2009年01月25日

気むずかし家☆博多区住吉☆まぜそば

今日もやってきましたラーメンスタジアム。

六厘舎が来てた時のお祭りみたいなムードは自分の中では消え去り、今はすっか
り宿題メニューの消化にいそしんでます。
その中でも、最近知って食べたくて食べたくてしょうがなかったメニューを食べ
に。
やってきたのは「気むずかし家」です。

それにしてもラースタの平日昼間の閑散ぶりは凄いなぁ。
店頭の写真を撮ろうとしたら客引きのお姉さんに逃げられました(笑)
P1020999


本日のご注文は「まぜそば」

気むずかし家は以前からだがいろんなメニューに挑戦している。
もともと鶏白湯スープがベースのラーメンをデフォとしてるんだけど、
あの二郎を完全に意識した「きむ二郎」だったり、つけ麺だったり、
いろいろとチャンレンジしてる姿勢は嫌いじゃない。
なかでも最近登場したのが、「まぜそば」ともうひとつ(忘れた)味噌系のやつ。味噌も悪かないけど、興味を惹かれるのは断然まぜそばだ。

やってきました。まぜそば 800円。

「よく混ぜて食べてくださいね」とはスタッフのお姉さん

とりあえず写真を。
P1030003

かなりでかい平皿になんだか豪華に具が載ってるね。
12時の方から説明しますと〜
刻んだチャーシュー、キャベツ、辛味噌、シナチク、チーズ、チャーシュー、
生のニンニく、揚げたニンニク、魚粉、中央に卵黄
そして上からかかってるのは何だろう…背脂かしら??
やっぱ鶏白湯なんだろうなぁ

分析こんなもんです。分析力あんまりありません。
あとはフィーリングだけお伝えします(笑)

うぉりゃぁ〜とまぜてみました。あ、辛いのは除けました。
気合いれて混ぜ混ぜ。うーん、かなり混ぜ応えがありまする。
ニンニクの香りとチーズの香りが食欲を刺激しまくります。
今からお客さんと商談なんだけど、そんなの関係ねぇ!でございます。
「混ぜれば混ぜるほど美味しくなるはずだ」と信じて?かなりまぜまぜしました。

スープはほとんどないんだけど、食べてみると麺にからむスープっぽいのはやっぱり鶏白湯みたいだね(たぶん)。優しkて、甘さを感じる味。
このチーズの風味は好きです。
それにしても…ニンニク強烈過ぎです。生と揚げたのがダブルで襲ってきます。
このジャンクさは僕は好きでしたが、後半ちと飽きがきたかな。
やっぱニンニクのせいかな?優しそうで優しくない!

でもなんていうか、おもしろいなー、いろんな食べ方があるんだなーと。
僕は東京でもまぜそば系は一度も食べたことないのでえらそーなことはいいませ
んが、油そばとかも食べてみたいなぁ、と思いました。

さてと、ブレスケア飲んでお客さんのとこへ…ダイジョブかな?



【気むずかし家】福岡市博多区ラーメンスタジアム2
   まぜそば 800円




詳しい情報はココ↓↓↓

ラーメンデータベース「せーじの喰いたい放題」




ramenlove at 16:07│Comments(2)TrackBack(0)ラーメン 福岡市 ラーメンスタジアム | <油そば まぜそば>

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by かめ   2009年01月25日 22:01
あれ、まぜた後の画像はないんですね、それだけ、まぜる事に集中して、その後は勢いで食べた、という事で(笑)
しかし、これ、かなり惹かれます、しかし、後の事を考えなきゃならないので、二度足踏みそうですね、大丈夫でしたか?
2. Posted by せーじ   2009年01月26日 04:10
かめさん☆
えーまぜた後の画像は〜撮ってないですねぇ。
「まぜる事に集中していた」というより
「まぜたものは画的にイマイチだった」といったがよいのか
まぁ勢いで食べた、というのはマチガイナイです(笑)

>後の事を考えなきゃならないので、二度足踏みそうですね、大丈夫でしたか?

後もなにも食べてる途中でニンニクはキツかったっす。
ブレスケア飲んだらさすがになにも言われませんでしたよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
★博多らーめんnet★

博多のほんまもんのらーめんが
そろう「博多らーめんnet」は
こちらからどうぞ。

↓まずは一度ご覧ください↓


Profile
記事検索
Recent Comments
Counter
Archives
このブログの内容について
このブログに掲載しているお店や料理の感想は、私せーじがその時、リアルに感じたことをそのまま文章にしています。ラーメンに限らず、料理とは季節、天候、材料、作り手の違いなど、常に味は変化し得るものだと考えています。また、食べ手である私自身、気分や思い込み(はできるだけしないようにしてますが)、体調の良し悪しによっても感想は大きく変わる可能性を秘めています。もしそれらが仮にすべて一定だとしても、味覚は十人十色であり、全ての人が美味しいと思うものなど存在しないかもしれません。もし皆さんがこのブログを見て、興味をもたれ、行ってみようと思ったらとても嬉しいことです。でも、私ごときの舌など信用せず「確認」と思ってご自身でお店を訪問してみてください。そしてもし私の書いていること大きく異なっていたとしても、心の中で「あぁ、せーじわかってねーな」と笑い飛ばして、広く温かい心で見守っていただければ幸いです。