2005年10月03日

220.葦屋@西船橋

2c6d5653.jpg


「葦屋」
千葉県船橋市西船4-24-5
営業時間/11:00〜14:00 17:00〜22:00
土日祝/11:00〜22:00
休み/無休





証券会社のセミナーの帰り道。証券会社のセミナーはホテルオークラで開催。やっぱホテルはいいよなー。億万長者になったらホテル住まいしてやる。

今回は西船橋に出来た新店。葦屋というらしい。神戸の高級住宅街みたいな名前である。ラーメンはというと至って普通な醤油ラーメン。スープも麺もチャーシューも本当にフツーであった。ただ1点普通じゃないトコロがあった。

狭い厨房に4人も人が居るのだ!「お前等、そんなに人がいらないだろ!」と誰もがツッコミを入れたくなるくらい。しかも見習の女の子が俺のラーメンを作っていたのだけど、都度責任者のオッサンのこれでいいかと確認している。客に出すラーメンで研修するなっつーの。【6点/オグ】  
Posted by ramenz at 22:53Comments(0)TrackBack(0)千葉 

219.珍来@八柱

ce685243.jpg












来店したのは午前1時過ぎ。写真はメンマメン。味は正直、家庭レベルである。が、この店は混んでいる。我が地元では1時過ぎまでやっている駅前のラーメン屋はここしかないからである。1時過ぎのラーメンを食べたいサラリーマンの需要を掴んだ勝ち組ラーメン店なのかもしれない。【5点/オグ】  
Posted by ramenz at 22:50Comments(0)TrackBack(0)

一蘭@池袋オープン

b590d382.jpg


マルハン向かいのグリンピース横です。
かなりいかがわしい通りに出来ちゃいますね。

10月12日10:00オープン予定。
「只今美味しいラーメンを仕込み中」との事。
誰もいなかったけど…。

  
Posted by ramenz at 04:09Comments(0)TrackBack(0)雑談 

218.麺舗 十六@要町

juroku050f4d06.jpg







要町から池袋へ向かい、住宅街のある路地を左折すると遠目からでも判る行列が見えてきます。「めんほ じゅうろく」と読むこの店名の由来は、確か野茂の背番号16から取ったはず。違ってたらスマン。土曜の14時頃来店。さすが人気店だけに12人待ち。ウワサに聞いた通りこれが実に回転が悪く、ようやく席に着けたのは約50分後でした。店員はプロレスラーの非道ちゃんに似た店主と、おっとりしすぎの奥さんの2人。つけそば+味玉子(600+100円)をオーダー。並んでいる時に事前に聞かれた麺の量は小(世間の並)、並(世間の倍)、並の多めからそれぞれ選べます。とりあえず麺はもちもちで最高。見た目がかなり黒いスープは実際そんなに濃くは感じられないが、見事な和風ダシ。なかなか熱々です。後半から唐辛子の辛さも加わり味の変化もあって非常に満足。人気があるのもうなずけます。そして本日も事件は起こりました。「ごちそうさま」と告げ、店を出て駅付近まで来たときに立ち止まり、「あれ?金払ったっけ?」と気づきました。うん、見事に払ってないね。店からだいぶ歩いて追っかけてこないとなればもう食い逃げOKって事?いやいや、いくら金に困ってるとは言え、私もラーメン好きの端くれ。ここは正直(当たり前だが)に代金を払いに行こうではないか。と言う事で、再度お店に向かいお金を払いました。奥さんが「悲しかったんですよ〜。払っていただきありがとうございます〜。」とここでもおっとりぶりを発揮。いや〜調子狂うけど奥さんかわいいね。最近、行くラーメン屋がことごとく食券制ばかりだったのでしばらく手渡しで支払ってなかったしな。気をつけねば。並ぶのはキツいけどそれ以上の価値はあるつけそばだと思います。【8点/川本】


「十六」
豊島区池袋3-6-8
営業時間/11:00〜16:00
休み/日祝  
Posted by ramenz at 04:02Comments(0)TrackBack(0)豊島区 

2005年10月02日

217.インディアン@蓮沼

indi-mise


東急池上線蓮沼駅からすぐ。
つっても今日は蒲田から歩いてきました。
(潤が閉まっていたため)

おお、初めてきたよインディアン。






indicarry








このお店は看板にもあるように支那そばとカレーで有名です。数年前、自分がラーメンにハマり出した頃、日テレのぐるナイにて岡村の誕生日を祝う企画として全国のラーメン屋を回る、と言う企画がありました。その時のランキングにこのインディアンが登場したのですが、「支那そばとカレーを同時に食した際、雷を受けたような衝撃が走った」と言うラーメン王の石神氏の紹介を見て「大袈裟だな」と思いつつもずっと気になって仕方ありませんでした。その後、岡村が食べた時は芸人らしく期待通り雷を打たれたリアクションをしてましたけどね(笑)。本日数年の月日を経てようやく来ることができました。本当は潤が閉まってたから保険として来たのだけど。そんなわけでいざインディアンへ。店内はお世辞にもきれいとは言えない定食屋的な内装でした。おじさん2人に有森裕子似の女性の3人で切り盛りしてます。メニューを見てまず目に飛び込んだのは、カレーライスの欄に書かれてある「当店より美味しいカレーがございましたらご一報下さい。勉強に参ります」の文字。そこまで自信を持ってるのか。しかも「最高級カレーライス」って表記してあるし。こいつは楽しみだ。とりあえず客の大半が頼むと言われるセットメニュー、「支那そばと半カレー」(1000円)をオーダー。先に支那そばが出てきちゃいました。雷に打たれるのはしばらくお預け。そしてこの支那そば。見た目通り透き通ったスープにほうれん草、チャーシュー、あとは揚げネギがそれぞれトッピング。スープは当然薄味なのだが、チャーシューが程よくしょっぱいので調度いい塩梅になります。このあと出てくるカレーを食べてまたスープを飲むと味の変化が楽しめるんだろうなと思いつつ、ようやくカレーが登場。見てビックリ。カレーが半カレーではなく普通のサイズではないか。実は今日は先に品達で1件食しており、インディアンは連食でございました。と言うわけで結構来る前はかなりお腹いっぱい。おやじさんが「間違えて普通のサイズ作っちゃった。でも兄ちゃんなら食べれるよね!」と自信タップリの表情で言うではありませんか。キツいよちょっと!(笑)まあ、ここはありがたく普通サイズで頂くことに。ものすっごいコクの苦味のデミソース。これは美味しい!そして支那そばのスープと交互に飲んでみる→雷キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!! とまでは行きませんでしたが、気持ちも判らんでもないウマさではありました。とりあえず苦しみながら完食。これはいい店に出会った。その他支店として王子神谷にも支店があります。おやっさんご馳走さま!【8点/川本】



「インディアン」
大田区西蒲田7-16-1
営業時間/11:00〜18:00
土曜祝日/11:00〜16:00
休み/日


最高級カレーライス/950円
支那そば/600円
焼豚そば/700円(2枚入り)800円(3枚入り)

支那そばと半カレー/1000円
支那そばとカレー/1150円  
Posted by ramenz at 04:21Comments(0)TrackBack(0)大田区 

2005年10月01日

216.石川家@東岩槻

24ccac88.jpg








ひさびさ登場のトクです。
故障した携帯も無事に復旧したこともあり、復帰祝いを兼ねて東岩槻にある石川家に行って参りました。地元の最寄駅からわずか2駅なのですが、定期範囲外だったので今まで行く機会がなかったんですよ。場所は東岩槻駅から徒歩1分という近さで、店に到着すると高校生の集団がすでに行列を作ってました。土曜の昼間ということでちょうど下校途中の時間帯だったみたいでしたが、学割サービス(制服・学生証で煮玉子サービス)をしていたのも学生が多い理由だったのではないかなと思います。
店内に入ると右手にコカコーラ社の自販機が設置してありその横に券売機があります。そして券売機の上と厨房にはラーメン王 石神氏の「ラーメン十ヶ条」が掲げられておりました。
味は家系ということもあり濃厚な豚骨醤油です。先日行った、まこと家の味に限りなく近いですね。サイドメニューにカレーライスがあったのもポイントです(笑

ちなみにあとでホームページみてたら大宮駅にも2店舗存在しているのを初めて知りました。機会があったら一度行ってみようと思います。【トク/7点】


「石川家」
埼玉県さいたま市岩槻区東岩槻1-9-15
営業時間/11:00〜22:00
日祝/11:00〜21:00
休み/月  
Posted by ramenz at 13:57Comments(0)TrackBack(0)埼玉 

2005年09月29日

215.田丸@目黒

tamaru2addf6b5.jpg













今日は午前中は市ヶ谷へ行っていたので、品川に戻る移動途中に目黒へ寄ってお昼を食べる事に。営業やってる人の気持ちがちょっと分かった気がしますた。なわけで前から行きたかった田丸へ。ここは温キャベツが入ったラーメンで有名です。あとチャーシュー。真昼間でちょうど自分一人待ち。店内で待っていいものかどうか分からなかったけど中で待つには客との距離がかなり近いので、プレッシャーになると思い自主的に外へ。店員が二人ともマスクをしてるのは衛生の為?それとも風邪?ではないとは思いますが二人とも忙しく働いておりました。オーダーしたのはチャーシューメン。(800円)どんぶりが他の客がオーダーしてるものと違う!て言うか何故にカレー皿?(笑)どんぶり切れかと思いましたがどうやらチャーシューメンのみこの器のようです。そうだったのか。同じ客を見て安心したよ。でてきたラーメンは雑誌等で見てきたものよりチャーシューの覆われっぷりがイマイチでしたが、それでもそこそこボリューム有り。味は野菜の甘みも感じられる醤油味。しかし食べづらいぞ(笑)。スープのしみこんだキャベツが旨い。肝心のチャーシューはややしょっぱめだったが柔らか過ぎずなかなかのもの。一気に完食しました。ここ目黒で愛され続けるだけありますね。次回は気になったワンタンメンにチャレンジ。【8点/川本】


「田丸」
目黒区下目黒1-5-20
営業時間/11:20〜21:00
休み/月


ラーメン/600円
ワンタン/600円
ラーメン大盛/750円
ワンタンメン/750円
チャーシューメン/800円
チャーシューメン大盛/900円
チャーシューワンタンメン/900円  
Posted by ramenz at 23:46Comments(0)TrackBack(0)目黒区 

2005年09月28日

214.じょんのび@市ヶ谷

bfd33433.jpg







会社近くに新店オープン!とは言っても9月にオフィス移転したので自分は今品川にいるんですけどね。訪問したのは8月。オープン前、開店工事中の店の前を通っては「まだオープンしてないのかよ」と、やきもきしたものでした。先にオープンした陽光がかなりイマイチ(特につけめん)だった分、なおさら期待は膨らみましたよ。ええ。じょんのびとは新潟の方言で「のんびりする」の意味だそうです。経営は7月に紹介した「てっぺん@飯田橋」と同じ会社です。てっぺんが熊本ならじょんのびは新潟ですか。次はどこの地方なんでしょ。カウンター囲いの内側に新潟の地名が貼ってあるのが面白いですね。長岡とか。「長岡、ラーメン入ります!」とか言うのだろうか(笑)かなり地元を意識していて好感が持てます。そしてようやく食べることができた写真のラーメン+味玉(750円)。ビジュアル的に期待させます。大きめのレンゲで飲むスープは軽く魚介の効かせたやさしい醤油味。インパクトこそはないもののほっとするラーメンですね。通常でもネギ多めだしチャーシューも厚めのものだったりコスト的にもかなりよいのでは。券売機にはつけめんがありましたが、開店当時はまだやってませんでした。(その後つけめんもメニューに追加)外の立て看板にも書いてあるように田舎の懐かしい味そのものだと思います。オグ氏の情報によると最近雑誌の東京1週間にてラーメンスペシャリスト、大崎氏のコラム内でじょんのびが紹介されたようです。気付かなかったけど2階で酒とか飲めるらしい。今は市ヶ谷を離れたのでなかなか来る機会はなくなりますが今後の活躍に期待しております。【8点/川本】



「じょんのび」
千代田区九段南4-7-17
営業時間/11:00〜23:00
休み/無休   
Posted by ramenz at 02:28Comments(0)TrackBack(0)千代田区 

2005年09月26日

213.一蘭@渋谷

38206a88.jpg







飲んだ後に訪問。あんまり覚えてないっすね〜。渋谷店は初めて。自分の一蘭デビューは福岡キャナルシティー店だったんですが、一つ一つの席の仕切りによる対ラーメン集中システムや、クドいぐらいこまかい味の指定など、あの時のインパクトは今でも印象に残ってます。最近は都内にも出し惜しみなく数店舗構えてますが、バランスのよい豚骨醤油ラーメンだと思います。しかし24時間年中無休って何気にスゴイね。10月に池袋店もオープンします。【7点】


「一蘭 渋谷神南1丁目店」
渋谷区神南1-22-7
営業時間/24時間
休み/年中無休
  
Posted by ramenz at 06:57Comments(0)TrackBack(0)渋谷区 

2005年09月25日

212.すみれ@池袋

misesumire








ラーメン博物館からすみれが撤退後、7/29池袋東武に堂々オープン!純連@高田馬場でしのぎを削っていた人もこれで安心?土曜の開店前でしたが既に20人待ち。味噌、醤油、塩とお約束のラインナップに迷ったあげくやっぱり味噌に。味はラー博で食べた時の印象が蘇ってきました。あのモツ煮っぽい味が(笑)。ラー博のすみれは水まで北海道から空輸する程のこだわりと聞いてたけど、池袋でも同じような事をやってるんだろうか。とりあえず値段はアレだけど、ラー博よりは確実に待たないだろうし、22:00迄営業してるのがポイント高いですね。味の維持は大変だけどこれからも頑張ってくださひ。【8点】



doncap








(写真左)すみれ明太子御飯(350円)
(写真右)オープンキャンペーンで配られていたカップラーメン。
ラーメンを食べたあと、そのままお湯をもらってカップラーメンを連食する人が多かったですね。(ウソ)



「すみれ」
豊島区西池袋1-1-25スパイス池袋東武12F
営業時間:11:00〜22:00
休み:東武といっしょ

味噌/900円
醤油/800円
塩/800円
すみれ明太子御飯/350円
テイクアウト用ラーメン(味噌、醤油、塩、昔風醤油)/577円
  
Posted by ramenz at 07:08Comments(0)TrackBack(0)豊島区 

2005年09月24日

おすすめブログ

ラーメンブログを徘徊中に発見しました。
なんと我らの愛する「くるり@市ヶ谷」店主のブログでございます。

・あのドロドロスープの謎
・お客さんが一口食べて帰っていった時の感想
・店内BGMはやっぱりsadeのアルバム
・バンド「くるり」とはまったく無関係

などなど、次々に明かされるくるりの真実。
最近の日記「食材へのコダワリ」は必見です。


【麺処くるり店主の独り言】  
Posted by ramenz at 21:53Comments(0)TrackBack(0)雑談 

2005年09月23日

211.頑者@本川越

ganja-miseganja









行って参りましたよ(つってもかなり前)埼玉最強のつけ麺屋「頑者」へ。川越から歩いて本川越まで行ったのですが、駅前の交番で「頑者ってどこですか?」と聞いたら「頑者はあそこの道を〜」と聞かれ慣れた教え方で、さすが地元の人気店と再認識しました。閉店間際の15時半を狙ったのにも関わらず10人以上の待ち。平日でこれなら土曜はかなりキツいだろうなー。待ってる間に注文を聞かれ迷わずつけめんをオーダー。しばらくして食べ終わった客が次々出てくるにも関わらず先頭の客は一向に店内に入る気配が無い。この時点でイラっとしていたのだが、実は店内の客が全ていなくなってから次の団体を入れる、と言う客総入れ替えシステムでございました。シネコンかよ。とツッコミを入れたくなりますが、これが客の回転が良くなるのか悪くなるのかはさっぱり分かりません。とりあえず着席。ロン毛で髭を蓄えた男前の店主が作ってます。ようやく出てきたつけめん。何度も雑誌等で見てる通りうどんのような太麺。そしてこれでもかと言う程にふりかけてある魚粉。とりあえず食べて麺のコシに驚く。これはすごいね。スープも実に俺好み。魚粉のせいか鰹の味がちょっとクドかったけど。そして事件はここで起きました。いつも通りスープ割りを頼んだら店主はシカト。あれ?聞こえてない?と思ってたら店主が俺を睨みつつ、割りスープをかったるそうに俺の前に置くではありませんか。カカカ、カチーン。まあ全部飲んだけど(笑)。あとで調べてみるとどうやらこの店主特有の態度らしいです。いかにウマいラーメン出せても接客も完璧じゃないと認めません。俺が妄想の中で構えるラーメン屋では絶対ありえない。でも地元の人間はこの味を誇りに思うんだろうな。色々考えさせられた一軒でした。【8点/川本】



「頑者」
埼玉県川越市新富町1-1-8
営業時間:11:30〜16:30
休み:日

ラーメン/650円
チャーシューメン/950円
つけめん/700円
つけめんチャーシュー/1000円
つけあつ/700円
辛つけめん/750円
大盛各100円増し
  
Posted by ramenz at 23:19Comments(0)TrackBack(0)埼玉 

2005年09月21日

210.麺家 玄武@池袋

玄武787c9552.jpg












ラーメン 650円

近くの無敵家や光麺の煽りもあるのにも関わらず2002年のオープンから今でも頑張ってます。やはり池袋で食べられる家系として貴重なのかも。今日は池袋二郎にしたかっけど着いたら23時過ぎだった為、玄武にしてみました。意外と初来店。店内は広いカウンター席でこの時間でも5人ほどお客さんがいました。とりあえず麺固めでオーダー。まあ、特に突出したとこのない普通の家系でしたが美味しくいただきました。その他トロ肉を使った玄武ラーメン等トッピングが割りと豊富です。あと備え付けにある「緑ニンニク」なる壺が置いてあるのですが、色がホントに緑でこちらはちょっと敬遠してしまいました。【7点/川本】



「玄武」
東京都豊島区南池袋1-17
営業時間:11:00〜翌1:00
休み:無休
  
Posted by ramenz at 16:55Comments(0)TrackBack(0)豊島区 

2005年09月20日

※写真追加 大喜@湯島

4e3240d6.jpg


大きな喜びと書いて
大喜と読む

それはもう読んで字の如く(゚д゚)ウマーでございます。

  
Posted by ramenz at 03:52Comments(0)TrackBack(0)文京区 

2005年09月18日

209.げんこつ屋@品川シーサイド

43001c28.jpg


「げんこつ屋 品川シーサイド店」
品川区東品川4-12-4
営業時間:11:00〜23:00
休み:無休








品川シーサイドにはここくらいしかラーメン屋が無い。選択肢がないのだ。これはラーメンバカにとっては非常にキツイ。ラーメンは至って特徴のない醤油味だったが、つけ麺が最高にマズかった。あまりのショックにもう2度と行かないかもしれない。品川シーサイドに中村屋とかオープンしないかなー。【2点/オグ】  
Posted by ramenz at 15:23Comments(0)TrackBack(0)品川区 

208.東麺房@八柱

a567ebe2.jpg

「東麺房 八柱店」
千葉県松戸市日暮6-32
営業時間:11:30〜15:00 17:00〜翌1:30
休み:第1、3水曜









地元のチェーン店。母親が餃子無料件があるからと言うので行って来ました。カクテキが食べ放題だった。至れり尽せりだった。【7点/オグ】  
Posted by ramenz at 15:19Comments(0)TrackBack(0)千葉 

207.佐とう@船橋らーめん情熱隊

90ac4a19.jpg















船橋のビビットスクエア内にある屋台の集合体が船橋らーめん情熱隊である。4店の店が売上を競い合うのだ。1000万円到達が一番遅い店が撤退となる、何とも厳しいシステム。店の前には売上が堂々と掲示されている。それを見て『佐とう』に決めた。売上トップだったからだ。【7点/オグ】

「佐とう」
千葉県船橋市浜町2-2-7ビビットスクエア2F
営業時間:10:00〜21:00
休み:無休
  
Posted by ramenz at 15:16Comments(0)TrackBack(0)千葉 

2005年09月15日

べんてん@高田馬場

21fc046c.jpg

中休みのお知らせです。  
Posted by ramenz at 16:15Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月31日

206.大黒家@松戸

05-07-31_21-08.jpg


「大黒屋本舗」
千葉県松戸市松戸1339
営業時間:11:00〜15:00 17:30〜20:30
休み:水





昼は『大勝軒』・夜は『二郎』へと味が切り替わる2つの顔を持ち合わせるラーメン屋、それが大黒屋@松戸です。今回は夜の訪問となりましたので、コッテリ二郎系のつけ麺を食しました。最近、この暑さもありつけ麺ばっか食べていたのですが、『べんてん』以来のヒットが無いのが悩みでした。何処も麺はそれなりに美味しいのですが、つけ汁が物足りないのです。

しかし『大黒屋』のつけ汁は魚介系アクセントの強い濃厚な香りが口に中に広がり、ちぢれ太麺との相性も抜群。個人的に『まるき』を抜いて松戸ナンバーワンの店となりました。次は昼に来て、大勝軒系の味を堪能するのが楽しみです。御馳走様也。【9点/オグ】  
Posted by ramenz at 21:45Comments(0)TrackBack(0)千葉 

205.晴れる屋@江ノ島

05-07-30.jpg


「晴れる屋」
神奈川県藤沢市片瀬海岸1-8-33
営業時間:11:30〜15:00 18:00〜21:00
休み:月





江ノ島電鉄『江ノ島駅』から徒歩7分。そんな立地条件でしょうか。皆で湘南の海で遊んだ後に行って来ました。自分がオーダーしたラーメンよりも後輩が食べていた1日20食限定の塩ラーメンが絶品だった。澄み切った塩スープにほうれんそうがやさしく絡む自然風味たっぷりのラーメンでした。次回、湘南再訪時が『晴れる家』の再訪となりそうです。御馳走様也。【8点/オグ】
  
Posted by ramenz at 20:58Comments(0)TrackBack(0)神奈川