玄style

No Additive, Pure Natural & Tasty Ramen

ラーメン創房 玄光

「玄光」撤退しました。

image

本日、正式に、
「玄光」撤退しました。
職人の分際としては
最大限の努力をしたつもりですが、
猛暑…を言い訳にも出来ず
「結果」を出せませんでした。

住所不定、無職。
道元三昧、只管打坐の日々です。

臨時休業のお知らせ

経営母体組織変更のため
経営サイドにて
ラーメン事業撤退検討中。

ラーメン玄光は、
しばらく、
お休みさせて頂きます。
image

隠れた人気メニュー「野菜タンメン」

image

気づかぬうちに
隠れた人気メニューになりつつある
「野菜タンメン」

塩ラーメンのバリエーションとして
お客様に
野菜をたっぷり食べてもらいたい…、
そんな思いで導入したメニューですが、
少しずつ
人気メニューになってきました。

改良版「玄光ラーメン」

image

「玄光麺」(元「玄麺」)をメニューから外しました。
更に強化してから再挑戦します。
「玄光麺」の手法は、
「玄光ラーメン」に導入しましたので
味のグレードアップになったと思います。

「南極の塩」ラーメン再登場

リクエストの多かった
「南極の塩」ラーメン
久々に仕込みました。
本日から販売します。
image

イスラム教対応「玄菜麺」

先ほど、
イスラム教徒の方向け「玄菜麺」について
問い合わせのお電話を頂いお客様へ・・・

お問い合わせ、ありがとうございました。
早速、日本酒、みりんを使用しないで
「玄菜麺」を仕込んでみました。
ご来店の際は、
ぜひ、お試しください。

「玄菜麺」生き延びています。

メニューのリニューアル作業の中で
ベジタリアン・ヌードル「玄菜麺」の扱いが
かなり、微妙でしたが・・・、
細々とではありますが
提供を続けて行けそうです。
多くのお客様から
「玄菜麺」を評価する言葉と
販売の継続を希望する言葉を頂き、
「玄菜麺」を追求していくことの意義を
強く確信させられていました。
心からの感謝の気持ちと
いかなる障壁があろうとも
追求していく決意を表明したいと思います。

image

玄流鶏白湯ラーメン

image

メニューを大幅にリニューアルする作業で
最も大きく進化させたのが
「玄流鶏白湯ラーメン」780円です。
これまでは、
「鶏白湯」というわりに
豚素材も使用していました。
今回は、徹底的に、
鶏という素材を追求してみました。
100%鶏・・・にこだわったため
乳化が難しく苦労していますが
鶏の旨味は、
しっかり出していると自負しています。
かつて、横浜で
「しゃもじ」という鶏白湯専門店をプロデュースした時も
鶏素材の旨みを引き出すために
あらゆる調理法に挑戦していましたが
それ以上の旨みを引き出すことが出来たと思います。
とはいえ、まだまだ、研究は続けます。
更に、進化させるべく、
精進したいと思います。

ベジヌードル「玄菜麺」の提供に関して

真の意味で
超過激なラーメン、
ベジヌードル「玄菜麺」。
様々な困難を超え
追求してきたラーメンです。

東北の震災の影響で
北茨城の生産者ネットワークを失い
都内の「玄菜麺」専門2店舗を同時に失い
負債のみが残ってしまったことは
非力なラーメン職人にとって
大きな痛手でした。

それでも、
「玄菜麺」というテーマは
決して諦めません。
「玄光」でも
細々とですが
とりあえず、継続していくことが許されました。
いつの日か
宗教的制約も越え
世界中、地の果てでも可能な
ベジヌードルという形で
日本の食「ラーメン」を広めたい
そんな夢を
実現したいと考えています。

ラーメンの可能性への新たな挑戦、です。

ラーメン激戦区への参入、
そして、3ヶ月が経ちましたが、
猛暑の中、近隣のラーメン店が
次々に撤退する厳しい状況を目の当たりにし
私たちは、より、コンセプトの先鋭化が必要と考えました。

今回、青山の、鶏料理を得意とする和食店「花」様とのコラボで
「玄光」のリニューアルを進めています。
素材としての「鶏」を徹底的に追求する形で
「玄流塩ラーメン」「鶏白湯ラーメン」をメインとした
メニュー構成にしたいと考えています。
特に、「鶏白湯」は、
仕込み、味のl維持が難しく
これまで、なかなか納得のいく味を表現出来ませんでしたが
徹底的に、「鶏」素材を活かすことにこだわり
かなり、グレードを上げることが出来たと思います。

日曜日、および、昨日の昼を臨時休業とさせて頂き
徹底的に、店内の清掃も行いました。
「大勝軒」様以来、「香味徳」様まで
多くの飲食店が、失敗を重ねてきた居抜き店舗には
分厚い層を成した「汚れ」がこびり付いていました。
私たちは、永く営業出来る繁盛店を目指し
挑戦したいと考えています。
Profile

Archives
  • ライブドアブログ