今日から普段とおりの生活に戻られた方も多いと思います。

私も今日からお仕事です。

いや土曜日から働いていましたが・・・

つまり暦通りです。(^^)

今日は賃貸屋さんのところにいっていろいろ話をしてきました。

賃貸屋さん曰く、「人気にあるエリアではまだまだ物件がたりないがそうでないエリアは供給が多すぎて部屋があまっている状態です。」とのこと。

現に20室中まだ1室しか入居者がいないというところもあります。

聞いてみると家賃設定がめちゃくちゃだとか・・・・

それ以外にも人気にエリアに自転車で行けるエリアも需要がまだあるようです。

しかし、家賃設定は下がるそうです。

人気のエリアが家賃ワンルーム25平米で10万円だとすると、自転車で行けるエリアは7〜8万円程度。

これくらい差があります。

この辺りのリスクを考えて投資物件の購入または建設をして下さい。

現在の不動産投資の状況は業者間での物件のキャッチボールにしか過ぎません。

たぶん、その物件上昇に踊られされて物件を購入をすると大変な目に会います。

 

ある業者さんは契約が終わって決済日1週間前に銀行から融資ができないとの連絡を受けたそうです。

「あれだけ融資します。融資します」と言っておきながら、日銀が施策の変更を匂わしただけで、金融機関の融資が受けられない・・・

 

その買主さんはなくなく手付金を放棄ですよ。(^^;

それでも金融機関は知らん振り・・・

金融機関の融資内定ほど怖いものはありませんね。

まあ、当然と言えば当然かも知れませんが・・・