玄style

No Additive, Pure Natural & Tasty Ramen

2016年01月

挑戦に向け、静かに、準備中です。

自分の力量が試される
大きなプロジェクトの開始を前に
アルバイトも、店舗プロデュースも
大切な仕事として関りながら
自身の、食に関わるスタイルを
今一度、検証しつつ
再構築を進めています。

秋葉原を去るための
オフィスの整理をしていますが、
これまでの研究の成果(!?)が
段ボール30個!・・・
食と、道元関連の書籍を中心に
千冊以上の書物の山!!
よくも、
これだけの本を読んだもの・・と
お陰で、金儲けとは縁のない現状に
情けなくなりますが・・・。
これらを
「食と農の研究所」に持ち込み
さらに、馬鹿げた(!?)
「玄STYLE」構築に挑戦するつもりです。
image

奇跡的な出会いの連続・・・

thumb5恒例の、師匠との打ち合わせ・・・
老荘思想や、新たなプロジェクトについて語り合おうと、
いくつか、場所を探し求めて
たどり着いたデニーズ・・・。
満席のため、しばらく待った後
案内された席の、その隣席に
数年来、仕事上、大変お世話になっている知人が・・・
師匠を、近々紹介したいと思っていた
まさに、その方との、偶然の出会い!

さらに、偶然の出会い・・・
斜め後ろのテーブル席に
以前、砂町銀座の店舗でお世話になった
エコ・フライヤーの製造メーカー社長が・・・!
もちろん、合流して頂き
エコ・フライヤーを使った新たな事業のアイデアで
盛り上がりました。

偶然の出会いが、さらに・・・。
お世話になっている知人が
最近、関わっているいくつかの仕事の資料を見せてくれました。
新たな大学のパンフレットに
どうも、気になる名前が・・・。
学長と紹介されている人物が、
若いころお世話になった経営学の教授!、でした。
本格的な起業に向け、勉強していたころ
ご自宅まで訪問して、起業のアドバイスを頂いたことがありました。
その場で、電話をして頂き、
30年ぶり位の、久々のご挨拶が出来ました!

道元の影響ですが、
すべてを捨て去って
新たな挑戦を決意したためでしょうか、
偶然の出会いが重なり
自分の運気・・・のようなものを
強く感じました。
自信をもって
突き進んで行こうと思います。

膨大な過去の資料と対峙しています。

江戸時代から代々暮らしてきた秋葉原を去るため
膨大な資料、書籍の整理をしています。
大学時代に起業して以来の事業運営上の資料、
ラーメン職人として起業してからの膨大なデータが大半ですが、
戦死した叔父の、戦地からの手紙、
写真を趣味にしていた祖父の戦中戦後の膨大な写真、カメラ・・・
といった貴重な資料も、すべて捨てて
新たな拠点での挑戦に賭けたいと考えています。
学生時代に精読した古代、近代、現代の哲学書と
ここ数年、読み続けている
食と、道元関連の書籍だけは、かなりの冊数ですが
何とか持ち出したいと考えています。
千葉の山中など、様々な場所に隠しておいた
製麺機他、調理設備なども
今の時点で、自分の店を確保出来なかったため
諦めざるを得ないことは残念ですが
まずは、すべてを捨て
ゼロからの挑戦とします。

image

川崎大師参拝

image

仕事で川崎大師へ…。
弟子系店舗にタレを届けました。
新年早々から
働き続けて来た私としては
遅めの初詣でした。
「今年こそは、良い年に…」
月並みながら
心から、そう祈りました。
住み慣れたアキバ立退きも迫り、
真の拠点づくりに
挑戦したいと思います。


Gen/Ravi コラボ・メニュー

来週から
雑色の「spice ZEN」において
厨房の全面改装と、コラボメニューの開発が始まります。
互いのノウハウを提案し合いながら試作を行い
オリジナル「spice ZEN ラーメン」を創造したいと思います。

「spice ZEN」のスパイスとハーブを活かしたラーメン
 ※Ravi氏は、今回の帰国で、スリランカに、スパイスとハーブの農場、加工所を確保してくれました。

「spice ZEN」の薬膳カレーと玄流ラーメンのコラボによるカレーラーメン
 ※本日の夕飯、いたずらで、玄流塩ラーメンとカレーを合わせた即席カレーラーメンを試作してみましたが、結構、完成度の高い美味しさでした。来週早々、Ravi薬膳カレーで、試すのが楽しみです。

今回のコラボの目玉は、やはり、ベジヌードル「玄菜麺」の「spice ZEN」バージョン!です。
こちらは、じっくり開発したいと思います。

乞うご期待!

「SPICE ZEN」プロジェクト始動

Ravi氏が久々日本に戻ったので
「spice ZEN」プロジェクトに
進展がありました。
店舗の改造と
コラボ・メニューの開発が本格的に始まります。

途中参加の
「Natural Kitchen EN'S(船橋)」さんとの出会いも刺激的で
様々なアイデアが浮かびました。
素敵なメニューが出来そうです。

Ravi氏のスリランカ帰国で
現地に、広大なスパイス、ハーブ農園と加工工場を確保
現地法人も強化してきたようです。


s_000q
「Natural Kitchen EN'S」では、
Raviさんの薬膳カレーを販売しています。

田植え用ブーツでの早朝出勤

image


早朝のアキバは、
猛烈な雪でした。
長靴を求め向かったドンキは
閉店…!

アルバイト先までは
徒歩通勤なので
絶体絶命…!?

ふと、思い出したのは、
東北大震災以来
農業への夢を諦めて以来
履いたことのなかった
田植え用のゴム靴!

久々に履いた田植え用ゴム靴で
降り積もった雪を踏みしめながら
これから始まる
食と農のプロジェクトを想像し
手足は凍りつきそうでしたが、
心の中は
熱い思いに満ちていました。

昨晩も、今日も、
食と農のプロジェクトに関して
打ち合わせがありましたが、
私自身の仕事の集大成として
目一杯
力を発揮出来ると
確信させて頂きました。










「食と農の研究所」プロジェクト

「食と農の研究所」(仮称)という
私自身の、食に関する仕事の集大成と考え
追求しているプロジェクトに関して。
現在、可能な範囲で、準備を続けて来ましたが
大きな進展がありました。
ただ、国の政策との関連が強まってきたため
三重サミットまでは、
活動の詳細は明らかに出来なくなりました。
私が食に関して追求してきたテーマを
研究所、教育機関、農業、畜産、飲食店・・・などにより
最大限に、実現出来ると考えております。
ご期待ください。

「玄菜麺」〜spice ZEN バージョン〜研究中

自分のライフワークとして
BSE問題をきかっけに
十数年来、研究を続けている
ベジタリアン・ヌードル「玄菜麺」・・・

「spice ZEN」とのコラボにより
これまでは、サブ素材として扱ってきた
スパイスとハーブを徹底的に研究し、導入したいと考えています。
身体に良いラーメン・・・というテーマ
業界的には、異端視されがちではありますが
私自身は、いかなる攻撃を受けようとも
自分が、生命を賭けても追求すべきテーマと考えており
そのための、自分の小さな店を持てるように・・・
社会復帰出来るようになるまで
諦めることはないでしょう。

身体に良いラーメン・・・
当面、解決すべき問題点は
高カロリーと、高塩分です。

ベジヌードルは、
スープ自体は、超低カロリーに仕上げますが
小麦主体の麺自体のカロリーが極めて高く
その解決に、炭水化物ブロック素材を導入したいと考えています。
「spice ZEN」の最大の力は
スリランカのスパイスの生産、加工事業であり
アーユルベーダのブロック素材を低価格で確保出来るというメリットです。

また、
ラーメンの味をまとめる役目は、一般には、化学調味料ですが、
無添加ラーメンの場合
これまで、「塩」に頼るしかありませんでした。
その塩の使用量を抑えるためには
スパイスとハーブで、味のバランスとキレを表現するしかないと
考えています。

まずは、
「spicwe ZEN」店内の厨房設備を改革し
新たな「玄菜麺」開発に挑戦したいと考えています。

spice ZEN 初仕事・・・

まずは、
薬膳カレーの提供方法を指導していただき
ちょっとした緊張感で、店番を担当しました。
来週から、
本格的に、現場に入り
「玄菜麺」スープを仕込み、提供出来るよう
準備を開始したいと考えています。
今日は、あくまでも、
店の構造に慣れ、店前の通行人を観察したり・・・しながら
ベジタリアン・ヌードルを
どういった形で提供出来るか、
じっくり、構想を練るための時間でした。
image
Profile

Archives
  • ライブドアブログ