2005年06月16日

ダヴィンチ・コード -The Da Vinci Code-

ダヴィンチ・コード基本データ
 製作国   アメリカ
 上映時間  未定
 全米初公開 2006年
 日本初公開 2006年

監督:ロン・ハワード
製作総指揮:トッド・ハロウェル
      ダン・ブラウン
原作:ダン・ブラウン
脚本:アキヴァ・ゴールズマン
音楽:ハンス・ジマー

出演:トム・ハンクス
   オドレイ・トトゥ
   イアン・マッケラン
   アルフレッド・モリナ
   ジャン・レノ

あらすじ
 閉館後の静寂に包まれたルーブル美術館で起きた殺人事件をきっかけに、明るみに出た不吉な筋書き。それは、キリストの時代以来、ある秘密結社により守られてきたベールをはがすものだった。殺人の被害者は、古くから連綿と続くその秘密結社の総長。彼は死の直前、不気味な暗号を犯行現場に残していた。その暗号を解くことができるのは、高名な象徴学者のロバート・ラングドン(トム・ハンクス)と、被害者の孫娘で著名な暗号解読者でもあるソフィー・ヌヴー(オドレイ・トトゥ)のみ。
 ふたりは事件の容疑者となる一方、ヌヴーの祖父の殺人事件のみならず、彼が守り続けてきた、古くから伝わる驚くべき秘密の謎をも調べ始める。警察当局と危険な競争者の追跡を間一髪ですり抜けながら、ヌヴーとラングドンは謎に導かれるまま、息つく間もなくフランスとイギリスを、そして歴史そのものを駆けめぐる…。

解説
  世界で大ベストセラーになった「ダヴィンチ・コード」の映画化です。主人公のふたりがモナリザの微笑みの意味から聖杯の秘密に至るまで、西洋文化の大いなる謎をめぐる知的かつ魅力的な探索に乗り出していく物語です。
 昔からモナリザはレオナルド・ダヴィンチの肖像画であるとか、聖杯は二つあるとか話題は尽きませんが、とうとう映画化になったと言えるでしょう。
 ついでに、イギリスのウエストミンスター寺院での撮影は物語の内容が不健全であるとして職員が撮影許可を出さなかったため、代わりにリンカン大聖堂で行われているようです。

関連
映画予告(英語)

2005年06月06日

チャーリーとチョコレート工場 -Charlie and The Chocolate Factory-

チャーリーとチョコレート工場基本データ
 製作国   アメリカ
 上映時間  106分
 全米初公開 2005年7月15日
 日本初公開 2005年夏

監督:ティム・バートン
製作:ブラッド・グレイ
   リチャード・D・ザナック
脚本:ジョン・アーガスト
   ジョン・アーガス
音楽:ダニー・エルフマン

出演:ジョニー・ディップ
   フレディ・ハイモア
   デヴィッド・ケリー
   アンナソフィア・ロブ

あらすじ
 巨大チョコレート工場の下で、窮屈そうに生活している貧乏な家族があった。その一員であるチャーリー・バケットはお金がないため、チョコレートが買えず、いつも買うのを夢見ていた。
 ある日、チョコレート工場の代表であるウィリー・ウォンカ(ジョニー・デップ)は世界中に売られているチョコレートの箱の5つだけに入ってる金のチケットが当たると、工場見学ができるキャンペーンを発表。
 運良くお金を手に入れたチャーリーはさっそくチョコレートを購入。すると金のチケットが…!こうしてチャーリーは4人のいたずらっ子と一緒に工場見学へと向かうのだが…。

解説
 「シザーハンド」「スリーピー・ホロウ」以来のティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演の作品です。最近のデップは「パイレーツ・オブ・カリビアン」や「レジェンド・オブ・メキシコ」などで三枚目の役柄を演じているのが印象的です。今回もファンタジー・コメディなので、かなり吹っ飛んだデップをお目にかけるかもしれません。なお、今年度はバートン監督、デップ主演の「Watch the trailer for Tim Burton's Corpse Bride」のクレイ映画も公開される予定です。

関連
映画予告(英語)

アイランド -The Island-

アイランド基本データ
 製作国   アメリカ
 上映時間  不明
 全米初公開 2005年07月22日
 日本初公開 2005年07月23日

監督:マイケル・ベイ
製作:ウォルター・F・パークス
   ローリー・マクドナルド
   イアン・ブライス
   マイケル・ベイ
脚本:カスピアン・トレッドウェル=オーウェン
   アレックス・カーツマン
   ロベルト・オーチ
   ロバート・カーツマン

出演:ユワン・マクレガー
   スカーレット・ヨハンソン
   ジャイモン・ハンスウ
   ショーン・ビーン
   スティーブ・ブシェーミ
   マイケル・クラーク・ダンカン
   ショウニー・スミス

あらすじ
 時は21世紀の中頃。
リンカーン・シックス-エコ(ユアン・マグレガー)は楽園とも思える施設の居住者である。完璧に制御された環境であり、惑星最後の非汚染地域なのである。
 そんなある日、リンカーンは偶然にも自分が偽者、つまりクローンであると知ってしまう。実はこの施設にいる住民全てが「スペア」なのであり、元の人間の適応者に身体を提供される、それが唯一の住民達が存在する目的であった。リンカーンは施設で知り合ったジョーダン・トゥー・デルタ(スカーレット・ヨハンソン)と一緒に施設の住民達とここからの脱出を企てようとする。しかし、クローン研究所からの追っ手がリンカーンたちを捕まえようしていた…。

解説
 「パール・ハーバー」「テキサス・チェーンソー」「バッドボーイズ競丱奪鼻廚離泪ぅ吋襦Ε戰ご篤頂酩覆任后ユアン・マグレガーとマイケル・ベイのタッグは初となります。前3作品は個人的にかなり評価が低いのですが、今回はショーン・ビーン、スティーブ・ブシェーミなど渋い俳優が多いので期待が持てそうです。

関連
映画予告(英語)【1】 【2】

2005年06月05日

ハリー・ポッターと炎のゴブレット -Harry Potter and The Goblet of Fire-

ハリー・ポッターと炎のゴブレット基本データ
製作国   アメリカ
上映時間  150分
全米初公開 2005年11月18日
日本初公開 2005年11月26日

監督:マイク・ニューウェル
製作: デヴィッド・ハイマン
製作総指揮: クリス・コロンバス
      デヴィッド・バロン
      マーク・ラドクリフ
      ターニャ・セガッチアン
原作:J・K・ローリング
脚本:スティーヴ・クローヴス
撮影:ロジャー・プラット
音楽:パトリック・ドイル
 
出演:ダニエル・ラドクリフ
   エマ・ワトソン
   ルパート・グリント
   マギー・スミス
   ロジャー・ロイド=パック
   アラン・リックマン
   デヴィッド・テナント
   クレマンス・ポエジー
   ケイティ・レオン
   ゲイリー・オールドマン

あらすじ
 14歳になったハリーは、初めてクィディッチ・ワールドカップを観戦。
しかし決勝戦のあと、恐ろしい事件が起こる。さらにホグワーツ魔法学校では100年ぶりに三大魔法学校対抗試合が開かれ、ハリーは選手に選ばれてしまう。
 ヴォルデモートが仕掛けた巧妙な罠が、ハリーを絶体絶命の危機に陥れる。しかも、いつも味方になってくれていた親友ロンに思いもかけない異変。次々に明かされるヴォルデモートの正体。そしてついに痛ましい犠牲者が…。

解説
 ハリー・ポッターシリーズ「賢者の石」「秘密の部屋」「カズカバンの囚人」に続いて第4作目の作品です。前作「ハズカバン〜」では少しホラー的要素を取り入れた事によってシリーズとしては新感覚な感じを受けましたが、今回はどうなのでしょうか?
 少し心配なのはハリー・ポッター役のダニエル・ラドクリフ以下、全子役がキャラクターよりもかなり年をくいつつありそうな感じです(笑)。

関連
映画予告(英語)

2005年06月03日

レジェンド・オブ・ゾロ(原題) -The Legend of Zorro-

レジェンド・オブ・ゾロ基本データ
 製作国 アメリカ
 上映時間  不明
 全米初公開 2005年10月23日
 日本初公開 未定

監督:マーチン・キャンベル
製作:スティーブン・スピルバーグ
   ウォルター・F・パークス
   ローリー・マクドナルド
脚本:アレックス・カーツマン
   ロベルト・オーシ

出演:アントニオ・バンデラス
   キャサリン・ゼタ・ジョーンズ
   ルーファス・シュウェル
   アンソニー・ホプキンス
   ニック・チンランド
   エイドリアン・アロンソ

あらすじ
 アレハンドロ:ゾロ(アントニオ・バンデラス)は妻のエリーナ(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)と息子のホアキンの家族と共にサンフランシスコで静かにくらしていた。そして10歳になるゾロの息子ホアキン(エイドリアン・アロンソ)は父親がゾロであるという秘密を全く知らない。
 そんなある日カリフォルニアの合衆国併合に軍隊が阻止しようとする。アレハンドロはゾロとなり軍隊との死闘が繰り広げられるのであるが…。

解説
 前作「マスク・オブ・ゾロ」から6年、とうとう続編が製作されました。今回もゾロと妻のエリーナ、それに息子のホアキンが大冒険を繰り広げます。前作は出来がかなり良かったので、前作品と今作品を比べてしまうと思うのですが、予告編を見る限りではなかなかいい線いっている(?)と思われます。
 今回のタイトルは「The Legend of Zorro」に決まったのですが、他にも「Zorro Unmasked」や「The Return Of Zorro」という案があったようです。最後におまけ。ゾロはスペイン語で「キツネ」らしい。

関連
映画予告(英語)

2005年05月31日

ミスター・アンド・ミセス・スミス(原題) -Mr. and Mrs. Smith-

ミスター・アンド・ミセス・スミス基本データ
 製作国 アメリカ
 上映時間  115分
 全米初公開 2005年06月10日
 日本初公開 未定

監督:ダグ・リーマン
製作:アルノン・ミルチャン
   ルーカス・フォスター
   アキバ・ゴールズマン
   エリック・マクロード
   パトリック・ワックスバーガー
   エリック・マクロード
脚本:サイモン・キンバーグ
   ジェズ・バターワース

出演:アンジェリーナ・ジョリー
   ブラッド・ピット
   アダム・ブロージ
   ビンス・ヴァウグン
   アンジェラ・バセット
   グレッグ・エリス


あらすじ
 スミス夫婦(ブラット・ピッド,アンジェリーナ・ジョリー)は静かな家庭生活にうんざりしていた。しかし、夫にも妻にも秘密があった…。お互いが世界を又にかけて、報酬のために人を殺す暗殺者なのだ。そしてお互いの標的が自分の配偶者となってしまう。自分たちの別々人生が衝突しはじめるのだが…。

解説
 ブラット・ピッドとアンジェリーナ・ジョリーが主演のアクション、ロマンス、スリラー(なげ〜)です。またまたジョリー出演ですが、最近精力的に活動しているのでしょうか。暗殺者同士の対決といえば、思い出すのがシルベスター・スタローンとアントニオ・バンデラスの「暗殺者」くらい。思ったほどありがちな映画というわけではないようです。(勝手に思っているわけですが。)

関連
映画予告(英語)

2005年05月25日

モンスター・イン・ロー(原題) -Monster-in-Law-

モンスター・イン・ロウ基本データ
 製作国 アメリカ
 上映時間  95分
 全米初公開 2005年06月13日
 日本初公開 未定

監督:ロバート・ルケティック
製作:ポーラ・ワインスタイン
   クリス・ベンダー
   J・C・スピンク
脚本:アンディ・コチョフ
   リチャード・ラグラベネシ

出演:ジェニファー・ロペス
   ジェーン・フォンダ
   マイケル・ヴァルタン
   ワンダ・サイクス
   モネ・マザー
   ウィル・アーネット
   アダム・スコット

あらすじ
 シャーロット(ジェニファー・ロペス)はとうとう理想の男性、ケビン・フィールズ博士(マイケル・ヴァルタン)に出会う。 しかし、シャーロットには彼の母親、ビオラ・フィールズ(ジェーン・フォンダ)という大きな問題があったのだ…。
 ビオラはスターニュース番組のアンカーマンをしているのだが、仕事が忙しく缶詰状態に。そのためケビンとの愛情が薄れてしまうのではないかと心配になってしまった。そして世界一悪い義母になってシャーロットとケビンの仲を壊してしまおうと決心する。ビオラの長年のアシスタント、ルーディ(ワンダ・サイクス)の力を借りて攻撃をしかけるのだが…。

解説
 2005年05月22日現在、全米公開中の映画で2位にあるジェニファー・ロペス主演のコメディーロマンスです。自分が知らないだけかもしれませんが、ジェニファー・ロペスがコメディーに出ている映画はあまり記憶にありません。最近公開した「Shall we Dance ?」くらいでしょうか。公開していないので見てはいませんが、さほど評価は高くないようです。

関連
映画予告(英語)

2005年04月22日

トリプルX :ステイト・オブ・ザ・ユニオン(原題) -XXX: State of the Union-

トリプルX :ステイツ・オブ・ユニオン基本データ
 製作国   アメリカ
 上映時間  94分
 全米初公開 2005年05月29日
 日本初公開 未定

監督:リー・タマホリ
製作:アーン・シュミット
   ニール・H・モリッツ
   アーン・L・シュミット
脚本:サイモン・キンバーグ

出演:アイス・キューブ
   サミュエル・L・ジャクソン
   スコット・スピードマン
   ピーター・ストラウス

あらすじ
 NSAエージェントのオーガスト・ギボンズ(サミュエル・L・ジャクソン)は刑務所に入れられていたダリアス・ストーン(アイス・キューブ)をエージェントとして向かい入れた。そんなある日、ジョージ・デッカート(ウィレム・デフォー)が軍事分離派を率いて米国政府を倒そうと計画しているのだ。それを察知したオーガストとダリアスは操作を開始するのだが・・・。

解説
 今作品はトリプルXの続編です。前回はヴィン・ディーゼルが主演でしたが、彼が降板したため、アイス・キューブが主演になっています。監督も前回はロブ・コーエンだったのですが、降板したためリー・タマホリになりました。
 前回はアウトロー的な存在だった主人公が、今回は捜査員として働いているようで少しおとなしくなったのかもしれません。

関連
 公式サイト(英語)
 映画予告(英語)

スター・ウォーズ: エピソード シスの復讐 -Star Wars: Episode III Revenge of the Sith-

スター・ウォーズ/シスの復讐基本データ
 製作国   アメリカ
 上映時間  不明
 全米初公開 2005年05月19日
 日本初公開 2005年07月09日

監督:ジョージ・ルーカス
製作: リック・マッカラム
脚本: ジョージ・ルーカス
助監督:ジェームス・マクティーブ
撮影:デヴィッド・タッターサル
音楽:ジョン・ウィリアムズ

出演:ユアン・マクレガー
   ヘイデン・クリステンセン
   ナタリー・ポートマン
   イアン・マクディアミッド
   サミュエル・L・ジャクソン
   クリストファー・リー
   アンソニー・ダニエルズ
   ケニー・ベイカー
   ピーター・メイヒュー
   フランク・オズ

あらすじ
 冷酷なシスの暗黒卿ドゥークー伯爵の襲撃をうけた銀河共和国は壊滅の危機に瀕していた。この戦争を勝利に導くことのできる英雄は、ジェダイ側にもシス側にもいる。しかし今、銀河世界のあちこちで悪がはびこっていた。
 悪魔のように冷酷かつ巧妙に設計されたドロイドの指導者グリーバス将軍は、驚くべき速さで銀河共和国の首都に忍び込み、パルパティーン最高議長を拉致してしまった。
 分離主義者たちのドロイド軍は、貴重な人質である最高議長を包囲された首都から連れ出そうとする。一方、2人のジェダイの騎士は議長を救出する必死の作戦を率いていたのだが・・・。

解説
 人気SF映画スター・ウォーズシリーズの最新作にして完結編となる今作品は、アナキン・スカイウォーカーがダース・ベイダーに変身していくその原因を物語としています。これで27年前に公開されたエピソード犬らやっと全物語がそろったことになります。
 ところで、以前ジョージ・ルーカスはエピソード修粘扱襪噺世辰討い泙靴燭製作が遅れたことや、インディ・ジョーンズシリーズの影響などでエピソード困粘扱襪砲覆辰燭箸いΔ錣韻任后

関連
 公式サイト
 映画予告
ramius at 22:19|この記事のURLComments(1)TrackBack(6)SF 

2005年04月21日

銀河ヒッチハイク・ガイド(原題) -The Hitchhiker's Guide to the Galaxy-

ザ・ヒッチハイカー基本データ
 製作国   アメリカ/イギリス
 上映時間  110分
 全米初公開 2005年4月19日
 日本初公開 未定

監督:ガース・ジョニングス
製作:ゲーリー・バーバー
   ロジャー・バーンボム
   ニック・ゴールドスミス
   ジェイ・ローチ
   ジョナサン・グリックマン
原作:ダグラス・アダムス


出演:マーチン・フリーマン
   モス・デフ
   サム・ロックウェル
   ゾーイ・デシャネル

あらすじ
 ある日突然地球は消滅した。誰も知らないうちに銀河バイパスの用地に指定されて立ち退き命令まで出ていたのだそうだ。たったひとり生き残ったのはサエない男アーサー。地球に住みついていたベテルギウス人フォードに助けられて宇宙ヒッチハイクをする破目になったのだが、まず出くわしたのは地球破壊の元凶ヴォゴン人の宇宙船だった・・・。

解説
 英国のSF作家ダグラス・アダムスの「銀河ヒッチハイク・ガイド」の映画化です。以前英国BBCでラジオドラマ、のちにテレビドラマとして放映していたらしいですが、詳細まではわかりません。
 さて、主演のマーチン・フリーマンですが、英国俳優なので聞きなれない名前かもしれませんが「ラブ・アクチュアリー」に出演していました。それと、モス・デフは英国HIPHOPファンならわかるかもしれません。映画にも近年よく出演していて「ショウタイム」「ミニミニ大作戦」などに出ています。

関連
公式ウェブサイト(英語)
映画予告(英語)

ザ・インタープリター -The Interpreter-

ザ・インタープリター基本データ
 製作国 アメリカ
 上映時間 90分
 全米初公開 2005年04月22日
 日本初公開 2005年05月21日

監督:シドニー・ポラック
製作:ケビン・ミシャー
   エリック・フェルナー
   ティム・ビーヴァン
脚本:スコット・フランク
   チャールズ・ランドルフ
   スティーブン・ザイリアン

出演:ニコール・キッドマン
   ショーン・ペン
   キャサリン・キーナー
   マックス・ミンゲラ
   ジェスパー・クリステンセン

あらすじ
 陰謀と策略は国連本部の中で起こった・・・!
 アフリカのマトボ共和国。独裁的な大統領ズワーニが治めるこの国では、民主化を目指す多くの活動家の命が無惨に奪われていた。マトボに生まれた女性シルヴィア・ブルーム(ニコール・キッドマン)は、現地のクー語の通訳として5年前からニューヨークの国連本部で働いていた。
 そんなある日、彼女は偶然にもズワーニ暗殺を計画する会話を立ち聞きしてしまったのだ。そして、彼女が知ってしまった事に相手が気づいてしまい、彼らはシルヴィアを暗殺しようと企てる。しかし、その事件にFBIが察知し、トビン・ケラー捜査官(ショーン・ペン)を派遣して彼女の警護にあたらせるのだが・・・。

解説
 「ピース・メーカー」に続く政治的な陰謀がメインの映画です。偶然か必然か、ピース・メーカーでも国連に触れましたが、今回は国連が舞台です。この映画で面白いところは撮影現場も本物の国連本部だということです。平日は通常業務のため週末に行ったのこと。そして国連本部で銃で撃たれるシーンは映画史上初。ついでにエキストラは国連本部職員が担当しているらしいです。

関連
 映画予告(英語)

2005年04月20日

ホワイト・ノイズ(原題) -White Noise-

ホワイト・ノイズ基本データ
 製作国   アメリカ
 上映時間  101分
 全米初公開 2005年1月7日
 日本初公開 未定

監督:ジェフリー・サックス
原作:ニール・ジョンソン
製作:ショーン・ウィリアムソン
   ポール・ブルックス
   サイモン・ブルックス
   スティーブン・ヘイグ
音楽:クロード・フォイジー

出演:マイケル・キートン
   デボラ・カーラ・ウンガー
   チャンドラ・ウエスト
   イアン・マクノイス

あらすじ
 およそ70億のオーディオとビデオが世界中の家々に存在している。それらはすべてあの世への入り口なのだ・・・。
 幸せな生活を送っていたジョナサン・リバース(マイケル・キートン)だったが妻アンナ(チャンドラ・ウエスト)の死によって、その幸せも消えてしまった。そんなある日、神秘的な男(イアン・マクノイス)がジョナサンにラジオとテレビの白色雑音を使ってあの世にいるアンナと白色雑音で交信する方法を教える。それによって彼は生きる望みを見つけることができたのだ。そしてジョナサンはアンナが発する短いメッセージの意味を解読して妻の居場所を解明しようとするのだが、その意味が徐々に解けるにつれてジョナサンの周りで不可解な現象が発生する・・・。

解説
 最近の「ザ・リング」「ジュオン(呪怨)」などの和製ホラーブームの流れからの作品だと考えています。雰囲気で言えば「シックス・センス」みたいなものだと思っていただければいいと思いますが、最近のハリウッドはどうも同じ趣向の映画ばかりで面白みがないのも否定できません。
 主演は最近あまり出てこないマイケル・キートンですが、作品はアメリカではあまり評価されていないようです。日本公開に関しては不明です。

関連
映画予告(英語)

2005年04月19日

バットマン ビギンズ -Batman Begins-

バットマン ビギンズ基本データ
 製作国 アメリカ
 初公開年月 2005/06/18

監督:クリストファー・ノーラン
キャラクター創造:ボブ・ケイン
脚本:クリストファー・ノーラン
デヴィッド・S・ゴイヤー
撮影:ウォーリー・フィスター
 
出演:クリスチャン・ベイル
   マイケル・ケイン
   リーアム・ニーソン
   モーガン・フリーマン
   ゲイリー・オールドマン
   渡辺謙
   ケイティ・ホームズ
   キリアン・マーフィ
   トム・ウィルキンソン
   ルトガー・ハウアー

あらすじ
 ブルース・ウェイン少年は富豪の両親が殺害されるのを目撃。そのトラウマのために少年は復讐の思いに取りつかれる。しかし、運命は残酷にも両親の死に報いるチャンスを彼から奪ってしまった。東へと逃げたブルース(クリスチャン・ベイル)は、危険だが尊敬すべき忍者のカルト・リーダー、ラーズ・アル・グール(渡辺謙)に相談を求めた。
ブルースは腐敗したゴッサム・シティへと戻った。そこでは犯罪組織やシステムを操ろうとする危険分子が蔓延していた。その間、ブルースが継承した会社、ウェインズ・インダストリーズは徐々に騙し取られようとしていた。装甲スーツの原型と共に、豪邸の地下に洞窟を発見したブルースは、間違ったことをする人間の心に恐怖を覚えさせる新しい人格を想定した。彼はバットマンとなったのだ!
 ブルースは変装してバットマンとなり、上げ潮の警官ジム・ゴードン(ゲイリー・オールドマン)の助けを得て、マフィアのドンのファルコーネ(トム・ウィルキンソン)やザ・スケアクロウ(キリアン・マーフィ)のような輩の様々な極悪な陰謀を潰していく…。

解説
 「バットマン ビギンズ」は「バットマン」「バットマン リターンズ」「バットマン フォーエバー」「バットマン&ロビン/Mr.フリーズの逆襲」に続いての第5作目です。今回はバットマンを「マシニスト」のクリスチャンベイルが演じています。今回は第1作目以前のバットマン誕生の物語です。
 やはり日本人としては渡辺謙に注目してしまいます。今回は脇役ですが、リーアム・ニーソン、モーガン・フリーマン、ゲイリー・オールドマンと大物俳優と並んでの出演なのでかなりの期待が持てそうです。

2005年04月18日

宇宙戦争 2005 -War of the Worlds-

宇宙戦争基本データ

製作国 アメリカ
初公開年月 2005/06/29

監督:スティーヴン・スピルバーグ
製作:キャスリーン・ケネディ
   コリン・ウィルソン
製作総指揮:ポーラ・ワグナー
原作:H・G・ウェルズ
脚本:デヴィッド・コープ
撮影:ヤヌス・カミンスキー
編集:マイケル・カーン
音楽:ジョン・ウィリアムズ
 
出演:トム・クルーズ
   ダコタ・ファニング
   ティム・ロビンス

あらすじ(予告)
 21世紀初頭において、人類よりも優れた知能を持つ者たちが我々の世界を監視していると誰が信じるだろうか?彼らはせっせと様々な事柄について観察し、研究している。限りなく傲慢になった人類は、世界中をあちこち行き来し、この世界全体を支配していると思い込んでいる。宇宙の彼方から、非常な知性を持つ冷たく無情な者達が我々の惑星を羨望の眼差しで眺めている。そしてゆっくりと確実に我々に対して画策しているのだ・・・。

感想

スティーブン・スピルバーグとトム・クルーズが「マイノリティ・リポート」に続いて再びコンビを組んだ作品です。予告編を見た限りは「インディペンデス・デイ」と似ているようですが、どんな風に仕上がっているのでしょうか?
感想は残念ながらかけません。

ramius at 21:57|この記事のURLComments(0)TrackBack(4)SF 

アンソニー・ホプキンス -Anthony Hopkins-

アンソニー・ホプキンス基本データ

生年月日 1937年12月31日
出身 英国 ウェールズ州 ポート・タルボット

 17才の時にYCMA主催のアマチュア演劇に参加し、芝居への情熱が芽生える。奨学金を得て2年間ウェールズ・カレッジ・オブ・ミュージック&ドラマに学んだ後、1958年に義務である軍事教練を受けるためイギリス陸軍に入隊し、2年間過ごす。

 1961年にロンドンのロイヤル・アカデミー・オブ・ドラマティック・アートのオーデションを受け、奨学金を得て1963年に全校で二番目の成績で卒業。1965年にオールド・ヴィック座の総監督だったサー・ローレンス・オリビエのオーデションを受け、2年後には、ストリンドバーグの「死の舞踏」でオリビエの代役をつとめるまでになる。

 映画デビューは獅子王リチャードを演じた1968年の「冬のライオン」。すぐにアメリカ映画にも進出、1991年の「羊たちの沈黙」でアカデミー主演男優賞に輝いた。バフタ賞の最優秀主演男優賞を受賞した「日の名残り」('93)や「アミスタッド』('97)でもアカデミー賞にノミネート。「永遠の愛に生きて』('93)では、アメリカとイギリスの各批評家協会賞を受賞。1995年「Augast」では、監督としてもデビューし、音楽も担当した。
1987年、大英帝国勲一等を受勲。1992年にはナイトの称号を得る。

受賞・ノミネート

1991 第64回アカデミー主演男優賞『羊たちの沈黙』 受賞
1993 第66回アカデミー主演男優賞『日の名残り』  ノミネート
1995 第68回アカデミー主演男優賞『ニクソン』   ノミネート
1997 第70回アカデミー助演男優賞『アミスタッド』 ノミネート

主な出演作品

1960 スパルタカス
1966 赤と白とゼロ
1967 パリの秘めごと
1968 冬のライオン
1969 ハムレット
   三人姉妹
1970 鏡の国の戦争
1971 八点鐘が鳴るとき
1972 戦争と冒険
1973 人形の家
1974 ジャガーノート
   衝撃の告発!QBセブン
1976 めまい ある愛の記憶
   エンテベの勝利
   リンドバーグ2世誘拐事件
1977 遠すぎた橋
   オードリー・ローズ
1978 マジック
   インターナショナル・ベルベット/緑園の天使
1980 エレファントマン
   LOVEシーズン
1981 オセロー
   ヒトラー最期の日
1982 ノートルダムの鐘つき男/報われぬ愛の物語
1984 バウンティ 愛と反乱の航海
   チャーリング・クロス街84番地
1985 ムッソリーニと私
   凱旋門
1988 青い夜明け
   浮気なシナリオ
   アクア・クラッシュ/時速480キロに散った男
   第十の男
1990 逃亡者
1991 羊たちの沈黙
   静かなる戦い
1992 ハワーズ・エンド
   フリージャック
   チャーリー
   ドラキュラ
1993 永遠の愛に生きて
   日の名残り
   愛の果てに
   トライアル 審判
1994 ケロッグ博士
   レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い
1995 ニクソン
1996 八月
   サバイビング・ピカソ
1997 ザ・ワイルド
   アミスタッド
1998 マスク・オブ・ゾロ
   ジョー・ブラックをよろしく
1999 ハーモニーベイの夜明け
   タイタス
2000 M:I-2 ミッション:インポッシブル−2
   グリンチ
2001 ハンニバル
   アトランティスのこころ
2002 9デイズ
   レッド・ドラゴン
2003 白いカラス

2005年04月15日

エクソシスト:ビギニング -Exorcist: The Beginning-


icon
icon

基本データ
 上映時間 114分
 製作国 アメリカ
 初公開年月 2004/10/16

監督:レニー・ハーリン
製作:ジェームズ・G・ロビンソン
原作:ウィリアム・ピーター・ブラッティ
原案:カレブ・カー
脚本:ウィリアム・ウィッシャー
   アレクシ・ホーリー
撮影:ヴィットリオ・ストラーロ
音楽:トレヴァー・ラビン 

出演:ステラン・スカルスガルド
   ジェームズ・ダーシー
   イザベラ・スコルプコ
   レミー・スウィーニー
   アンドリュー・フレンチ
   ジュリアン・ワダム

あらすじ
 第二次大戦末期。ランケスター・メリン神父は、生まれ故郷のオランダでナチスの残虐行為を目の当たりにし、神への信仰を見失ってしまう。オランダを離れ放浪の旅をしていたメリンはやがてアフリカに流れ着く。メリンはそこで古美術収集家の男と出会い、彼の依頼で教会遺跡の発掘を行なっているイギリスの考古学調査隊に加わることに。発掘現場でメリンは、理想に燃える若き神父フランシスやドクターのサラと出会い、さらには村の少年ジョセフとも心を通わせていく。しかし、やがてジョセフの周囲で奇怪な事件が頻発するようになるのだった・・・。

感想
 70年代に製作されて一躍オカルトブームになった「エクソシスト」の第4作目です。今回は1作目で悪魔パズズとの壮絶な死闘を繰り広げたメリン神父が、その25年前に体験した恐るべき悪魔との最初の戦いを描いています。
 もう4作目なので怖さはさほどありませんが、映像や音響で恐怖をかき立てるところはそれなりに完成度は高いです。

評価
★★★★☆☆☆☆☆☆

エクソシスト:ビギニングを購入
icon

2005年04月13日

エイリアンVSプレデター -Alien VS. Predator-


icon
icon

基本データ
 上映時間 100分
 製作国 アメリカ
 初公開年月 2004/12/18

監督:ポール・W・S・アンダーソン
製作:ジョン・デイヴィス
   ウォルター・ヒル
   ゴードン・キャロル
   デヴィッド・ガイラー
   ティエリー・ポトク
製作総指揮:ウィック・ゴッドフレイ
   トーマス・M・ハメル
   マイク・リチャードソン
クリーチャー原案:ダン・オバノン
   ロナルド・シャセット
   ジム・トーマス
   ジョン・トーマス
原案:ポール・W・S・アンダーソン
   ダン・オバノン
   ロナルド・シャセット
脚本:ポール・W・S・アンダーソン
撮影:デヴィッド・ジョンソン
   キース・パートリッジ
音楽:ハラルド・クローサー
VFXスーパーバイザー:ジョン・ブルーノ
 
出演: サナ・レイサン
ラウル・ボヴァ
ランス・ヘンリクセン
ユエン・ブレムナー
コリン・サーモン

あらすじ
 巨大企業ウェイランド社に謎の熱源が南極大陸の地下深くで発生しているという衛星データが送られてくる。この企業の経営者で億万長者のチャールズ・ビショップ・ウェイランドは現地調査を決断、さっそく環境問題専門家で女性冒険家のレックスら各分野の専門家を招集する。やがて問題の場所に辿り着いた調査団は、そこで巨大ピラミッドを発見。しかし調査を進める彼らは、その後恐るべき真実を知る。なんとそこは、プレデターが100年周期でクイーン・エイリアンに卵を産ませ、人間を生け贄にして育てたエイリアンたちと若いプレデターたちを戦わせる“成人の儀式”を行なう場所だったのだ…。

感想
 あのエイリアンとプレデターの夢の競演が実現したアクション・ホラーです。以前にもフレディVSジェイソンという映画がありましたが、どちらも今流行のリメイク映画の亜流いったところでしょうか。SFホラーとしてはホラーにありがちなモタモタ感もなく、いい線言っていると思います。

評価
★★★★★☆☆☆☆☆

エイリアンVSプレデターを購入
icon

2005年04月12日

ザ・ロック


icon
icon

基本データ
 上映時間 135分
 製作国 アメリカ
 初公開年月 1996/09

監督:マイケル・ベイ
製作:ドン・シンプソン
   ジェリー・ブラッカイマー
製作総指揮:ショーン・コネリー
脚本:デヴィッド・ワイズバーグ
   ダグラス・S・クック
   マーク・ロスナー
撮影:ジョン・シュワルツマン
音楽:ニック・グレニー=スミス
   ハンス・ジマー
 
出演:ニコラス・ケイジ
   ショーン・コネリー
   エド・ハリス
   マイケル・ビーン
   ウィリアム・フォーサイス
   デヴィッド・モース
   ジョン・スペンサー
   ジョン・C・マッギンレー

あらすじ
 戦死した兵士に敬意を払わない軍を腹に据えかねた古参のハメル准将は、忠実な部下を連れVXガス搭載のミサイルを盗みだし、アルカトラズ島に立て籠もる。人質は観光客81人、その上ミサイルの照準をサンフランシスコに合わせ、1億ドルの身代金を要求。FBI科学兵器処理班のグッドスピードは緊急招集を受け、アンダーソン隊長率いるSEALティームへの参加を命じられた。水先案内を務めるのは、かつて脱出不可能と言われたアルカトラズ刑務所(通称ロック)から、唯一人逃亡に成功した元英国諜報部員メイソン。一行は海中からロックの地下に潜入するが・・・。

感想
 ニコラス・ケイジ&ショーン・コネリー主演のアクション超大作です。内容はテンポが良くて飽きずに見続けるような感じです。久しぶりのマイケル・ビーンが好演技しています(笑)。

評価
★★★★★★★★☆☆

ザ・ロックを購入
icon

コラテラル


icon
icon

基本データ
 上映時間 120分
 製作国 アメリカ
 初公開年月 2004/10/30

監督:マイケル・マン
製作:マイケル・マン
   ジュリー・リチャードソン
製作総指揮:フランク・ダラボン
      ロブ・フリード
      ピーター・ジュリアーノ
      チャック・ラッセル
脚本:スチュアート・ビーティー
撮影:ディオン・ビーブ
   ポール・キャメロン
編集:ジム・ミラー
   ポール・ルベル
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
 
出演:トム・クルーズ
   ジェイミー・フォックス
   ジェイダ・ピンケット=スミス
   マーク・ラファロ
   ピーター・バーグ
   ブルース・マッギル
   イルマ・P・ホール
   バリー・シャバカ・ヘンリー
   ハビエル・バルデム
   ジェイソン・ステイサム

あらすじ
 タクシードライバーのマックスは、空港で拾ったヴィンセントと名乗るビジネスマンから多額のチップと引き替えに“一晩の専属運転手”を依頼される。しかし、ヴィンセントの最初の目的地で事件は起こった。彼がとある建物に消えてから数分後、マックスの頭上に死体が降ってきたのだ。驚きに言葉を失うマックスに、ヴィンセントは自分が組織に雇われた殺し屋であることを明かすのだが・・・。

感想
 トム・クルーズ初の悪役です。が、ヒーローぽいのが板についているせいか自分としてはさほど面白みがありませんでした。それでも静かな映画で落ち着いた感じは好きです。

評価
★★★★☆☆☆☆☆☆

コラテラルを購入
icon

2005年04月10日

ターミナル


icon
icon

基本データ
 上映時間 129分
 製作国 アメリカ
 初公開年月 2004/12/18

あらすじ
 ニューヨーク、JFK国際空港。この日、ビクター・ナボルスキーは、はるばる東ヨーロッパのクラコウジアという小国からある大事な約束を果たすためにやって来た。だが、いざ入国しようとした矢先、彼の国でクーデターが発生し、事実上国家が消滅してしまう。これによってパスポートが無効となった彼は、アメリカへの入国を拒否される。しかも情勢が安定するまでは帰国することもできず、空港内に完全に足止めされてしまう。英語も分からず通貨も持っていない彼は、やむを得ずこのターミナルの中で寝起きしながら事態が改善するのを待つのだったが・・・。

感想
 スティーヴン・スピルバーグとトム・ハンクスが三たび顔を合わせたヒューマン・ドラマです。ある約束を果たす機会を待ちわびながら周囲の人々とほのぼのとした交流を深めていく姿はとても印象的です。

評価
★★★★★★☆☆☆☆

ターミナルを購入
icon
Profile
ラミウス
全米初公開前の映画情報や管理人の好きな映画を掲載しています。
TrackBacks
緑園の天使 (DVDジャンル別リアルタイム価格情報)
アンソニー・ホプキンス -Anthony Hopkins-
Recent Comments