昨年11月からチャレンジオリジナルスタイルからチャレンジタッチに変更していたが、7月号からオリジナルスタイルに戻すことにした。当時小学1年生の娘と小学6年生の息子、チャレンジタッチ良い感じで進んでいたのが、娘が2年生になり行き詰まってしまった。1年生の頃はがんばりもんだいまで全て終わっていたのだが、2年生になり、ばっちりもんだいがやっとになってしまった。先月はばっちりもんだいすら終わらないかと思った。

その原因が2年生になり国語も算数も難しくなったこと。漢字は何度書いても「おしい!ここが違うよ」とコラショから言われ〇がなかなかもらえなかった。「羽」の漢字は5回以上書いても〇がもらえなかった。そうなってくると娘もやる気をなくし止めてしまう。。この止める…というのがタッチの方は良くないなと思った。最後まで終わらないと、次回する時に最初からになってしまう。最後までやったら間違えたところだけなど出来るのだが、途中で止めると次回始める時その続きから…というのが出来ないのだ。この点オリジナルテキストの方が良いなと思った。算数も2年生になると難しく、難しいと娘は眠たくなって後1問…という時寝てしまったこと何度もある。そのような時私は空欄のまま答え合わせのボタンを押して、間違えたことにして進めて終わるようにしていた。そうしないとまた初めから…になってしまうので。

結局チャレンジタッチの方は1年も続かずオリジナルスタイルに戻ることにした。1年生の勉強はさほど難しくないのでチャレンジタッチでも良いかなとも思った。しかし2年生は漢字が急に難しくなり算数の文章問題も難しくなり「意味が分からない!」とよく言ってくるようになった。

お兄ちゃんの方は全然問題なかった。まあ6年生だったのでペンの使い方も上手で漢字が難しいのも慣れていたのだと思う。性格もあるだろうが、タッチは高学年向きだな思った。

先月変更手続きの電話をしたら7月号からオリジナルスタイルに戻せた。昨日、2年生になって初めてのオリジナルスタイルだったので宅配便で送られて来た。それを見た娘は大喜び。

170620-1
久しぶりの付録だったので早速開けて設定を一緒にした。中を見てみるともう手元にあるものもたくさん入っていた。

170620-2
漢字辞典は4月に既にもらっている。九九表ももらっていたが、今回また入っていた。たぶん今月からチャレンジを始める人と同じ内容になっているのではないだろうか。ちなみにうちは1年生の漢字辞典も2冊ある。オリジナルスタイルからチャレンジタッチに変えた時、また漢字辞典が届いたので。

また丸付けの毎日が始まるが、娘はオリジナルスタイルがまだ良いなと思った。朝からもこの中央に写っているペンで虫の声を聞いてから学校へ行った。テキストの黄色いペンのマークのところにペンでタッチすると虫の声が聞けるのだ。チャレンジの付録、本当よく出来ているよ。

追伸。
チャレンジオリジナルスタイルに変更しても追加料金は不要。
今手元にあるチャレンジタッチは保管しておいてくださいと言われた。またチャレンジタッチに戻りたくなった時に使えるように保管しておいて下さいと言われた。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ