道仮免2回目
周りの方に話を聞いたら4回5回は当たり前。10回受けて1回受かるくらいの難易度。
教習所出ている方が受けたらまず間違いなく全滅。おそらく試験官さえ落ちるとのこと。
うわぁ、自信なくなってきた
曲がり方を完璧にしたつもりで次の試験に挑みました。
あと、前回の反省点で指定速度50キロの部分がちょっと遅かった。
あそこは45キロくらいまで出ていたらOK。超過すると減点になるので。
そのときに試験官が見るメーターを見てはいけません。脇見運転で減点となります。
カーブを曲がりながらブレーキを踏むと減点です。
私の前に乗っていた方の減点ポイントだったんですが、カーブで斜線の取り方がアウトインアウトとなっていたとのこと。
基本的に常に左の白線から50〜100センチくらいの間隔をキープして走行しなければいけないらしい。
今回も一見スムーズかと思い順調にクリアしました。

気をつけたところは坂道発進。
坂道で止まったら発信前に左右を目視、スムーズに発進(止まる時間が長すぎたら減点)。
坂道の頂上付近では背伸びをし、向こう側を見る。そして徐行しながら下る。
降りたところはすぐに交差点なので必ず左右を確認する。よし完璧!

さて結果は・・・・・・・またもや不合格orz

今回の不合格の原因は
 ・カーブでの速度が速い。
 ・交差点での徐行が十分すぎる(スムーズでない)
とのことでした。

なるほど、ごもっとも。
交差点はですね、見通しが良くて安全を確認、それから止まるに越したことはないんですが、実際に公道でそれをやってしまうと円滑な交通ができないとのこと。
確かに今回は慎重になりすぎていました。交差点という交差点はすべて徐行していました。
「それが駄目だとは言わないけど、周りからしたらスムーズじゃない」と。
あと、曲がるときの速度。
運転者は座席に固定され、ハンドルも持っているから気がつかないかも知れないけど、結構早く回りすぎて助手席に乗っている者からしたら体が傾いてしまうとのこと。
なるほど。
曲がるときは歩いているくらいの速度で曲がらなければ行けないらしい。
ある方の体験記に書いていたんですが、「水を張ったコップを乗せて水がこぼれないくらい」くらいの速度が理想的らしい。頭文字Dかい(^▽^;)
まぁ、試験官にGを与えるなと言うことです。
あとは細かい点でウィンカーが少し遅い。ということでした。
あれだけ練習したけれどまだ遅いってか。
今回は40点でした。あと30点足りないですが前回からしたらかなりの進歩です。
次回頑張ります。

つづく...