玄style

No Additive, Pure Natural & Tasty Ramen

2018年06月

恩師 土橋貴氏との再会

二十歳の頃
築地で仲買人として働きながら
弁護士目指し勉強をしていた私を
学問の世界に引っ張りこんでくれたのが
中大法学部のルソー研究家土橋貴先生でした。
幻の土橋ゼミ一期生として
「人間不平等起源論」をテキストに
猛勉強を開始し
やがて、
佐竹ゼミにも参加し
西洋政治思想史の本格的な研究を開始
大学院の哲学研究会にも参加させて頂きました。
市井の学者として生きることを決意していましたが
22歳の時に、父が病に倒れ
潰れかけていた家業の立て直しのため
学問を捨てることになりました。
先生に合わせる顔もなく
ご無沙汰しておりましたが
昨晩、昔のゼミ仲間に誘われ
先生や、大学院の先輩と
久々に話す機会を得ました。
感動です。
不平等起源論



南直哉「『正法眼蔵』を読む 存在するとはどういうことか」

自分の中での基準は不明ですが
何度も、繰り返し読んでしまう本との出会いがあります。
最近は、道元関係の本ばかりで
「正法眼蔵」「正法眼蔵随聞記」「典座教訓」
に関しては、すでに、読んだ回数もわかりませんが
南直哉氏の「『正法眼蔵』を読む」も
すでに、7回ほど読んでおり
少々、ボロボロになりかけている書籍の状態に
妙な愛着を持ち始めています。
正法眼蔵に関する研究書を見つけると
ついつい、昼飯を削っても購入してしまう・・・という
悪癖に困っていますが、
私自身、学生時代
多少、現代哲学の研究に専念していた関係でしょうか
南氏の文章が、素直に、私の中に入ってくるように感じています。
集中的に、厨房仕事に専念し長時間労働をしていると
さらに、商品開発、事業企画などをする元気もなく
無になって、好きな本を読むことが
大切な時間になっています。
15390800-A12E-4FE8-B893-039432C3C27C

楽しきかな「現場研修」

諦めかけていた
「自分の店」という夢・・・。
震災で、夢は捨てたはずでしたが
もう一度、懲りずに、挑戦しています。
仏道修行で、すっからかんになってしまったので
まずは、生活の立て直しのため
飲食店のバイトに専念しています。
おそらく
還暦過ぎのオヤジは扱いにくいでしょう。
二十歳前後の若者たちばかりの
「とんかつ屋」さんの再構築のため
ひとりのバイトとして厨房に入っています。
あらゆる調理の現場に関わって来ましたが
「とんかつ」は、初めてです。
ただ、日々、発見、学びがあります。
事業に失敗した者だからこそ
全てを捨て去り
まったく、無の状態で、
様々な調理の現場に関われることは
感謝すべきことなのかも知れません。
10代の女性スタッフに指導をされながら
独学で、研究していましたが
先日、ある繁盛店での研修をさせてもらいました。
60代後半の調理人の方のそばで
その作業を、ずっと見させてもらいました。
忙しい中、私からの、どんな質問にも答えてくれました。
ある程度、独学で、試行錯誤していたことが幸いし
調理人の、細かい作業の動きの数々が持っている
意味合いが伝わってきました。
たかが「とんかつ」、されど「とんかつ」・・・
単純そうに見える調理の現場ですが
調理人の手の動きの中に
多くの発見がありました。
貧乏だからこそ
この歳で、新たな学び・・が出来ることに
感謝しなければならないでしょう。
43FC81F8-0FE1-4113-8C8D-E69A9331712F
続きを読む

安全な養鶏の実験 inネパール

私たちの、ネパール農業支援活動が
現地の、政府系雑誌から取材されました。
現地の素晴らしいハーブ類を
日本、アメリカ始め、世界に紹介することを
自分たちの使命と考えて活動しています。
アーユルベーダの素材として
現地の方々は普通の薬草として扱っているハーブ・・・。
その、おこぼれとして
私のべジ・ヌードルを
ネパール、インドに流通させようと考えています。
もう一点、
薬漬けの日本畜産の状況への大きな危惧があります。
その状況への、非力ながらの挑戦として
現在、ジビエ・ラーメンの開発を進めています。
第一回の試食会は、大きな反響を得ることが出来
現在、第2回の試食会の準備に入っています。
中でも、ラーメンの素材として重要な鶏ですが、
私ども零細組織は、日本の養鶏に、モノ申すことも出来ず
まずは、ネパールにて、実験を開始しました。
まずは、50羽で実験をしてもらっています。
私たちの提案する養鶏方法で
ある程度の効果が現れれば
第2回の実験は、1000羽で行ってもらいます。
薬剤を一切与えずとも
餌の効率も良く、死亡率も低く、
大きく、のびのびと育っているようです。
ネパールは、チキンの消費量が多く
粗悪な鶏が、流通しているようですので
これで、ネパールの養鶏に
大きな貢献が出来ると期待しています。
近藤先生の業績を継ぐべく・・・。ネパール養鶏実験

若き実業家たちと、新たな挑戦をします。

日本の「食と農」の再構築をテーマに、
自分で出来る範囲で、挑戦して来ました。
現実には、なかなか、事業にならない領域です。
でも、今関わっている仲間たちは、
愚直なくらい、その活動を支援してくれています。
関東周辺で、ちゃんとした農業を目指す
若い農業従業者たちが
少しずつ、仲間になって来ています。
地味ですが、必ず、ビジネスになります。

素敵な方々との再会・・・

還暦も越え、61歳になり
今も、夢を追い続ける変なオヤジは
それでも、気持ちは、30代の頃、
妙に、自分の力を信じて活動していた時のままです。
まっしぐらに、突っ走っていた時は
全く、連絡もしていなかった、昔の仲間たちと
いくつかの偶然が重なり、再会する機会が増えています。
自分自身の仕事の集大成を目指し活動している今
それぞれが、感動的な再会です。
かつての仲間が、私のような、夢追い人を
しっかり支援してくれることに、感謝しています。
本日は、二十歳の頃、
西洋哲学の研究に関わるキッカケを提供してくれた恩師と
再会するチャンスを掴みました。
築地で、有名問屋の若番頭として仕事をしながら
中大法学部で法律の勉強をする苦学生だった頃
たまたま、私の政治学の論文を評価し
大学院での本格的な研究に巻き込んでくれた恩師です。
貧しさゆえ、学問を捨てた私は、26年間、会うべきではないと
連絡もしていませんでいたが
たまたま連絡したゼミ仲間の弁護士から
素敵な再会のチャンスを頂きました。
ジャン・ジャック・ルソーから始めた
西洋政治哲学の研究スタイルは
今も、道元研究に生きていると思います。
楽しみです。

南伊豆「伊那下神社」訪問

農業研究の絡みで
南伊豆の「伊那下神社」を
訪問しました。
台風接近中でしたが
意外に静かな松崎町で
素敵な時間を過ごすことが出来ました。
農業にも関わっている同世代の宮司さんと
ゆっくり、お話することも出来ました。
神社に奉納されていた農業資材の一部を頂くための訪問でしたが、
台風接近中で静かな神社で
ゆっくりとした時間を過ごせ
神社内に置かれている、宮司さんの、
チェーンソーで制作した素敵な彫刻群・・・
かなり、聖なる空間でした。
波の音を聞きながら
静かな瞑想も、させて頂きました。

779DE321-BC03-4ADA-A47F-2D3A506503AE
Profile

Archives
  • ライブドアブログ