2005年10月03日

218.麺舗 十六@要町

juroku050f4d06.jpg







要町から池袋へ向かい、住宅街のある路地を左折すると遠目からでも判る行列が見えてきます。「めんほ じゅうろく」と読むこの店名の由来は、確か野茂の背番号16から取ったはず。違ってたらスマン。土曜の14時頃来店。さすが人気店だけに12人待ち。ウワサに聞いた通りこれが実に回転が悪く、ようやく席に着けたのは約50分後でした。店員はプロレスラーの非道ちゃんに似た店主と、おっとりしすぎの奥さんの2人。つけそば+味玉子(600+100円)をオーダー。並んでいる時に事前に聞かれた麺の量は小(世間の並)、並(世間の倍)、並の多めからそれぞれ選べます。とりあえず麺はもちもちで最高。見た目がかなり黒いスープは実際そんなに濃くは感じられないが、見事な和風ダシ。なかなか熱々です。後半から唐辛子の辛さも加わり味の変化もあって非常に満足。人気があるのもうなずけます。そして本日も事件は起こりました。「ごちそうさま」と告げ、店を出て駅付近まで来たときに立ち止まり、「あれ?金払ったっけ?」と気づきました。うん、見事に払ってないね。店からだいぶ歩いて追っかけてこないとなればもう食い逃げOKって事?いやいや、いくら金に困ってるとは言え、私もラーメン好きの端くれ。ここは正直(当たり前だが)に代金を払いに行こうではないか。と言う事で、再度お店に向かいお金を払いました。奥さんが「悲しかったんですよ〜。払っていただきありがとうございます〜。」とここでもおっとりぶりを発揮。いや〜調子狂うけど奥さんかわいいね。最近、行くラーメン屋がことごとく食券制ばかりだったのでしばらく手渡しで支払ってなかったしな。気をつけねば。並ぶのはキツいけどそれ以上の価値はあるつけそばだと思います。【8点/川本】


「十六」
豊島区池袋3-6-8
営業時間/11:00〜16:00
休み/日祝

この記事へのトラックバックURL