卵巣がん名医のいる病院

卵巣がん名医のいる病院の探し方

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)〜癌克服への挑戦〜

卵巣がん名医を探すために婦人科の情報を探そうとしている方にとって、最初にして最大の関門となるのは、どのような方法を取るかということでしょう。不適切な方法では、信頼できる専門医を見つけることはできません。

これまでに大きな病気の経験をしたことのない方にとって、病院選びなど不慣れなことですし、卵巣がんの名医についての情報など無縁であったのが当然のことです。婦人科だって子宮筋腫になった経験等がない限り、馴染みのないものでしょう。

それだけに、いざ卵巣がんの名医を必要とする状況になっても、何から手を付けたらよいかがわからないという方も少なくないでしょう。時間をかけている間にも症状は末期に近づいたり、他の臓器へ転移したりすることもありますので、あまり試行錯誤している時間もありません。

「癌の名医の探し方」では、病院選びの方法をはじめ、闘病生活に必要な情報が詳しく紹介されていますので、きっと治療の助けになってくれるでしょう。ネット上には様々な情報が濫立しているのが現状ですが、その中でも信頼できる情報です。

婦人科の評判を1から集める方法もありますが、医療関係の仕事をしている方でもない限り、まったく関わりのない分野であるため、卵巣がんの名医にたどり着くのがいつになるか分からなくなってしまいます。時間に余裕がないことを考えると、あまりお勧めできる方法ではありません。

闘病記を活用する方法もあるのですが、この場合に問題なのは、著者である患者さんの個人的な体験に基づく情報が多くなってしまい、客観的な情報が少なくなってしまいます。卵巣がんの名医がいる婦人科の病院を探す場合、これまでの治療実績を客観的に評価することが欠かせません。

ある患者さんの症状が改善したからといって、それが専門医の実力を正確に反映しているとは限りません。容易に手術や抗がん剤によって改善できる初期症状の場合もありますので、卵巣がんの名医ではなくても、十分に治療可能な場合もあり、専門医の実力を判定する材料としては不足している感がいなめません。

どのような情報でも採用してよいわけではなく、厳選した信頼できるものだけを抽出する必要があります。間違った情報に躍らされたために、健康や命を危険にさらすようなことはあってはなりません。だからこそ、本当に多くの卵巣がん治療に携わってきた婦人科の名医を見つけることが望まれるのです。

ボディケアインナーショップ 青山KEA工房 雑誌掲載
乳がん・子宮がん・卵巣がんの術後の下着、インナー、ブレストフォーム、人工乳房、弾性ストッキング、 ... 2007/8 名医の図解【よくわかる乳がん治療】 主婦と生活社 ... 2005/11 株式会社法研 子宮がん・卵巣がん全書 ...

名医の子宮ガン治療
名医に子宮ガン治療を受けることで、生存率が上がり完治の可能性は高まります ... それにしても、乳がんや卵巣がん、あるいは子宮筋腫などと同様に、女性特有の病気というのはデリケートな問題を含んでいます。 ...

全国の名医 リストアップ
各医療分野の名医といわれるスペシャリストを会員の皆様にご紹介いたします。 症状別のカテゴリー分類を下記にてリンクしておりますので、直接お問い合わせください。 ... 女性特有のがん【子宮がん・卵巣がん】 特殊ながん【頭頸部がん】 特殊ながん【脳腫瘍】 ...

卵巣ガン名医ランキング
卵巣ガン名医がどの病院にいるかというのは、患者にとっては最大の関心事の一つでしょう。 ... 卵巣がん名医ランキングを参考にして、自分にとって最高の結果を出せる闘病生活を送りたいものです。 ... 31人の卵巣癌名医. 病気の告知を受けて、世界は一変しました。 ...

がん患者のあきらめない診察室==がんの治療情報==
印象に残ったカルテ <症例1:卵巣がんステージ4(50歳代女性)> 卵巣がんの標準的治療法であるTJ療法(カルボプラチン+タキソール)を 某がん拠点病院で施行。 ... 注)ちなみにこの主治医はマスコミ等にも良く登場している名医と呼ばれる一人です。 ...


癌の名医の探し方は最新の治療情報や、良い病院・名医を見つけるための情報、通常療法では救われない患者さんでも完全治癒した高度先進医療の情報などを網羅した電子書籍です。

「癌」と診断されたとき、冷静でいられる人は少ないと思います。しかし「癌」を克服するためにはまず慌てないこと、そして信頼できる病院・医師のもとで最善の治療をうけることです。多くの医師や研究者、そして患者さんの闘いの中で、「癌」の治療法も日々進化しています。それらの治療法には、こんな治癒例があることをご存じでしょうか?

卵巣癌、腹膜播腫、肺転移、骨転移、リンパ節転移で手術不能の状態の患者さんからPET-CTでも全く見つからないほど、癌が消失したという治療法。現代医学では、これといった治療法がないとされる、悪性胸膜中皮腫で、癌専門病院、大学病院とたらい回しにされ、悪化の一途だった患者さんが奇跡とも言える回復をみせた治療法。

病院・医師を選ぶのは患者自身だということは当然ですが、治療法を選ぶのもまた患者さんやその家族です。そして一般的ではない、高度先進医療に指定されている治療法などは、患者さんの方から希望しないと、医師からはなかなかすすめてもらえないのが実情です。だからこそ、癌や、その治療法について患者側でよく知ることが大切なのです。

そして、癌と診断されたとき、最初の治療を受ける前が一番重要です。なぜなら、大抵の医師は、手術可能であれば、手術をすすめるでしょう。それが一般的に、一番確実な治療法だと考えられるからです。しかし、患者さんのその後の生活を考え、患者さんがどのように生きたいかが大切なのではないでしょうか。

例えば、乳がんの場合、乳房を温存できるならば、多くの女性はその方法を選ぶだろうし、咽頭がんの場合は声を失いたくないと思うのが人情です。他に方法があることがわかっても、手術で失くしてしまってからでは遅すぎます。

また、厚生労働省の高度先進医療に指定されている「重粒子線治療」は、通常の放射線治療を受けてしまうと受けられなくなってしまいます。あらゆる治療法を知り、セカンドオピニオンをうけ、充分納得した上で後悔しない治療を受けてください。

最初が肝腎といいましたが、途中で修正することも可能です。どんな状況でもあきらめないこと、そうすれば道はひらけます。

私は30年間、身内の癌患者とともに「癌」と闘い、その治療法の進化を見てきました。私の経験と、集めた情報を、同じような境遇の方に役立てて欲しい、そして今、確信していること、それをあなたにも伝えたい。「癌は克服できる」と。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)〜癌克服への挑戦〜