今、窓の外を見てみたら…

メチャ雪降ってるやん。。。 どうりで寒いと思ったわ

こちら関西方面でも、ここ数日は冷え込む日が続いておりますので、皆さんも

風邪などひかないようお気をつけくださいね。


さて、そんなクソ寒い日は温泉が一番と、フラフラと自転車を持って和歌山県は白浜まで

出かけてきたので、写真多目でサクッとその時の様子をw

水曜日の朝、相変わらずの重い二日酔いの頭を抱えながらBROMPTON2台と軽い荷物を

愛車にヨッコイショと積み込み
DSC00126_1 (1)
 
DSC00127_1

南へ向けて通称阪和道をひた走ります
28

実は私、まだ南紀田辺ICまでしか走ったことがなくて、2015年の7月に

近畿自動車道紀勢線が開通してからは初めて車で走ってみましたが…

いや~~、便利になったもんだわw

昔は和歌山県の白浜まで行くとなると、下道を含めてえっちらおっちらとだいたい

5時間ぐらいかかってたイメージなんですけど、今は一気に2時間ほどの

ストレスの無いドライブであっという間に到着。


このあたりのホテルは全体的に老舗というか、古いというか…

結構歴史のあるトコが多いのですが、私が泊まった白良荘グランドホテルも

そんな感じのホテルで、最近リニューアルしたとはいえ私が生まれる前から営業してるとかw
aea5b1d429c6c9d3d3d132f386e11310

まぁ、パッと見た感じはそんなに古臭いイメージは無いですけどね

とりあえずは車のキーをフロントに預け、駐車場に入れてもらったらチャリを降ろして
DSC00129_1

近くをウロウロしてみましょう
1486720278-picsay

まずは、朝家を出る時にコンビニでサンドイッチを食べたきりだったので

お腹が空いたなってことに… んで、何食べようかと一瞬悩むものの

せっかく和歌山に来たんやから、美味しい和歌山ラーメンのお店を検索してみる。

まぁまぁ好評だった まるまさラーメンさんへ突撃!

お店の場所が表通りからは、かなり入り組んだ所にあるし何より凄く小さなお店なので

ちょっと迷いながら到着。まぁ、こういうのがチャリを持っての旅のお気楽さですな。

車で来てたら、間違いなく分かりやすくて駐車場のある大きなお店にしか行かないもんね
DSC00139_1 (1)

なんか口コミランキング1位らしいですよ
DSC00140_1

色々あるメニューから、シンプルな和歌山ラーメンと餃子をチョイス
DSC00141_1 (1)
 
DSC00142_1

いわゆるコッテリ系が好きな人には、ちょっと物足らないかもしれませんけど

あっさりながらもしっかりした味付けの醤油とんこつスープが、やたら美味しくて

一気に最後まで食べられるラーメンでしたよ。

ついでで頼んだ餃子も予想外(失礼w)に美味かったし、接客のオバちゃん(失礼②w)も

メチャ親切で、もし近所にこの店があったら私は間違いなく通うレベル。

あまり期待してなかった観光地にあるラーメン屋に、いきなりいい意味で裏切られて

改めてのんびりポタのスタートです。 
DSC00146

白浜エネルギーランド
DSC00143 (1)
 
妙に入場料が高かったので、入らずスルーw

これ面白いね~~
DSC00144
 
メチャ小さいけど、ちゃんと温泉してましたよ
DSC00145 (1)
 
約20分ほど走って、吉野熊野国立公園 名勝三段壁
DSC00149
 
まぁ言ってしまえばただの崖ですw
DSC00163 (1)

DSC00164 (1)

そして、名前のように三段になってるわけでもなく 高さ50m - 60mに及ぶ柱状節理の大岩壁で

おもいっきり断崖
絶壁です。あ、三段壁って名前は

の群れ(との説もある)を見つけるための監視場(見段・みだん)があり、これが転じて三段壁(みだんべき・見段壁→みだんぺき→さんだんべき・三段壁)と呼ばれる様になったという説が有力である。   Wikipediaより

ってことらしいですよ。

相変わらず絶景だけど怖いね、ここは
DSC00150 (1)
 
DSC00151
 
こんな恐ろしい場所から身を投げる人が後を絶たないとか、自殺を決意した方って

きっとそういう恐怖とかの感情が無くなっちゃってるんでしょうね。。。
DSC00148 (1)

口紅の碑
DSC00153 (1)

DSC00154 (1)

1950年6月10日、許されぬ結婚と病苦から岩に「白浜の海は、今日も荒れている」と口紅で書き遺し、生まれ変わって一緒になることを誓い合って若い男女が青い海に身を投じた。口紅で書き遺された文字は二人の思いが成就するようにと、友人が翌年の同じ日に岩に刻みこんだといわれている。二人とその友人の想いには、恋愛成就の意が込められていることからか、カップルや夫婦で触れるといつまでも一緒に幸せになれるという噂や、好きな人と一緒に触れると両想いになれるという噂もある。

とても悲しいエピソードです。。。 

さらに奥へ進んで見る
DSC00155 (1)
 
DSC00157
 
DSC00158 (1)
 
ここから見える海はメチャ綺麗やけどね…
DSC00162 (1)

戻ってチャリでさらにウロウロ徘徊…

お? いい感じの道発見
DSC00168

DSC00169

そして、前回来た時も寄ったお店で休憩w
DSC00170 (1)

で、さっきラーメン食べたばっかなのにさらに食う(笑)
DSC00171

DSC00172 (1)

DSC00174 (1)

DSC00175 (1)

サザエうっまっ!!
DSC00176 (1)
 
食べたら、来た道をちょい戻って、同じく吉野熊野国立公園 名勝千畳敷へ
DSC00181
 
こちらは読んで字のごとく、畳を千畳敷けるほど広いということから付いた名前。

まさに「そのまんまやんけっ!」って感じですな(笑)
DSC00198 (1)

DSC00199 (1)

日本夕陽百選に選ばれるほど、ここの夕陽は綺麗らしいので一度見てみたいんですけどね…

今回は別の場所で夕陽を見る予定なので、またの機会に。。。


打ち寄せる波の侵食だけで、こういう形になったんだとか
DSC00186 (1)

なんか不思議な感じですね~~
DSC00187 (1)

DSC00184 (1)

DSC00182 (1)

あと、もう一つ不思議なことが。。。
DSC00189 (1)

ホントにバカやね… 一体こんなトコに名前彫って何の意味があるというのか。。。
DSC00191 (1)

なんやこれ、暗号か?
DSC00190 (1)

民度が疑われるから、ホントこういうのは辞めようね
 


ここはもんの凄い爆風で、立ってるだけで飛ばされそうです
 
波もヤバいわ…
DSC00192
 
あんなのに連れて行かれたらと思うと、ゾッとしますね
DSC00194 (1)
 
DSC00195
 
DSC00197 (1)

うう~~~、寒い…

とっとと戻るか。。。

って…





あ、あほやw
1486720367-picsay

1486720328-picsay

DSC00178 (1)

う~~ん…



さあ、先を急ぎましょうw

あまりに寒いので、途中の足湯で一服
DSC00202

DSC00203 (1)

あ~暖かい
DSC00204
 
生き返るね!
DSC00205
 
ただし、あまりに快適過ぎて今度はここを出るタイミングが、なかなか掴めないという罠w

変なオブジェ発見
DSC00207
 
ウダウダとあっちこっち見ながら、のんびりと進んでいきます
DSC00210

DSC00209

へ~~、白良浜って今、ライトアップもやってるんや!
DSC00211

あとで見に来てみようっと


さてさて…

これからこの日、一番のイベントへ向かいます



ってことで、長くなったので続きは明日以降に。。。








ブログランキングに参加中です

次回記事更新のモチベーションに直結してますので

お帰りの際は下のバナーをクリックお願い致します
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村