2005年12月10日

今日の野ブタ。

「落ちた修二にからむ蒼井かすみ」
これが、もっと尾を引くのかと思ったら、意外とあっさり終わりましたね。

まり子はやっぱりいいコだ!
非の打ち所がない。
修二に振られたことも、嘘をつかれるよりはいいと。
傷ついて相手を恨むよりも、常に前を見て、先に行こうとしている。
まり子が、信子の友達になるのは無理なのかな…

それにしても…
「女王の教室」の時もそうだったけど、
『どんなに他人に酷い仕打ちをしても、“死”をちらつかせて逆切れすれば、許される』
みたいな感じがして、嫌だなぁ。


トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 野ブタ。をプロデュース☆第9話  [ ぽいぽいぽぽいぽい・⌒ ヾ(*´ー`) ]   2005年12月11日 23:20
もう物語も大詰め☆☆ 少し寂しく思った野ブタ。をプロデュース第9話(=゚ω゚)ノ 今回のタイトルは【別れても友達】 タイトルもちょっぴり寂しめですね(´・ω・`) いつも通り箇条書き+αで感想書きました。
2. 野ブタ。をプロデュース 第9話 心友  [ 文才がなくても描けるドラマ脚本術 ]   2005年12月13日 03:45
アロハ♪GOです! 人は試すもんじゃないよ。育てるもんだよ。愛を持って!                         by 彰 オレ、ドラマ好きなんだなあ。 とくに、??野ブタ。??みたいなドラマに出逢うと 心底、ドラマつくりて??。てなカンジ! どん...
3. 野ブタを。プロデュースPRIDUCE9「別れても友達」  [ 私でもいいですか?新館 ]   2005年12月13日 05:23
修二(亀梨和也)は彰(山下智久)と信子(堀北真希)を屋上に連れ出し、 「何?」彰が言う。 修二はぶたの人形を信子と彰に渡す。 「チリのお見上げ。」 「足、三本しかないよ。 
4. 日本テレビ「野ブタ。をプロデュース」第9話:別れても友達  [ 伊達でございます! ]   2005年12月13日 08:25
嫌がらせの犯人が蒼井であることが明らかになったものの、蒼井は信子にとっての唯一の友だち。修二は、信子を傷つけまいと、真実を伝えることをためらいます。
5. 『野ブタ。をプロデュース』第9回感想  [ つれづれなる・・・日記? ]   2005年12月13日 22:52
ごめんなさい。自分が馬鹿だから理解できないだけなのかも。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
profile
蘭 (ら ん)
堂本光一至上主義
この気持ちに揺るぎ無し
Recent Comments
メールフォームはこちら




KOICHI
光一&薔薇
Archives



livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)