2009年12月

2009年12月28日

aeacf8bf.jpg隣の家の飼い猫です
だいたい毎日来るのですが、雪が降ってから来てなかったみたいです
一週間ぶりと父が言ってました
外でにゃーにゃー鳴くのです
家に入れろと
そしてヒーターの前を陣取り、新聞紙を敷いてもらった所にゴロン
撫でないとまた、にゃーと鳴きます
しばらく撫でたら廊下につながるドアの前で開けろと、にゃーと鳴くのです。いくつかのドアの前で鳴き
行き着く先は風呂場
風呂場の窓を開けるとボアちゃん宅が目の前なので帰るのかと思い、窓を開けるも、出る様子なし
ただただ結露した窓を舐めるボアちゃん
さっき、お皿に水やったやん!あなたはここの水がいいのねー

また居間に戻り、今度は絨毯をガリガリと爪とぎ
それはよろしくないので
ボアちゃん!!
と言うと驚いて、すねて
帰るからドア開けてくれのにゃーで帰ってった


なんて自由な
たまらん。あなたがみんなに愛される理由がわかります。わたしも大好きよ
あたしは目が少しかゆい


rasmidrasmid at 14:00│コメント(0)トラックバック(0)

2009年12月23日

この時期の
イルミネーションには不感でありますが

夜空の星には声が出てしまいます
岡山は星が綺麗です
美星町て町もあるくらい

冬の星は本当に本当に綺麗
キンキンに冷えて張りつめた空気も夜空を見ている時は心地よいです

rasmidrasmid at 21:37│コメント(0)トラックバック(0)

2009年12月21日

自分の小ささや傲慢さ
それを包む
強大な
宇宙かと思える位の
愛に気づかされた
夜でした
この日を忘れません

無条件降伏
無条件幸福

rasmidrasmid at 21:55│コメント(2)トラックバック(0)

2009年12月20日

4998722d.jpg冬至かぼちゃを作りました

冬至かぼちゃが食べたいと仕事中ぼやきまくってたら

どうやら冬至かぼちゃは北だけの文化らしく

みんなポカンで誰一人共感してもらえませんでした

畑仕事がなくなる冬
収穫もなくなります

そこでかぼちゃをとって置くのですが、冬至を過ぎたら栄養価も美味しさも落ちていくから冬至までに食べちゃいましょう

って事らしいです
そして私の地元では小豆と一緒に炊くのです

こないだのゆず湯からセットで冬至かぼちゃを思い出し

今日初めて作ってみました
白玉も添えて
こないだ手に入れた備前焼に
なんだか一気にうちが甘味どころになったような

ってあたし小豆苦手やん!
や、でも初めて冬至かぼちゃと出会ったのは小学生の頃。給食。
げっ小豆
だけど美味しく食べれた事が嬉しく、家で母さんに
冬至かぼちゃで小豆が美味しく食べれた
と報告。
それがおばあちゃんに伝わり、冬になると
冬至かぼちゃ作ってあるよ
と出してくれる

冬至には
そんな思い出がセットなのです
ゆず湯の事も

動物で祖父母って概念があるのは人間だけと聞きました。
私は人間でよかったなと思いました。
じじばばと出会ってなければ、わたしの人生の全てが想像できません。

あと一週間で会えるね


rasmidrasmid at 13:13│コメント(2)トラックバック(0)

2009年12月18日

ゆず風呂しました
自分のためだけにゆず風呂するなんて贅沢と思いながら


小さい頃と同じように
グシュグシュとして楽しかった
そしてとてもいい匂い

初めてゆずがプカプカと浮かんでたのは
おばあちゃんち

パンストに入っていたような

ノスタルジック

部屋は激寒だけど
心も体も暖かい

冬至かぼちゃが食べたいな

文化って暖かい

rasmidrasmid at 23:25│コメント(0)トラックバック(0)