今回は''ラジオ離れと音声認識技術''の回について書きます。
 まず、ラジオについでですが、言われてみれば実家にいたときは車の移動でたまに聴く、英語勉強のために海外のラジオをたまに聴くくらいでした。車での移動はほとんど音楽プレーヤーを流していましたし、スマホの中に英語勉強のCDを入れていたため、「ラジオをよく聴いていた」という記憶はありません。ツイキャスがラジオを配信できると聞いて驚いたのですが、顔が見えないツイキャスはラジオだったことは初めて知りました(顔見せないツイキャとして認識していたため)。歴史の勉強を中高でしていたとき、日本の昭和にラジオは欠かせない物だったことはよくわかります。しかし、現在はテレビやネットが普及し、ラジオをわざわざその時間にその場所で聴くという行為を必要としなくなりました。ラジオで聴きたい曲はYouTubeに行けばあるし、聞きたいニュースはネットで探せばラジオの倍以上のわかりやすさ、或いは情報量が出てきます。ラジオを非難するつもりはありません。でも、ネットがあるのにテレビは必要なの?と言われる今、ネットがあるのにラジオは必要なのか?と問われれば答えるのは困難です。そこでラジオしかない良いところをさがしたら、災害時、ラジオはネットとは違い、回線が混雑してショートすることがないので使えることに気づきました。今どこで何が起こっているのか。それをネットとつながなくても知ることができます。日常に必要かは置いといて、災害時に備えたラジオは良いと思います。
 また、音声認識技術については、今自分が頭の中で考えている事を音声で入力できる事は、画期的だとは思います。手を使わないで文字を打てると言う事はハンディキャップのある方々にも適応していると思いました。
 音声を自動翻訳する機能はとても便利だと思います。つい最近、バイト先に外国人の方が来ましたが英語が私は喋れませんでした。このような場面で、音声の自動翻訳する機能は役立つと思います。そしてこの機能で、言葉の壁と言う物を乗り越えられると思います。
 このレポートも音声認識で書いていますがたびたび誤字が見当たります。これからもっと性能の良い自動音声認識が開発されると思うので期待するとともに、自らの言語勉強も怠らないようにしたいと思います。