2006年07月

2006年07月31日

女王様と私/歌野晶午2

女王様と私 真藤数馬は冴えないオタクだ。無職でもちろん独身。でも「引きこもり」ってやつじゃない。週1でビデオ屋にも行くし、秋葉原にも月1で出かけてるし。
 今日も可愛い妹と楽しいデートの予定だったんだ。あの「女王様」に出逢うまでは。
 彼女との出逢いが、めくるめく悪夢への第一歩だった…。
 「このミステリーがすごい!」1位。「本格ミステリ・ベスト10」1位。日本推理作家協会賞受賞。本格ミステリ大賞受賞。四冠制覇の歌野が贈る、未曽有の衝撃。(「BOOKデータベース」より)

 漠然と歌野さんの本が読みたいなぁ〜と思って、カウンターから近い所の本を借りてきました。
 
 話の構成は良かったんですけど…。
 すみません登場人物の誰に対しても共感できなかったし、好きにもなれませんでした
 私が本の中の人達に対してここまで引いてしまうのも珍しいかもね(ノ∀`;)
 なのに、最後まで読ませてしまう作者の底力、凄いなって思います。
 さすがですね。
 
 でも、やっぱり人物が好きになれなかったので評価は辛目で(笑)

ray2002 at 21:30|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 作家名〈あ行〉  │Edit

2006年07月30日

あるよ!

000ebef6.jpg昨日の記事中にチラリと触れた「シュナの旅」。
どこかで見かけたような気がして、弟に聞いてみた。
「あるよ」
やっぱり、あったんだ…。
とたとたとた…と2階に行って弟が手にしてきた物は…。
「シュナの旅」に加えて「名探偵ホームズ」2冊。
特にホームズ2冊は凄いよ!笑
ナウシカ公開時の帯までついてるし( ̄▽ ̄;)!!
どこで手に入れたんだろ(笑)

「シュナの旅」の感想は後日アップします


43a76739.jpgところで、今年はやたらトンボが多いような…。
特に朝、会社に行く時間帯庭でよく見かけます。

飛び立つ前にパシャリと撮ってみました。
ギリギリ、成功♪


ray2002 at 12:09|PermalinkComments(4) ぼやき(日記…かな?)  │Edit

2006年07月29日

〈映画〉ゲド戦記4

ゲド 「ゲド戦記」見てまいりました。
 
 映画の「ゲド戦記」は、原作「影との戦い」〜「帰還」までの細々とした部品を集めて新しい物語を作ってしまった――そんなイメージを受けました。
 なので原作をものすご〜く好きで思い入れの深い人には「なんじゃこりゃ〜?」的な1本になっているかも知れず。該当する方は全くの別作品として観た方が良いと思われます。
 私に関しては以前の記事を読んでもらえればわかる通り、中途半端な心構えで読んでいたのでその心配は無し(笑)
 むしろ、あのシーンの背景にはこんな事情があったよねってな感じで世界が広がったように思います。

 それから…。
 岡田准一ファンは必見!て事でd(^∀^*)
 アレン王子のいろんな表情が楽しめます♪
 
■あらすじ
 世界に異変が起きていた。風使いは風の名を忘れ、農業を営む者は畑を捨てた。そして、2匹の竜が人の地で共喰いをし、共に果てた。――あってはならない事だった。
 とある事情により影に追われているエンラッドの王子・アレンはあてのない旅の途中、ハイタカと名乗る魔法使いに救われる。
 ハイタカの勧めでアレンは共に旅をする事に――。
 
 ネタバレにならない程度のあらすじっていうとこんなとこでしょうか?
 これだと大筋、3巻「さいはての島へ」のようですよね。でも影に追われてるのがアレンだったり、追われる事になった理由も全然違う。
 ちょっとした背景は同じでも物語は原作を読んでた私にもわからない方向にいってた部分があって楽しめました。はい。
 というのも原作は「ゲド戦記」ということになっているのだけど、原案として更に宮崎駿監督の「シュナの旅」が加味されていたからでしょうね。
 
 声は良かったです!凄く!!
 アレンの岡田君をはじめ、テルーやゲド、テナーも凄く良かった。
 クモも雰囲気あったし…声に関してはかなり満足しましたね
 「テルーの歌」も良かったですね。劇中テルーが草原で歌ってましたが、これがかなり良い。歌声が景色にしみ込んでいく感じで。
 
 ジブリ映画といえば自然の映像――てな感じですが、今回もかなり綺麗に描かれてました。細かい所では石垣(?)を這うトカゲの動きとか。
 自然ではないけど、丘からホートタウンを望む図も圧巻でしたね。
 
 
 以降、ネタバレです。
 
 
続きを読む

ray2002 at 20:00|PermalinkComments(10)TrackBack(41) 映画〈か行〉  │Edit

2006年07月28日

あっるこ〜あるこ〜♪

ca473d5a.jpgはい。今日はトトロの日です(・ω・)
先週のハウルに引き続き、また見ちゃいました♪
トトロも良いね〜
酔いそうだけど猫バスに乗ってみたい。
それとトトロのおなかの上でお昼寝!…いいなぁ(-_ヾ)

メイが可愛いよね。うるさくて、強がりで、でも寂しがりやで。
おねえさんのサツキがちょっと損しちゃう感じだけど、トトロ会えて喜んでる姿見るとやっぱり可愛い。
おとうさんとおかあさんも素敵だよね。
ジブリ映画見てると田舎暮らしもいいなって思う。
母の実家が道路は舗装されてるけど、その雰囲気あるので次に行った時に堪能して来よう

さて、明日はいよいよゲド戦記です。楽しみですね〜!
出来たら夜に感想アップしますねd(゜∀゜*)

写真はクリスチャン・ディオール。やっと咲きました♪


ray2002 at 23:39|PermalinkComments(4) ぼやき(日記…かな?)  │Edit

まぼろしの犬/日本児童文学者協会

まぼろしの犬  「おはなし」の力で戦争をイメージする平和を考える―。
 日本児童文学者協会創立60周年記念出版。(「BOOKデータベース」より)

 わかりやすい文章で「戦争があったら嫌だよね」ってことを感じさせてくれる本ですね。6人の作家さんたちがそれぞれの想いを物語にしたためています。
 内容の好き嫌いに関係なく、読んで欲しいなと思ったので特に☆での評価はやめておきます。
 
■辛子入り汁かけ飯/岡田依世子
 「辛子入り汁かけ飯」って何だと思います?
 実はコレ、カレーライスの事なんです。
 夏休みのある日、カズキが出会った1人のおじいさん。
 おじいさんは外来語を使うことを許されない戦争中に少年時代を過ごした。その時からの小さな意地が、おじいさんにこれらの不思議な言葉を使わせているらしい。
 カズキはこのおじいさんに会った事、忘れられないんじゃないかな。
 
■しゃもじい/中原光
 刀や槍、大砲を使って戦うような戦乱の世の中、しゃもじいというおじいさんがいました。
 おなかが空いた人々におにぎりを作ってあげてるうちに、しゃもじいの家はおにぎり小屋と呼ばれるようになっていました。
 これは日本昔話みたいな物語でした。
 読後、ちょっと虚しくなります。
 
■まぼろしの犬/島村木綿子
 犬のポンタは詩穂さんと2人で住んでいる。
 今日もお決まりのざぶとんの上にすわりテレビを見ていた時に信じられないものを見ることに――。
 人間だけじゃなくて、犬にも戦争の痛みは降り掛かってくるんだなって痛感してしまう物語。
 不思議なタイトルの通り、不思議な話でもあります。
 
■おばけイチゴを食べた日から/最上一平
 これはイラクに派遣された自衛隊員を父に持つ女の子・未来の話。
 かつて父が走った熊手山を未来が歩いていくシーンが印象的でした。
 
■サンタクロースをやめた日/木村研
 クリスマスに新米のサンタクロースがプレゼントと共に失踪した。
 サンタ協会は大騒ぎ――。
 でもそのサンタクロースが失踪した理由を考えるとやっぱり辛いですね。
 
■真夏のバトルフィールド/川北亮司
 バトルフィールド供リアルな戦闘を擬似体感できるゲーム。
 ゲーム中、親しい人が敵として現れたらあなたは撃つ事ができますか?
 この話はちょっと後味が悪かったです。
 ラストの舞の台詞で引き戻されました。
 
 軽く内容にも触れてみましたが、ざっとこんな感じです。
 読みやすい本なので、是非読んでみてくださいな。

ray2002 at 23:18|PermalinkComments(0) アンソロジー  │Edit

桃色トワイライト/三浦しをん3

桃色トワイライト いい男たちを眺めるだけで満足する「物陰カフェ」を発案。
 これって病? それとも愛?
 妄想ロマンティック街道ばく進中の乙女代表選手・三浦しをんのスーパーエッセイ。ウェブ掲載に加筆して単行本化。(「MARCデータベース」より)

 Book offで見つけて思わず購入。
 菱沼さんや弥勒さんの記事を読んで気になってたんですよね。しをんさんのエッセイ。
 
 噂に違わぬ面白さでしたね。
 ホ○漫画や小説は読まないけど、感覚的に「わかる、わかる〜!」って頷きながら読んでました。
 「物陰カフェ」が出来たら1度は行ってみたいかも〜(少しばかり?腐ってるかもしれない/笑)
 オダジョー(オダギリジョー)にハマりライダークウガを一気見したっていうエピもね、凄くよくわかる(笑)
 特撮ヒーロー物ってスポ根漫画に似た魔力があるよね?…ていうか、あるのよ私の中では(笑)
 1度ハマったら最後まで一気見しないと気が済まないという。
 特撮俳優さん達の物陰カフェなんて最高ですね。特に○騎(←もうダメかも…笑)
 
 表紙が桃色でイラストが凄く可愛いです
 よろしかったらお試しあれ〜!(爆)

ray2002 at 23:14|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 作家名〈ま行〉  │Edit

2006年07月27日

ダ・ヴィンチ・コード/ダン・ブラウン

ダ・ヴィンチ・コード(上) ルーヴル美術館のソニエール館長が異様な死体で発見された。
 死体はグランド・ギャラリーに、ダ・ヴィンチの最も有名な素描“ウィトルウィウス的人体図”を模した形で横たわっていた。
 殺害当夜、館長と会う約束をしていたハーヴァード大学教授ラングドンは、警察より捜査協力を求められる。
 現場に駆けつけた館長の孫娘で暗号解読官であるソフィーは、一目で祖父が自分にしか分からない暗号を残していることに気付く…。 (「BOOKデータベース」より)


 映画を見てから、こちらを読みました。
 ……ちょっと、失敗。

 本文を読んでいるとラングドンのイメージってハリソン・フォード…かな?って感じなんですが、映画見てしまったおかげで、彼には終始トム・ハンクスのイメージがつきまとっていた…
 だからね。微妙に違和感を感じつつの読書となってしまい……「う、う〜ん」てな結果に。
 トム・ハンクスの容姿でハリソン・フォードの言動…。ね?微妙でしょ?笑
 
 映画公開時に色々とブログ巡りをしてたら(勿論鑑賞後にですが)一様に原作の方が映画よりも断然良かったと言っていたので、少々期待しすぎた感もあったみたいです。
 詰まらなくは無いんだけど、期待してた程ではなかったというか。ノリとしては出し惜しみしてない感じが映画と共通してるなって思いました。
 
 今一つ面白かったてな事は書いてないような気がしますが、人物描写は良かったですね。映画には無かったモナリザの謎にも触れてますし。
 ファーシュのネクタイピンにはこんな意味があったのか〜!とか、シラスが何故虐待されてたのか――映画では今一つ理解し難かった事項の謎が幾つか解けました。特にシラスは単に家庭環境からきてるのかと思ったので

 弟から「天使と悪魔」の映画化が決まったような事を聞いたので、次は鑑賞前に読もうと思います。

ray2002 at 23:05|PermalinkComments(4)TrackBack(2) 作家名〈た行〉  │Edit

2006年07月26日

イルカ/よしもとばなな3

イルカ この気持ちはどこから来るのだろう?
 生命の誕生、まだこの世にやってきていないある魂との出会いを描いた書き下ろし長篇 (出版社 / 著者からの内容紹介)

 実はよしもとばななさんの作品て殆ど読んだ事がありません。
 こうしてブログ書いてると己の読書傾向に偏りあったの、改めて気付いちゃいますね
 好きな作家さんを見つけてはひたすら著書を買いまくる――ってパターンだとやっぱり限界あったかな、と。
 
 この作品はタイトルがイルカだという、それだけで借りてみました。
 イルカ、好きなんですよ。プーの時には毎週、大洗に通ってしまった位、イルカ好き(笑)
 栃木にもイルカのいる場所があったら毎週と言わず、毎日通いたいです。
 
 この話の主人公は薄くあっさりが心情みたいなキミコさん。他人にはあまり関心なさそう。
 インフルエンザにかかって身体的にも精神的にも死にそうになったのが、ちょっとした第一の転機。人に対する接し方が変わってきた。
 キミコさんは、ユキコさんという想い人を持つ五郎さんと付き合っていて、これもなんか不思議な関係――あまり、互いに執着してないような?
 
 そんなキミコさんが妊娠して、その事実を受け入れてく様が神がかっていました。特に剥製が恐かった…
 イルカと剥製と白い猫がキーワードになるのかな。
 
 重いテーマを扱ってるわりには登場人物たちが淡泊なせいかあっさりと読めましたね。

ray2002 at 23:55|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 作家名〈や行〉  │Edit

図書館へ行こう♪〈第6回〉

e2fd4264.jpg世間ではすっかり、夏休みですね〜!
会社の自転車借りて図書館に向かう途中、部活帰りの高校生とすれ違ったりして羨ましく思いました。
蝉の声も今日初めて聞いたような…?すっかり夏ですね。
図書館内も混んでるかしら〜?って思ったら、いつもと混み具合は変わりませんでした。
1組だけ小学校低学年の子と母親が来てたのが印象的だったくらいで。読書感想文の本選びしてたのかな。なんか、微笑ましかった(≧◇≦)

今回は「ブレイブ・ストーリー」が上下揃っていたので借りました♪
あとは「まぼろしの犬」っていう本。妙に気になって借りてみました。
あとは返してない本もあるので自粛――読んでもブログにアップ(またはある程度の下書き)するまでは手元に置いておくので。書き詰まった時にパラパラ出来るので便利なんですよ。




写真はブルーバュー。
この花も思ったよりも小さ目。なんだか淡いピンクの椿みたいな写り方してる…(笑)


ray2002 at 01:14|PermalinkComments(4)TrackBack(0) ◆読書雑感  │Edit

2006年07月25日

まほろ駅前多田便利軒/三浦しをん4

まほろ駅前多田便利軒 お困りの節はお電話ください。
 多田・行天コンビが迅速に解決いたします―。
 東京のはずれに位置する“まほろ市”。この街の駅前でひっそり営まれる便利屋稼業。
 今日の依頼人は何をもちこんでくるのか…。(「MARCデータベース」より)

 この作品は今年の直木賞受賞作品ですね〜!
 三浦しをんさん、おめでとうございます!パチパチパチ!
 これで通いつけの図書館の蔵書に他の作品も追加されるに違いない…ФwФニヤリ
 だって、この本と「むかしのはなし」しか置いてないんだもの。ちょっと、淋しすぎるよ
 
 これは女性受けしそうな作品ですね。
 今までに読んだ「便利屋」の話というと、SFだったり、殺人事件に巻き込まれたり…日常からは程遠いものばかり。
 けど、この物語は事件に巻き込まれこそすれ、現実にありえそうな範囲内。仕事自体も「実際にはこんなもんだよね」って納得できてしまう。犬を預かるとか草刈りをするとかそんな感じで、ホント、現実的です。
 その中でメインの男性2人――多田と行天がちょっと浮き世離れしてる(笑)。多田はともかく、行天が特にね(笑)
 この人の第一印象は「はじめちゃんが1番」(By渡辺多恵子)の江藤亮(古い?/笑)。はじめちゃんに出会う前の江藤亮がそのまま大人になったら行天になるんじゃないかって思ったんだよ。
 そしたら多田は和田さんだわ(笑)
 
 2人とも年のわりには不器用で、ヘンなとこで意地になったり、それでもチワワには優しかったりして…久々に「やられたな」って思った。
 2人揃っても完璧とは言い難いんだけど、そこが良いな、と。
 内容的には前に読んだ「むかしのはなし」よりもず〜っと好きですね〜
 
 オススメです
 
 
 
 ところで作中の人物のネーミングセンス面白いですね。
 参考になります。

ray2002 at 22:30|PermalinkComments(8)TrackBack(8) 作家名〈ま行〉  │Edit
Profile

Ray

Archives
QRコード
QRコード