ワンピースネタバレ 予想 確定 感想

ワンピースネタバレ 予想 確定 感想

ルフィたちを探しているのは王子たちだけではないんですよね~




ルフィたちを探しているのは王子たちだけではないんですよね~。それは分かっていたけど、もうこんな比較まで来ていたとは・・・って衝撃的な感じΣ( ̄□ ̄)!
何か ね、ワンピース第609話で分かるんですがハモンドたちがもう来ているんですよ・・・Σ( ̄□ ̄)!
この人魚たちがいる場所のすぐ近くに。
そして、王子たちがルフィたちを探しに来たその場にもいて、最初は人魚たちの言葉通り、ルフィたちはここにはいないって判断して去っていこうとしてたみたいなんですが、サンジがついに我慢しきれずにすっごい量の鼻血を噴出してしまって・・・Σ( ̄□ ̄)!
それで、慌てたルフィたちが表に出てしまって、王子たちに存在がばれてしまうんですよね。

で、当然、ハモンドたちにも存在がバレてしまうわけなんですが・・・。
ハモンドたちとしても、下手に王国の戦士たちに手を出せないっていうことなんですよね。そ れに何か理由はあるのか?って感じですが、それだけ王国の戦士たちが強いってこと?それとも国相手には戦争を起こすとかいざこざを起こすとかっていうのは避けたいっていうこと?
でもだとしたら何で?って感じですけど。(;´д`)

一体どんな理由があって、いざこざを避けているのか?って感じですが。
一応、ハモンドたちっていうか、ハモンドたちのお頭としても王国は敵ではないっていう風に判断しているんでしょうか?どうなんでしょうか?(゜ロ゜;
何か、王国の警備隊といざこざを起こすこと自体がマズイのか、ルフィたちはそこまでして狙うほどの相手ではないって思っているのか・・・どっちなんでしょ?
まぁ、流れを見ていけばいいだけなんだと 思いますが。

それよりも、まずはサンジがヤバイのでそれをどうにかしないといけないですよね。
ただね。それも一筋縄ではいかないみたいなんですよね(-_-;)

秋水




ゾロの文句なしの勝ち方・・・!いや~、
気分がいいですね♪ゾロファンとしては、
それにしても・・・今回のゾロの技、
すごいですね~・・・。

何かね、
“飛龍火焔”っていう技はすごいんですね。


何がすごいって、
食らったリューマの体が何と斬り口から発火してしまうんです!!
さすがのリューマも、
これには体が耐えることができない様子なんですが・・・。


こういうことだったんですね~。



何か、
466話での最初なんてここまでの経過が分からないから、
まさかゾロが技繰り出してリューマを斬った後にその勢いで下に落下したなんてことなんてさぁ~、
分からないじゃないですか?
負けたんだと思ってたから、
この詳しい内容が見られて本当に安心したわぁ~・・・☆
負けたんじゃなくて、
勝利してからの落下だったんですね~。


っていうか、
最初から最後まで、
無傷で居て欲しかったのに、
敵に傷を食らわせられなかったのに自分で落ちてちょっとしたかすり傷程度だとしても傷を負うって・・・ちょっと悲しいんだけど~・・・。


勿体無いって感じなんだよね~(;´д`)

ただ、
これでもうリューマもゾロとの戦いにおいて自分の敗北を認めたみたいで、
発火する体を止めることなく、
そのままゾロに刀を渡すわけです。


何か、
こういうところは本当にリューマも一本筋が取った侍なんだなぁって思うんだよね~・・・。


こういうところは尊敬に値するかなって思います。


生きている頃は本当に立派な侍だったんだろうなって。


体も昔のままだったら・・・どうだろ、
ゾロは勝てたのかな?って。

勝って欲しいって気持ちはあるんだけども、
それでも、
ここまで短時間で勝つことはできたのかな?って感じなんだよね・・・。


今よりも更に強かったんだと思うんだよね・・・。


生身のリューマとゾロの戦い。

もう決して見ることはできない戦いなんだけど、
見てみたかったなって思います。





ゾロとの戦いにおいて、
自分の敗北を潔く認めたリューマ。


ゾロが最初に言っていたリューマの屍の隣に落ちている刀を奪うって言葉通りにはならないんだけども、
それでもリューマもさすが侍。


ゾロに使われるのであれば、
秋水も本望でしょうと、
素直に刀を受け渡すんですね~・・・。


リューマがゾロに向かって落とした刀をゾロはしっかりと受け取っている姿を見て、
466話でもブルックが言っていた自分と戦っているときにはリューマは全く本気じゃなかったって言葉が出てくるわけです。



時間としては結局5分程度の戦いになったわけなので、
大して長い戦いではなかったですが、
分かる人には分かる、
すごい試合だったってことなんですね!
まぁ剣士でもないただの読者の私が見ても結構興奮するすごい戦いだったと思いますけどね!

ゾロも、
最後まで侍としてのリューマへの敬意を忘れずに“リューマが生きた時代に会いたかった”っていう言葉を贈るんだけど、
言葉数が少なくても的確に自分の言いたいこと、
思っていること、
そして相手への賞賛の言葉をきちんと伝える事に関しては、
本当にゾロは優れているなって思います・・・。


もう既に亡くなっているはずのリューマとの戦い。


中に入って死体を動かしていたのはあくまでもブルックの影ってことで、
ゾロはこの戦いの勝敗をなかったことにしようぜなんてカッコイイセリフまで言っちゃって・・・☆
こういうゾロが私は大好きなんですね~(≧∀≦)
ま、
刀はきっちりもらっていますが、
あくまでもこの勝負はリューマとの本当の戦いではないですからね!

ワンピース第531話で





下へ下へと降りていきたいルフィは

何故か上へと登ってしまっています・・・(^_^;)
元々方向音痴(ゾロよりはマシ?)な上に

ここは迷路のような監獄ってことで

完全に迷子になっている様子ですが

ここでピンチに陥ってしまいます(;´д`)
何かね

階段の丈夫に看守?が現れて

何人もが一斉にルフィに対して海楼石の網を放ってくるんですよ(;´д`)
辛くもそれを避けたルフィでしたが

後ろには何とスフィンクスがいたみたいで・・・何と

このスフィンクスに押さえ込まれてしまいます(;´д`)
絶体絶命のピンチ!って何か短いコマ数でとんでもなく忙しい展開になっているんだけど・・・このルフィのピンチをある人物が救ってくれるんです!
バギーでもMr.3でもない

ルフィを助けてくれたのは・・・何と懐かしいボンちゃん!!(≧∀≦)ってさっき出てましたけどね~・・・
(;´д`)
それがさぁ~

もうね

見事な攻撃でルフィを助けてくれるんだけど

出てきた最初の顔がボンちゃんではなくて

ゾロなんですよ。


(((・・;)
最初はゾロが出てきたので

ゾロ好きな私としてもルフィと同じくええ??って思ったんだけど

ゾロが囚人服なんて着ているわけないし・・・あぁ

ボンちゃんかってすぐに分かったんだけど・・・。


私もルフィと同じようにゾロじゃなくてすっげーがっかりしたけど

ボンちゃんも好きだからまた間髪入れず興奮したタイプですね(((^_^;)

バギーとMr.3がいなくなっちゃって

ちょっとルフィ劣勢かな?って思ったんだけど

そんなことはないかもね☆
バギーとMr.3と違って

ボンちゃんなら友情があるから

ルフィとの間に♪
だから

しっかりルフィを助けてくれるんじゃないかな?って期待しています♪(≧∀≦)
ブログランキング
  • SEOブログパーツ
巻き爪の治療
  • ライブドアブログ