玄style

No Additive, Pure Natural & Tasty Ramen

ラーメン雑感

tantin様、ありがとうございます。

20f2c647.jpgコメント、
力づけられました。
ありがとうございます。

「たんぽぽ亭」、
大変興味がありますので、
何とか時間を作って
訪問してみます。

開業の夢、
決して捨ててはいません。
抱えている問題も、
あきらめず、
一つずつ解決しています。

「なぜ、けんきゅう?」・・・・
長い間、忙しさで、棚上げにしておいた研究テーマが
溜まっていました。
素材のこと、調理技術のこと・・・
開業の困難な今だからこそ、
この立場を有効に活かそうと思い
研究活動に専念しています。

ラーメンに関わる専門家の方々を集め
研究成果の発表を兼ねての試食会は、
少しずつ始めています。
私自身が納得のいく味が出来た段階で
プロデュースなどで関わっている店舗において
玄流ラーメンの復刻メニューとして
提供することが可能と考えています。

ラーメン屋のオヤジは、顔がイイ。

a8f72fa9.jpg過激に疾走する男
「負死鳥カラス」!
氏のラーメン・ブログ、
結構イイので、頻繁に覗いている。

カラス氏の紹介で・・
「ぽっぽっ屋」さんに会った。
画像は、もちろん、カラス氏撮影。

現役で、イイ仕事をしている男の顔
実にいいものだ。
身体全体に、緊張感がみなぎり
眼に力がある。

ラーメン屋のオヤジ、
僅かな出会いしかないが・・・
「一二三」の匠先輩
「支那そばや」の佐野兄ィ
「青葉」の芳賀さん・・・
皆、強く惹きつけるものがあった。

人と人との出会いの創り出す可能性
1×1=∞であることを信じている。
自分自身でも気づかない潜在的な可能性が
出会いをきっかけに、
大きな可能性になることを
知っている。

マイルス・デイビス

d29636a1.jpg自分の「仕事」を続ける上で、
常に、その「仕事」に対する姿勢を、
マイルス・デイビスから学んで来た。
マイルスは、私の仕事の「師」かもしれない。

初めて聞いたアルバムは、
安い輸入版で購入した「ビッグ・ファン」。
決して評価の高い作品ではない。
でも、一曲目の「グレート・エクスペクテーション」
に、針を落とした瞬間、
鳥肌が立ち、身体の震えが止まらなくなった。
それがきっかけで、
「アガルタ」「カインド・オブ・ブルー」「リラキシン」「マイルス・スマイルズ」・・・
彼の全ての時代の、全てのパフォーマンスに夢中になった。

開業以来、10数年間、
店内に、マイルスの音楽をかけ続け、
それが、常に、「玄」のテーマ曲だった。
ラーメンには、マイルスが良く似合う。

常連のお客さんが言った言葉・・・、
マイルスを聴きながら、
気持ちがどんぶりの中に集中し、
その小宇宙=一杯のラーメンと一体になることを楽しめる。
そんな空間が「玄」だった。
マイルスの音、そのたまらない緊張感が好きだ。

時代を超え、
常に、その最先端を突っ走ったマイルス。
常にスタイルを変えながらも、
いつも、その音楽は、マイルスの音だった。
私も、そんな味を、
自分のスタイルとして提供し続けることが出来る
ラーメン職人でありたいと思っている。
Profile

Archives
  • ライブドアブログ