アン・ルイス Best Selection

WOMANISM I


春一番が吹く頃になると。。。
妙に歌謡曲を聴きたくたくなります。

日本のこの季節は
小・中学校に高校、大学の
入学式と卒業式、さらに就職と。。。
イヴェント目白押し、

しかも新しい出会いと別れがあり、
雪は溶け、桜が咲いて散る。。。
そりゃあ、色んな歌や詩が出来るのも
分かりますよね。

さて、
今回、紹介する春の歌謡曲は、
若きアン・ルイスが歌う『グッド・バイ・マイ・ラブ』です。


これ随分と昔の歌なんですね。
松崎しげるがノエビアかナンカのCMでこの曲を歌った時、
どこかで聴いたことがあるな。。。
と思ったのですが、
アン・ルイスが最初に歌ったことを知ったのは
随分とあとのことでした。
(最近、福田沙紀も歌っていますね)

作詞 なかにし礼 作曲 平尾昌晃 で
まあ、シンプルな曲なんですが、
その昔、アン・ルイスが歌ったやつが
YouTubeにあるんでちょっと聴いてみて下さい。
http://www.youtube.com/watch?v=D8T_uVP_8m8

皆さん、どんな印象を持ちましたか?
アン・ルイスっていうと。。。
『六本木心中』なんかのビートの聴いた歌を
ド派手な衣装でシャウトするイメージですが、
もう、ゼンゼン違いますよね。
(それも、好きなんですが。。。)

若い声に独特の伸びやかなハリがあり、
特に上手いわけでないのに
なんかちょっと痺れるような魅力があるのです。

もし、芸能プロのスカウトだったら
引き抜きたくなってしまうようなタイプと
でもいいましょうか。
(まあ、その後の活躍をみるに
少なからぬ人がそんな感じを持ったのかもしれません。)

今日は、
若き日のアン・ルイスの”伸びやかな歌声”に
メッタに飲らない赤ワインのソーダ割りで乾杯!

※CD等で聴くと、よりハッキリと
その”伸びやかな声”を堪能出来ます。