2007年01月18日

ライブドアショックから1年が経過・・・。

あのライブドアショックから早いもので、というより随分前のことのように感じるが1年が経過した。思えばあれから新興市場は大幅に調整し、ここにきてようやく落ち着いてきたような気がする。多くの投資家が昨年は市場から退場を余儀なくされただろうがようやく投資家心理も癒えてきたということだろうか!?

ところで保有株はというと未だ割安状態にあるかと思うが最悪期は脱したような気もする。今年は昨年の調整分をカバーしてもらいたいものだ。

それにしても自民党の日銀に対する圧力は半端ではない。金利上昇による国債の負担増を懸念した牽制だったのだろうか!?自民党幹部の牽制がなければ日銀は利上げをしていたのでは・・・!?結局消費に若干の陰りがあるとの理由で利上げは見送られたわけだが、これでまた来月以降金利上昇懸念が勃発しポートフォリオの中心でもある不動産流動化株が軟調になるのだろうか。せっかくマーケットは利上げによる悪材料を織り込んでいたのに・・・。

ただそのおかげでかなり円が売られている。現在ドル=121.30円でドルベースで運用しているSUPERFUNDとインド・チャイナが恩恵を受けている。

今後の日本経済指数は要注目だが、市場はいい加減は利上げ懸念を織り込んでいるだろう、と思いたい。そして昨年はライブドアショックから調整したが、今年はこれから新興企業が上昇基調に乗ってくれればいいのだが・・・。そういえば主力の2337アセットマネジャーズも1/10に上方修正・増配を発表していた。にもかかわらず株価は軟調だったが業績は順調そうだし・・・。これから、これから・・・、と願う。

ranchestrgy at 21:48│Comments(0)TrackBack(0)clip!日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔