こちら大阪では、今日の最高気温は20度を超えるんだとか

もう自転車乗ったりしたら、朝からちょっと暑い。。。
50

家を出る時に、一瞬着るものに悩んだものの結局、前日と同じものを着て出発。

朝から汗だくになる、学習しないヘッポコオヤジw


さて

そんなヘッポコオヤジの私、年甲斐もなくデジタルガジェット系が大好物であります。

PC関連はもちろんのこと、スマホにタブレットや日常使用品までなんやかんやと

買って弄っては遊んでますが、このスマートウォッチ関係もその一つ。
0ad44fd7

現在はGARMINの2台を所有
ed48dd16

左からvivoactive J vivoactive HR
e2f8dfa6

それぞれ買ったのは3年前と2年前かな?

機能的にはかなり満足してて、特にあとで購入したvivoactive HRの方は

自転車に乗る人には万能なので私的には、かなりオススメできます。


ただね

普段遣いのが欲しいなと、訳の分からん理由を強引に付けて改めて新しく発注w

Amazonさんヤマトさん、いつもホントにありがとう
01

内容物
42

あ、こっちは画面保護フィルムなので紹介は割愛
54

こっちが本命。MobvoiのTicwach E君です
05

2016年グッドデザイン賞受賞 米Amazon売り上げランキング1位という

なかなかのスマートウォッチらしいです。


って…

こんなん誰もスマートウォッチが入ってる入れ物やと思わんぞ!

なんか飴ちゃんが入ってるカンカンみたいな感じですなw

とりえず開封
50

簡単な説明書と充電ケーブルに本体と、わかり易すぎる構成
19

チンケな説明書ですが、もちろん日本語記載もありそれなりにちゃんとしてます
42

マットブラックの躯体は、なかなか渋くてかっこ良くて◯
46


まずはいつものようにフル充電の儀式。

あ、この手のマグネット式の充電器はパチンとハマる感触が気持ち良いので好きです。
02

36

てか、スッゲー充電早い! あっという間に100%になったので電源オン
01

Android端末では見慣れたGoogle文字からの起動画面

そして、各種設定スタート
50

いろいろ言語が選べるけど、もちろん私は日本人なので日本語を選択
03

15

この初期設定を面倒くさいという人もいるみたいですけど、私は新しいのを買ったってことで

結構ワクワクするので、この時間は大好きです(笑)
28

最新のAndroidWear2.0搭載なので、母艦となるスマホ側もそれぞれのアプリを

インストールして準備していきます
38 58

当然ウォッチ専用のアプリもブチこんで、ブルートゥースでのペアリングも完了
1522472430-picsay 26

なかなか見やすいAndroidWear2.0の画面
48

57

各種設定も好みに合わせて弄っていきましょう
55

04

11

で、まずは大きさ比較
52

他のGARMIN端末に比べたら、機能てんこ盛りなのでまぁまぁ大きく見えるね

でも丸型の画面は腕時計らしくていい感じ
12

当然ウォッチフェースは、好きなのをダウンロードして変更可能
21

ブルートゥース経由じゃなくてWi-Fiで直接ウォッチ単体でダウンロード出来るのが

地味に便利でありがたい

35 

んで…

ちょっと色々試してみたけど、このOLEDと呼ばれる解像度400×400の1.4インチ液晶

さすがに有機ELだけあって、画像がとんでもなくキレイですね
54

特にこういうアナログ時計を表示すると分かりやすい
56

う、美しい…

暗い場所でも全然余裕の鮮明さ
49

ブルートゥースでもWi-Fiでも繋がって最新AndroidWear2.0搭載。

心拍計とかGPS、歩数計等の一般的なスマートウォッチの機能でもあるものなんかは

当たり前に装備。さらにはLINEやTwitter、Facebookといった各種SNS閲覧&返信

(音声と文字入力に対応)。音楽再生と動画再生、さらには、普通に電話として音声通話も

余裕でこなすとんでもない実力を持ってるのに。。。


価格はなんと、驚きの2万円切りとか!!


GARMINのほぼ半分ちょいの値段ですよ (゚Д゚≡゚д゚)エッ!?


ね? こいつって、コスパモンスターでしょ??(笑)




次回記事ではもっと、この新しいオモチャでいろいろと遊んでみます







ブログランキングに参加中です

次回記事更新のモチベーションに直結してますので

お帰りの際は下のバナーをクリックお願い致します
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村