トップページ  >  パソコン  >  積極的な「時短」をするために役立つExcelのショートカットキーTOP10

積極的な「時短」をするために役立つExcelのショートカットキーTOP10

2012 年 1 月 29 日 9 時 41 分  パソコン
■マスターすればマウスいらずに
 事務作業や書類作成に欠かせない表計算ソフト「エクセル」。他の多くのソフトと同じくエクセルにも、面倒くさい操作を省いて指示を実行してくれるショートカットがたくさん設定されています。

第1位
名称未設定-2
「Ctrl」+「Space」
 第1位は、その列全体を選択する「Ctrl」+「Space」。指定したセルの上下すべてのセルを選択してくれるので、数値を入力していく作業には欠かせないショートカットです。


第2位
名称未設定-2
「Shift」+「Space」
 つづく第2位には、その行全体を選択する「Shift」+「Space」。第1位の「Ctrl」+「Space」と合わせて使いたいですね。


第3位
名称未設定-2
「Ctrl」+「Y」
 第3位には、「Ctrl」+「Y」もランクインしています。直前の作業を繰り返すだけでなく、「Ctrl」+「Z」で元に戻した操作をもう一度実行するという機能もあり、エクセルをよく利用する人はぜひ覚えておきたいショートカットです。


第4位
「Ctrl」+「D」
 第4位となった上のセルをコピーする「Ctrl」+「D」は、左のセルをコピーする「Ctrl」+「R」と一緒に覚えておくといいですね!


第5位
「Ctrl」+「;」
今日の日付を入力。


第6位
「Ctrl」+「+」
セルを挿入。


第7位
「Ctrl」+「Page Up/Page Down」
ワークシート間の移動。


第8位
「Shift」+「F2」
コメントを入力する。


第9位
「Ctrl」+「Home」
そのシートのA1のセルへ移動。


第10位
「Ctrl」+「Shift」+「5」
書式をパーセントにする。


 このように、非常に多くの操作がショートカットで実行できるんですね。みなさんも、自分のエクセルの利用法に適したショートカットを探してみてください。

 きっと、作業の効率が大幅にアップするはずですよ!
F2を押そうとしてうっかりF1を押す→アシスタント登場がうざい
28名無しさん@2ちゃんねる
2011/04/01(金) 02:55:45.63 ID:rOnPmueH0
エクセルって極めるとすんげーことまでできるよな。何に使うのかはしらんけど
25名無しさん@2ちゃんねる
2011/04/01(金) 02:52:38.50 ID:Fgp924id0


参考:インストラクターのネタ帳
http://www.relief.jp/itnote/archives/000099.php


Ctrl Alt Shift 他のキー 機能
Ctrl     0 列を非表示にする
(テンキー不可)
Ctrl   Shift 0 非表示の列を再表示
(テンキー不可)
Ctrl     1 [書式設定]ダイアログの表示
(テンキー不可)
Ctrl     2 [太字]の設定・解除
(テンキー不可)
Ctrl     3 [斜体]の設定・解除
(テンキー不可)
Ctrl     4 [下線]の設定・解除
(テンキー不可)
Ctrl     5 取り消し線の設定・解除
(テンキー不可)
Ctrl     8 アウトライン記号の表示・非表示
(テンキー不可)
Ctrl     9 行を非表示にする
(テンキー不可)
Ctrl   Shift 9 非表示の行を再表示
(テンキー不可)
Ctrl     A 全て選択
Ctrl     B [太字]の設定・解除
Ctrl     C [コピー]の実行
Ctrl     D 上のセルのコピー&貼り付け
Ctrl     F [検索(と置換)]ダイアログの表示
Ctrl     G [ジャンプ]ダイアログの表示
Ctrl     H (検索と)置換]ダイアログの表示
Ctrl     I [斜体]の設定・解除
Ctrl     K [ハイパーリンクの挿入]ダイアログの表示
Ctrl     N ブックの新規作成
Ctrl     O [ファイルを開く]ダイアログの表示
Ctrl     P [印刷]ダイアログの表示
Ctrl     R 左のセルのコピー&貼り付け
Ctrl     S [上書き保存]の実行
Ctrl     U [下線]の設定・解除
Ctrl     V [貼り付け]の実行
Ctrl     W [閉じる]の実行
Ctrl     X [切り取り]の実行
Ctrl     Y 直前の操作の繰り返し
Ctrl     Z 直前の操作を元に戻す
  Alt Shift ' [スタイル]ダイアログの表示
(シングルクオーテーション)
Ctrl     - セル・行・列の削除
  Alt Shift = SUM関数を挿入
Ctrl   Shift !(1) [桁区切り]スタイルを設定
Ctrl   Shift #(3) [日付]スタイルを設定
Ctrl   Shift $(4) [通貨]スタイルを設定
Ctrl   Shift %(5) [パーセント]スタイルを設定
Ctrl   Shift &(6) [外枠]罫線を設定
Ctrl   Shift * データが入力されている範囲を選択
(テンキーの[*]なら[Shift]不要)
Ctrl     : 現在の時刻を入力
(コロン)
Ctrl     ; 今日の日付を入力
(セミコロン)
Ctrl     @ [時刻]スタイルを設定
Ctrl   ^ 指数書式を設定
Ctrl   Shift ~ 標準書式を設定
Ctrl   Shift _ 罫線の削除
Ctrl   Shift + セル・行・列の挿入
(テンキーの[+]なら[Shift]不要)
Ctrl     BackSpace アクティブセルの表示
Ctrl     End 最後のセルにジャンプ
Ctrl   Shift End アクティブセルから最後のセルまで選択
Ctrl     Enter 複数セルに同じデータの入力
Ctrl     Home 先頭のセルにジャンプ
Ctrl     PageDown 次のシートを表示
Ctrl     PageUp 前のシートを表示
Ctrl     スペース 列を選択
    Shift スペース 行を選択
Ctrl     ↑↓←→ データの途切れるセルにジャンプ
Ctrl   Shift ↑↓←→ データの途切れるセルまで選択
  Alt   リストの表示
      F1 ヘルプ・Officeアシスタントの表示
    Shift F1 ポップヒントの表示
  Alt   F1 新規グラフシートへグラフの作成
      F2 編集モードへの切り替え
    Shift F2 コメントの挿入
Ctrl     F3 [名前の定義]ダイアログの表示
      F4 相対・絶対・複合参照の切り替え
  Alt   F4 Excelの終了
      F5 [ジャンプ]ダイアログの表示
      F7 [スペルチェック]の実行
      F8 拡張モードへの切り替え
    Shift F8 ADOモードへの切り替え
  Alt   F8 [マクロ]ダイアログの表示
      F9 開いているブックの再計算を実行
    Shift F9 アクティブワークシートの再計算を実行
Ctrl     F10 子ウィンドウの最大化←→解除
      F11 新規グラフシートへグラフの作成
    Shift F11 新規シートの挿入
  Alt   F11 Visual Basic Editorの起動
      F12 [名前を付けて保存]ダイアログの表示
    Shift F12 [上書き保存]の実行
Ctrl     F12 [ファイルを開く]ダイアログの表示
999名無しさん@2ちゃんねる
2012/01/29(日) 06:42:59.50 ID:Mamiya


このエントリーをはてなブックマークに追加



Add to Google

Subscribe with livedoor Reader