2008年11月14日

08シーズン通知表2

ポツリポツリとつけていきます通知表。
今日登場するのは、残念だった人たちをまとめて。
登板数が少ない→印象が薄い・記憶がない、ということでテキトーな部分があります。ベストゲームがなかったりとか。
何卒お目こぼしを。


・金剛弘樹(期待度★★ 評価★★)
2軍では無敵、でも1軍では…4年目もその性質が変わらなかったのが残念です。
フォークは相変わらずよく落ちるんだけど、それを引き立てる直球の仕上がりにまだ問題が見えます。
打ち頃の高さにいっちゃうんだよなあ。高めで空振りがとれるくらいの速さが出てくれば…。
ブレーク前の岡本と被るものをなんとなく感じて、見切れない子。より一層の精進を。

・朝倉健太(期待度★★★★ 評価★)
キャンプからずっと続く不振は、結局不整脈が原因だったということなんですかねえ?
報道通り完治したのであれば、来季は巻き返しに期待して良さそうだけど。またぶり返しやしないかと心配になります。
ホップ・ステップときて、今季は大ジャンプの年とばかり思っていたので、評価は★ひとつ。

ベストゲーム:4/25 vsスワローズ

・中田賢一(期待度★★★★ 評価★)
故障に泣いた朝倉とは対照的に、体はいたって元気。しかしそのノーコンぶりには、今季ほとほと泣かされました。1イニングに2つ3つ四死球を与えることも珍しくなかったもんなあ。
珍しくストライクが入っても、置きにいった球だったのか痛打されることが多かったし。7勝もしているとは思えないほど印象が悪い(苦笑
ま、長い野球人生の中では、こういう「悩み続ける1年間」ってのもいい肥やし。今季は臥薪嘗胆の★1つです。

ベストゲーム:4/22 vsタイガース

・鈴木義広(期待度★★★★ 評価★)
岡本に代わるセットアッパーは、間違いなくこの人だと期待してました。恐らくは首脳陣もそうだったでしょう。それだけに、長期離脱は痛過ぎた…チーム破綻の萌芽でした。
これで2季連続の不振。現代野球におけるセットアップは負担が大きい。その波に飲み込まれてしまうんでしょうか…好きな選手だけに、立ち直って欲しいなあ。

ベストゲーム:3/29 vsカープ

・山井大介(期待度★★★★ 評価★)
↓の登板の時には、「やれやれ、これで一安心」と思ったもんなんですけどねえ…今季も長い充電生活に入ってしまいました。
年間20試合先発をしてくれれば、相当な力になるんだけどなあ…このまま、「たらればが似合う投手」のままいってしまうんでしょうか。
来季こそは脱皮してくれ〜。

ベストゲーム:4/17 vsジャイアンツ

・平井正史(期待度★★★ 評価★)
昨季まではまだ145kを計測することもあったので様になっていましたが、球速帯が140k前後に落ち着いてしまうと、平井くらいの変化球ではいかんとも苦しいものがあります。
セットアップの核を期待されながら、夏場過ぎにはモップアップとなってしまったのが悲しい。
ベテランの妙味を身につけ、もう一花咲かせて欲しいけれど…。

ベストゲーム:6/17 vsライオンズ

rawgaro at 19:59コメント(0)トラックバック(0)まとめ  

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
Profile

rawgaro

Categories
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
  • ライブドアブログ