の開業を目指して来ました。
飲食店プロデュースなどで蓄えた資金で
NPO法人「GEN Natural Factory」を設立し
六次産業的な事業の立ち上げを目指していましたが
東北震災による放射能汚染で
NPOを支えてくれていた
茨城県の生産者の方々が農業から撤退
私自身も大きな負債を背負うはめになりました。
そんなことで諦めない私は
「食と農の研究所」という形で
自然農法を核とした「百姓レストラン」開業に向け
土壌改良を続けながら
準備活動を続けてまいりました。
そんな私の活動を評価してくれる方々との出会い、再会があり
私の仕事の集大成として
「nymphaea paradis」の開業準備に入っています。
白睡蓮2

「玄菜麺」久々、仕込みます。

本格的な「玄菜麺」、
無農薬野菜で仕込むことになりました。
様々な仕事のオファーに対し
慎重に対応しながら
自分自身の納得出来る
仕事の集大成に
挑戦しようと考えています。
私なりの
自然農法を核とした
食の拠点の構築です。
その流れの中で
「玄菜麺」が
再び、評価されはじめました。
知人から
素敵な店として紹介され
無農薬野菜の仕入れに伺うと
かつて
様々な形で支援して頂いた
「LIMA」でした。
「玄菜麺」開発当時の仲間達の
食材が多数販売されており
「初心に戻って…」という
今の私にとっては
ちょっと感動的な時間でした。
image

「食と農の研究所」事業化に向けて

「食と農の研究所」
土壌改良後、無農薬で野菜を育てていますが
かなり収穫量が増えて来ました。
長ネギ、なす、サツマイモ、ジャガイモ、オクラ、里芋・・・
店舗の確保が出来ないため
近くの「道の駅」などに
慣行農法の野菜と同じ扱いに甘んじて納めています。
ただ、
「研究所」の事業化に向け
少しずつ賛同者も増え
資金面での目途も見えてきましたので
本格的に
事業企画を構築し始めました。
私自身の仕事の集大成として
食と農をラディカルに追求する
自然農法をベースにした
素敵な「百姓レストラン」が実現しそうです。
道元禅師の考えを活かすため
事業の基本イメージは
「白睡蓮」!です。water-lily

「百姓レストラン」の夢実現に向けて

「百姓レストラン」開業の夢にむけて
今出来る範囲で
ラーメンに関わる様々なプロジェクトの
事業企画、商品企画開発の仕事をしています。
ラーメンの海外展開の事業企画や
農業を核とした食のプロジェクトもあり
これまでの自分の仕事の集大成であると同時に
新たな可能性への挑戦のチャンスでもあり
かなり楽しみながら
作業を進めています。

南雲氏の事業計画に共鳴・・

南雲さんの事業計画を読ませていただきました。
膨大な量の企画書でしたが
全体の方向性に
共感できる部分が多く、共感出来ました。
ディテールの部分でも
まったく同じ発想をしている部分もあり感動しました。

我々が、
六次産業事業として構築している
「食と農の研究所」と極めて近い考え方をなされており
良い形でまとめたいと思いました。

NOMADラーメン、発信拠点

おかげさまで
多くの方面から
ラーメンを核とした商品開発のオファーが入り始めました。
研究活動の拠点が必要になる中で
人気のモンゴル料理のお店を
朝から昼までの営業時間使わせてもらえるようになりそうです。
モンゴルの方々に向けて
羊骨のスープをベースにした「NOMADラーメン」を
提供できるようになります。
こちらで
国内はもちろん
アジアの各国に向け
オリジナル・ラーメンを開発してみます。
しばらくは
海外にラーメンを普及することに専念し
資金を確保した段階で
国内で
一農民として還暦起業し
「百姓レストラン」に専念します。

南雲さんの無農薬野菜

「食と農の研究所」の活動として
本日、師匠が、
自然農法研究家・南雲成次氏の農園を訪問
お土産に
南雲さんの無農薬野菜
きゅうり、なす、ピーマンを頂きました。
とりあえず、生でガブリとやりましたが
美味しかった・・・
明日、料理してみます。

無農薬野菜で「玄菜麺」を再構築するという
本来のテーマに向け
ゆっくりですが準備を進めています。

羊、馬スープ完成

羊骨、馬骨・・・それぞれのスープを
納得のいくレベルで仕上げました。
来週からサンプルとして
各方面に提示し、試食してもらいます。

サンプルを持ち込むついでに
今回のプロジェクトの核となる人物と
ゆっくり話す機会がありました。

話の流れはともかく
道元、荘子、ハイデッガー、ヘーゲル、ソシュール・・・
そして、ルソーを語り合うことになりました。
30年以上、哲学を語ることのなかった私としては
ちょっと、感動的な時間でした。

理想としていた仕事のスタイルを
追求することが出来るかもしれません。
Profile
  • ライブドアブログ