【セットリスト】

Rosetta
幻想カタルシス
ハンマーヘッド
記憶の固執 〜融けゆく時間〜
プリンセス アカデミー
秘蜜のデザート
LOVE DRAGOON
バラ
シリウス
限りなき夢 限りある春 闇を彩り 満ち欠ける月
マゾヒスト
快感∞フィクション
Justice
99番目の夜
ロマンス

少年の翼
Melody
Chaos

FOR BEAUTIFUL MAD HUMAN LIFE



楽しかったー
予定とはちょっと違った楽しかったーなライブだったー


特にここ10年くらいのペニさんはツアー本数もそれほど多くなく、
あまり細々と地方を回るバンドでもないので(この辺だと岡山くらい)
昔から長いことファンやってる割にはあまりライブには行けていないのです。

だから新曲以上に昔の曲聴けた時の興奮がハンパないっっ!!

ニューアルバムのツアーなのにねw
ニューアルバムのツアーなのに、新曲そっちのけで旧曲に興奮しっぱなしでしたわ〜
22年も活動していて歴史も曲数も相当あるのに、
その中からあえて昔のクソ古い曲とか選んで、新曲に交えてくるのが凄いし、
そこがPENICILLINのライブの楽しいところだと思う。

更に今日のHAKUEIのヴィジュアルがもうなんか90年代のヴィジュアル系そのもので。
メイクから逆毛の立て方から衣装から、もう俺ら世代の香りしかしないww
昔のヴィジュアル系のステレオタイプといったような、いわゆる魔女風の黒服系のヴィジュアルね。

そんなんでリアルに90年代の曲とか演られるから・・・

もう・・・・・ もう・・・・・

辛抱たまりませんことよーっ!!!

古くせぇーっ!!
眉毛の形も口紅も、モデルしてるブランドとの契約とかあるんか知らんけど
その服もまた黒くて古くせぇーっ!!

だがそれがいい。
それが様になるのはHAKUEIだからこそ。


千聖は、寒い(平常運転)。

でも千聖のギターは熱い。テクい。もう今更だけど。
色んな奏法見せてくれて、見た目、音共に派手で熱苦しくて、
どれだけ暴れれば気が済むんだよ!って思うくらい存在感がでかい。ボリュームもクソでかい。


た  ま  ら  ん 。


逆にOちゃんとHIROKIさんは、やってること(譜面)は荒々しいのに
プレーはクールでしっかりと全体を支えるようにこなして、こっちはこっちでカッコ良すぎる。
HIROKIさんちょっとベース上手過ぎんよ〜
こう、今回みたいな新旧織り交ざったセトリだと、
GISHOさん時代のベースと、現在のベースとのフレーズの違い等がよく表れて見れて面白いね。


それにしても今回見ての通り、マイナー曲まで動員しての超攻撃的なセトリだった!
「Justice」や「FOR BEAUTIFUL MAD HUMAN LIFE」はまだいいとして、
「マゾヒスト」とか「ハンマーヘッド」とかね・・・ヤベェわ!熱すぎるわ!
一番マニアックすぎて一瞬何の曲か思い出せなかったのは「バラ」だけど。
しかも、何が熱いって、昔の曲であればあるほど現在のスキルとアレンジで、
ライブで爆音で聴いた時の衝撃が凄いってことだよね。
こんなに「マゾヒスト」をカッコイイと思ったことは人生今まで無かったわw
あと「LOVE DRAGOON」ね!「Melody」程とまではいかないけど(Melodyは永遠のNo.1です)、
PENICILLIN全曲の中でも上位に食い込むくらい好きな曲なので、もうホント素晴らしい。
ニューアルバムのツアーなのにオールドアルバムからの選曲が素晴らしい。
ポップな曲なんて、アルバム新曲であるはずの
「ファンタスティック・ファンタジー」や「優しい声」まで省かれてしまうレベルで、無い。
流石に「少年の翼」を抜くことはできなかったが、それでもアンコール一発目に置いて
後はもう「Melody」とか「Chaos」とか「FOR BEAUTIFUL MAD HUMAN LIFE」とかっていう。

まさか「明日へのメロディ〜」「未来のメロディ〜」とか歌って

次に「Melody」が来るとはね。

「Melody」は何度聴いても涙出そうになるな。
まだ僕も少年の翼を持っていた頃の・・・純粋な心で聴けるので・・・


・・・もちろん新曲も良かったですぞ
ベタというか期待通りというか、「記憶の固執 〜融けゆく時間〜」と「快感∞フィクション」の時の
会場の熱量が凄くて、やっぱりハコで爆音で聴く前提でのアルバムだな、と再確認した。
ストレートでライブ向きな曲ばかりなので、他の曲たちと並べても違和感無く溶け込むしね。

ファンのノリの完成度がまだ6、7割といった感じなのは・・・まぁ仕方ないか。
まだアルバムして2日して経ってないからね、発売後の一発目のライブだからね、
発売前だった郡山や仙台と比べるとまだ予習できた面では恵まれてるか。
でももう今日の時点でツアーも前半戦終わりそうなんだよなぁ。
6月くらいにCrack6のミニアルバムが出るとのことなので、
来月からはまたソロモードに突入するんでしょうか。
ソロも聴いてるけど、やっぱりPENICILLIN本体の方に比重を強く置いてほすぃ。