玄style

No Additive, Pure Natural & Tasty Ramen

GEN Natural Factory

「玄菜麺」久々、仕込みます。

本格的な「玄菜麺」、
無農薬野菜で仕込むことになりました。
様々な仕事のオファーに対し
慎重に対応しながら
自分自身の納得出来る
仕事の集大成に
挑戦しようと考えています。
私なりの
自然農法を核とした
食の拠点の構築です。
その流れの中で
「玄菜麺」が
再び、評価されはじめました。
知人から
素敵な店として紹介され
無農薬野菜の仕入れに伺うと
かつて
様々な形で支援して頂いた
「LIMA」でした。
「玄菜麺」開発当時の仲間達の
食材が多数販売されており
「初心に戻って…」という
今の私にとっては
ちょっと感動的な時間でした。
image

「食と農の研究所」事業化に向けて

「食と農の研究所」
土壌改良後、無農薬で野菜を育てていますが
かなり収穫量が増えて来ました。
長ネギ、なす、サツマイモ、ジャガイモ、オクラ、里芋・・・
店舗の確保が出来ないため
近くの「道の駅」などに
慣行農法の野菜と同じ扱いに甘んじて納めています。
ただ、
「研究所」の事業化に向け
少しずつ賛同者も増え
資金面での目途も見えてきましたので
本格的に
事業企画を構築し始めました。
私自身の仕事の集大成として
食と農をラディカルに追求する
自然農法をベースにした
素敵な「百姓レストラン」が実現しそうです。
道元禅師の考えを活かすため
事業の基本イメージは
「白睡蓮」!です。water-lily

「百姓レストラン」の夢実現に向けて

「百姓レストラン」開業の夢にむけて
今出来る範囲で
ラーメンに関わる様々なプロジェクトの
事業企画、商品企画開発の仕事をしています。
ラーメンの海外展開の事業企画や
農業を核とした食のプロジェクトもあり
これまでの自分の仕事の集大成であると同時に
新たな可能性への挑戦のチャンスでもあり
かなり楽しみながら
作業を進めています。

南雲氏の事業計画に共鳴・・

南雲さんの事業計画を読ませていただきました。
膨大な量の企画書でしたが
全体の方向性に
共感できる部分が多く、共感出来ました。
ディテールの部分でも
まったく同じ発想をしている部分もあり感動しました。

我々が、
六次産業事業として構築している
「食と農の研究所」と極めて近い考え方をなされており
良い形でまとめたいと思いました。

南雲さんの無農薬野菜

「食と農の研究所」の活動として
本日、師匠が、
自然農法研究家・南雲成次氏の農園を訪問
お土産に
南雲さんの無農薬野菜
きゅうり、なす、ピーマンを頂きました。
とりあえず、生でガブリとやりましたが
美味しかった・・・
明日、料理してみます。

無農薬野菜で「玄菜麺」を再構築するという
本来のテーマに向け
ゆっくりですが準備を進めています。

田植え用ブーツでの早朝出勤

image


早朝のアキバは、
猛烈な雪でした。
長靴を求め向かったドンキは
閉店…!

アルバイト先までは
徒歩通勤なので
絶体絶命…!?

ふと、思い出したのは、
東北大震災以来
農業への夢を諦めて以来
履いたことのなかった
田植え用のゴム靴!

久々に履いた田植え用ゴム靴で
降り積もった雪を踏みしめながら
これから始まる
食と農のプロジェクトを想像し
手足は凍りつきそうでしたが、
心の中は
熱い思いに満ちていました。

昨晩も、今日も、
食と農のプロジェクトに関して
打ち合わせがありましたが、
私自身の仕事の集大成として
目一杯
力を発揮出来ると
確信させて頂きました。










「食と農の研究所」プロジェクト

「食と農の研究所」(仮称)という
私自身の、食に関する仕事の集大成と考え
追求しているプロジェクトに関して。
現在、可能な範囲で、準備を続けて来ましたが
大きな進展がありました。
ただ、国の政策との関連が強まってきたため
三重サミットまでは、
活動の詳細は明らかに出来なくなりました。
私が食に関して追求してきたテーマを
研究所、教育機関、農業、畜産、飲食店・・・などにより
最大限に、実現出来ると考えております。
ご期待ください。

「玄菜麺」スープ仕込み中

試食会に向け
玄菜麺スープを仕込んでいます。
手元にある限りの野菜で仕込んでいます。
大根、ほうれん草、牛蒡、人参、玉ねぎ、長ネギ、ジャガイモ、キャベツ、干し椎茸、舞茸、生姜、ニラ、ニンニク、チェリー、セロリ、…。
それぞれの野菜との静かな対話の中で
彼らの美味しさを最大限に引き出せるよう
自らを開いていく素敵な時間です。
かなり、ZEN的、です。
image

GEN Natural Factory 再挑戦!

ラーメンイラスト

農業を中核とした
GEN Natural Factoryプロジェクトは、
あの東北大震災で挫折しました。

NPO法人「GEN Natural Factory」に協力してくれた
北茨木の無農薬農業生産者の方々、
「玄菜院」、「GEN Natural Kitchen」の2店舗を失い・・・
多額の負債を、個人的に負ってしまったことで、
私自身は、
社会生活が不可能なところまで堕ちてしまいました。
どん底から這い上がろうと
僅かなチャンスにも挑戦しましたが
さらにさらに、堕ちるしかありませんでした。
ただ、そんな私を応援し続けてくれる方々も居り
「食と農の研究所」の農業生産拠点を中心に
新たな「GEN Natural Factory」プロジェクトが形になりつつあります。

うどん職人として

今は、
うどん職人としての仕事に
専念しています。
繁盛店で
大量の麺を仕込むため
なかなか
製麺の全工程を通しで行えませんが…。
先日、
ミキシングから製麺
そして
茹で、提起までの全ての工程を
一気に担当することができました。
寝かし、熟成を経て生まれる
しっかりとしたコシを
指先で感じながら
ちょっと
感動してしまいました。

天婦羅担当は、今日で三回目
まだ、
食材の下処理が
主な作業ですが
素材との会話が
やっと可能になって来た
…レベルです。





Profile

Archives
  • ライブドアブログ