pechikaNHKの「プロフェッショナル」という番組で、リクエストが多かった3名の、放送では流せなかった内容をスペシャルとして放送した番組があり、将棋の羽生さん、主題歌を歌っているスガシカオ、そして、山本製作所蠅離撻譽奪肇好函璽屐ペチカ禅」をデザインした奥山さんの貴重なコメントが放送されました。

奥山さんのコメントをまとめてみましたので下記にご紹介します。





●エンツォ・フェラーリ
・時速350kmでも宙に浮かない→とても難しい。
・同じことをやっても、寸分かわらぬデザインになるはず。→そこまで追い込んだデザイン。
→究極の美は機能から生まれる。
●機能と美しさはどちらが重要か?
・立場上、美しさが重要といいたいところだが、本当の美しさは、機能があってこそ本当の美しさがある。
・一つの機能に対してたくさんのアプローチがあり、その中で最も美しいものを追求している。
●ハンディキャップは不利ではなく有利
・他人と違うこというのは不利ではなく、有利なことである。
→「他人と違うことを自分の特徴、特技、長所とし、それを伸ばし他人からのアドバンテージを構築していく。
●良いものを作るには、ある程度の「衝突」は必要
・自分の一部をえぐり出すようにしてだしたデザインを否定されると、当然面白くない。
・が、いろいろな視点から議論しぶつかり合うことで、さらに良いものを生み出すことが可能となる。
●イタリア人と日本人のバランス感覚の決定的な違い
・言ってはいけないラインを持ちながら、ギリギリのところで行ったり来たりの議論をする。決して爆発し決裂はしない。その手前でコーヒーブレイクなど一呼吸入れる等、日本人にはないバランス感覚を持っている。
→ローマ帝国時代から培われた文化だと思われる。
・日本人は言ってはいけないラインを感情に任せて飛び越えて相手にぶつけてしまい、後で後悔し、以前よりも気まずい関係になってしまう。バランス感覚が悪い。
●自分のスゴサを見せ付ける
・言葉だけでは付いてこない。週に2回ほど、デザイン画の枚数を見せ付けたりして、自分の「スゴサ」で圧倒する。
・自分は切り込み隊長。自分の姿を見て付いて来いというタイプ
●コミュニケーションが最も大切
・言いたいことの1/3、1/4も伝わらない。
・4倍の言葉を話す。
・とにかく話すことが大切。
●恥を捨てる
・小さな恥をたくさんかいたモノ勝ち。
・大きな恥をかかないために、小さい恥をたくさんかく。
・人はそんなに見ていない。
●日本人の良さ
・「切捨て」の美学を文化、伝統的として持っている。
・禅の世界。
・シンプルな考え方、モノが世界的な流れになっている。
・アメリカ人にはわからない。
・シンプルで美しいものは人に愛され永く残る。
・美しくないものは作ってはいけない。

ペレットストーブ「ペチカ禅」は奥山さんがデザインを手がけた芸術品です。
まさに日本の良さを形にした一品です