いよいよ梅雨も本格的になってきました。


この梅雨の時期は嫌ですよね。

天気予報で雨って聞くだけで、所有している物件の雨漏りなどが
気になるんですね。

夜中に雨が強くなってきたときは、ヤバイ!なんて・・・


古い物件や以前にも雨漏りした物件ならなおさらですね。


雨が降りはじめる前に総点検しておきましょう。

 


ところで投資家の皆さんは物件確認ってしてます?


不動産業者の間では日常の業務です。

売りに出されている物件がまだ残っているか、価格の変更などがないか

などを確認する作業なんです。


これをしていない業者さんはいい仕事をしていないんじゃないですかね。(笑)


しかし、投資用物件の買う不動産投資家の皆さんは
物件の確認ってしたことありますか?


業者さんから物件資料もらって、物件が高いだの古いだの言って
物件資料をゴミ箱にポイッと捨てていませんか?

もしかしたら、状況の変化があるかもしれないんですよ。


ちょっと間はその物件資料を保存しておきませんか?


いいなって思える物件だけで結構です。


何らかの購入条件が合わないとしても、時間がたてば買える事だって
できる可能性はあるんです。


物件確認していましたら、物件情報が出た頃と比較して数千万円の価格ダウン
している物件など、意外に売却されていない物件もあるんです。


そんな物件はチャンスかも知れませんよ。


売れないので更に価格交渉の余地ありです。


半年以上経過した熟成された物件を狙ってみるのもいいですね。


物件確認をしていない投資家の皆さんはやってみてくださいね。