dさて、本免技能1回目です。

本免技能は聞くところによると仮免技能よりは遙かに簡単だとか。
ただし、かなり運に左右されるところもあるらしいです。
信号の黄色→赤の変わり目に交差点にさしかかったときの判断、歩行者、自転車を追い抜く時の判断、
特に、歩行者、自転車を追い抜く時の少しの車線変更の時もウィンカーを出した方がいいらしいです。そんなところでウィンカー出してる車はまずいませんが。
周りの交通状況は刻々と変わっています。この状況に応じた運転が必要になるわけ。
一番アウトになるのが歩行者保護だと聞きました。
歩行者のそばを通るときは必ず安全な感覚を空ける、安全な感覚があけるのが困難な場合は止まりそうな速度まで徐行して通過。
横断歩道で待っている歩行者がいるときは周りの交通の流れなんか考えずに必ず停車

試験はこんな感じです。
1.指定コース内を走行(試験官のナビがあり)
2.出発地点からゴールまで任意の道を走行(試験官のナビなし)
3.試験場内で縦列駐車、方向転換

くじ引きでコースと試験場内の縦列駐車か方向転換を決めました。
方向転換左右どちらかと縦列駐車の3択です。
できれば縦列注射は苦手なので当たってほしくないと願っていました

結構たくさん受けておられていましたが初回は私だけでした。
あと、外国人の方が多くおられました

...で、くじ引きですが見事縦列駐車を引いちゃいました
初回受ける方は最初に簡単な説明があります。
コース間違いは減点対象にならないそうです。
方向音痴、土地勘のないわたしにとってはとてもありがたかったです。

3人1組になって車に乗り、コースまで試験官が運転します。
この間ですが、さすが試験官の運転する車、とても参考になります。
この運転をしていれば合格間違いなしなのだと思ってよく見ていました。
まぁ試験官の方もいつもこんな運転はしていないだろうなと思いましたが

わたしの番は1番最後
まずは綺麗な女性がトライ
その女性は最後までは走りましたが「おちたな」とわたしも思いました。
まず、乗車前の扉をいきなりバンと閉める。これ、たぶん減点なんじゃないかな
扉は閉める手前で一度止めて安全を確認し、その後閉めるが正しいような。
それから、出発のウィンカーを出して延々と後続車が抜かしていくのを待つ。
個人的にはミラーで後続車がいないようになって出発可能な時点でハザード解除、出発の合図、安全確認、出発の方がいいような。
減点項目に入っているかはわかりませんが。
そして、障害物があるにもかかわらずウィンカーを出さない箇所が何カ所か。
まぁ次がんばってください

次は外国人の方。
この方は途中で終わり
右折の時に青矢印進行方向内進行可能で行けるにもかかわらず発進しませんでした。
見落としがちですね。なんか最後でよかった。

さて私の番。
発進完璧、交差点安全確認完璧、特に危険だったところなし。
道間違うかな?って心配していた課題走行は信号の数だけ覚えていました。
「2つめ右、次右、次左でゴール」というように。
途中、道路工事で「徐行」の看板が。

で、心配していた縦列駐車です。
2名はすでに不合格になっていたのでここまで点数の残っているわたしだけ試験を受けることに。
縦列駐車をする前はよく車の前方を止める方と逆側に振る人がいますが、あれ駄目です。
車体をまっすぐに止めてハザードを付ける、バック、ゆっくり後退、車体が全て入ったらハザード解除、ハンドブレーキ
なんと一発成功
「完了しました。」と言うと試験官が車から降りてはみ出しチェック
なんか"あら"を探し回ってるような気がしましたが。
問題なかったので試験終了
会心のできでした。

同乗者の外国人の方からは「スゴイデスネ、イッパツゴウカクマチガイナシデス」なんて言われました。
わたしも不合格になるような要素が見あたらなかったので「合格」を確信。

さて結果は......「不合格」orz

試験官:「いや〜惜しかったねぇ、実に惜しい、慎重に走りすぎです。50キロ表示のところがあったでしょ?そこは40そこそこしか出てなかったのでもうちょっと出した方がいい。」
「あと、工事のところ、あそこは徐行せずに減速でいい。公安が出している標識と道路工事業者の標識を区別してください。」
「しかし、要所要所を押さえた運転はとてもよかったよ」

点数ですが65点。あと5点足らず。
.......なんか、無理矢理落としてませんかね。

やはり一発で合格ってのは難しいんでしょうかね。