2024年03月29日

山田極式 手法検証

これまで購入レースを絞りこんで勝つ手法を書いてきましたが、実際に未来のレースで検証してみたいと思います。

確率精度を上げる絞り込む条件まとめ

1.多頭数レースのみ
地方競馬の最大出走頭数は16頭立てですが、16頭以上で絞り込むと対象レースがほとんどなくなってしまいますので14頭立てにしたいと思います。

2.1000m以下戦を除く、短距離戦のみ
1200m以下のみとしたいところですがレース数が少なくなりすぎてしまいますので1001〜1600mで絞り込んでみたいと思います。

3.充足率100%のみ

その他、初ブリンカー、転厩、不良馬場など絞り込む条件はほかにもあるのですが、簡単に検証出来ませんので今回は除外したいと思います。また、1月25日のブログより絞り込み条件ブログをかきましたので書いた時点より未来である3月以降のレースで検証してみます。確定オッズでシミレーションしますので後半レースのみの条件も除外します。

検証馬券
地方 馬単、3連単、平均的中率✖1以上 期待値300%以上
中央 馬連、3連単、平均的中率✖1以上 期待値300%以上
※馬連と馬単の控除率が同じである地方は組み合わせ数の多い馬単、控除率が違う中央は馬連としました。

RB☆STRIKE!指数 地方
地方_馬単
回収率150%達成

地方_3連単
回収率235%達成

僕の理論と同じ条件でRB☆STRIKE!指数ユーザが全員締め切り直前に買った場合、真似したユーザ全員が死亡します。最終表示オッズから総売り上げの30%以上馬券が売れる近年では最終表示オッズに何の意味もありません。それよりも最低でも締め切り10分前以上に馬券を買って少しでも下がったオッズをAIに見せてあげる方が重要です。まだまだ検証レース数が少ないので4月以降も検証を続けていきたいと思います。

Posted by ratebuster at 16:12│Comments(0)