いよいよ4月がスタートしました。

街中は初々しいスーツ姿のサラリーマンが目につきます。

景気回復がマスコミ等で騒がれています。

不動産投資もその景気回復の一役を担っているのではないのか、と思うこの頃です。

今日はお勧め書籍を紹介したいと思います。

 

不動産投資不動産経営の常識・裏ワザ・隠しワザ

不動産投資アドバイザーの

広瀬さんが書かれたものです。

当サイトも広瀬さんのサイトと相互リンクを貼っていますが、いつも勉強しにサイト訪問しています。

 

そんな広瀬さんがこれまでの経験をもとに書かれた渾身の一冊ではないのか、と思っています。

不動産経営を始め3年間で、年間家賃収入約3,000万円。

みんながうらやましがるほどの実績。


商社マンから不動産投資アドバイザーに転身をした広瀬さんが、

大家さんが直面する「ここが知りたかった!」「困った!」に答えるヒント・解決法を

伝授しています。

 

本を開いていきなり頭をガツーンとやられました。

私も物件を所有していますが、家主さん的な意識はあまりなかったですね。

しかし、広瀬さんは「大家さんとは経営者である」と断言し、その一貫したスタンスで裏ワザ・隠しワザを余すところなく書いています。

不動産投資を実際にされている方、またはこれから本腰を入れて不動産投資に取り組んでいきたい方、この書籍を通じて戦略を練ってみて下さい。

これからの経営・戦略には読まなくてはならない必読の書です。

 「不動産経営の常識・裏ワザ・隠しワザ」 著:広瀬智也

 

融資/建築・土地活用/リフォーム/節税/保険/相続……
不動産経営に不可欠な知識から見落としがちなポイントまで網羅!