2006年12月31日

〈映画〉日本以外全部沈没3

 結局、掃除はまだまだ途中なのでした
 本も大量だけれど、結構DVDも未鑑賞のものが溜まってました。いい加減、ハードディスクの中も片付けないと残量がかなり不安です(^^;
 先程、福島から祖母の具合が芳しくないとの連絡が入り…復活してくれるといいなぁ。
 今年も残るところ、あと数時間――て事で、今日は「日本以外全部沈没」。
 
 
 大ヒット・パニック・スペクタクル大作のパロディ映画として各方面で話題騒然!
 2011年、日本以外の全ての国が水没し、日本に世界中から難民が押し寄せてくる。アメリカ大統領も中国首相もハリウッド・スターもこぞって日本に移住してきて大パニックに!人口の急増に伴い、食料は不足し物価は急騰、失業率も急上昇、難民は貧困に苦しむようになる。
 一方、クジラも食べ放題になった日本人たちは難民を差別して増長していくが…。 (「Oriconデータベース」より)

 
 先日、原作の方は読みましたが、かな〜り、いいとこまで映像化されてましたね。
 外国の方にはお観せできない出来です(^^;
 最後まで観ると万遍無くブラックな世界に包まれてるのが判るんですが、中国・韓国方面の方はそれでもどうかなぁ…と。笑ってくれると良いなぁ…って思うけど、問題的には微妙なところですね(^^;
 
 作中、物の価格やドルなんかがとんでもないことになるんですが――。
 1本10万円のうまい棒って…
 某ドラマの中では「100本買っても1000円」とその価格のお手軽さを買われていたのに、とんでもない事になってました。

 でも、元オスカー俳優の行く末がちょっと感動的だったかなぁ(何がなんでも賞のトロフィーを手放さないとこは流石です)^^
 これも好き嫌い分かれそうな作品ですが、ブラックな笑いの好きな人にはオススメかも。
 
 
 さて。この辺でお掃除作業に戻らないと
 
 昨年中は皆様にお世話になり、ありがとうございました。
 来年もよろしくお願いします。

ray2002 at 19:48│Comments(4)TrackBack(3) 映画〈な行〉  │Edit

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 日本以外全部沈没  [ DVD Check ]   2007年01月02日 02:26
日本以外全部沈没
2. 純ちゃんと晋ちゃんと北のひと。(!)~「日本以外全部沈没」~  [ ペパーミントの魔術師 ]   2007年01月06日 23:54
まずはだまされたと思って公式サイトへ行ってくらはい。 http://www.all-chinbotsu.com/ 原典小松左京、もう何十年も前に書かれた筒井康隆さんの 「日本以外全部沈没」が 草薙くんでリメイクされた「日本沈没」の後をうけて、 ホンマにええんかいなこんなん公開してという ....
3. 日本以外全部沈没  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2007年01月22日 22:00
『日本以外全部沈没』公開:2006/09/02(10/26鑑賞)監督:河崎実原作:筒井康隆  『日本以外全部沈没』(角川文庫刊)原典:小松左京  『日本沈没』出演:小橋賢児、柏原収史、松尾政寿、土肥美緒日本て海に浮いてたのか! ←ポチッとしていただくと沈没しないかも....

この記事へのコメント

1. Posted by エビノート   2006年12月31日 22:54
日本以外全部沈没とは、すごい映画ですね〜
俄然気になります!
一本10万円のうまい棒かぁ〜チロルチョコとかも金塊並みのすごい値段になってそうですね

2007年もよろしくお願いします!
良いお年をお迎えくださいね
2. Posted by Ray   2007年01月05日 20:27
エビノートさん、こんばんは♪
こちらの原作、筒井康隆さんなのでそちらを読んでも楽しいと思いますよ。
うまい棒のエピはありませんが、短篇なのでさくっと読めてしまいます。

年末年始はバタバタしてしまい、レスが今頃になってしまいましたすみません〜
3. Posted by Ageha   2007年01月06日 23:52
Rayさん、遅ればせながら
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします〜♪

TSUTAYAのbook担当になってもて
カウンターで毎日バンバン本売ってるのに
ちっとも商品知識が
頭に入らんのです。年でして。(爆)
今年はもちっと本も読もうと思います、アハハハハ。

さて。
この映画B級感バリバリなんですけど
意外に見た人の評判がよいんですよ〜。
私もかなり笑って・・でも
そのブラックな内容に相当ショックを受け、また考えされられました。
4. Posted by Ray   2007年01月10日 12:39
Agehaさん、こちらこそ今年もよろしくお願いしますm(__)m

この映画笑えるところと考えさせられるところの落差が激しくて、それでも笑いながら観てしまいました
けど、その辺ラストで上手くまとめてますよね

いいですよね〜
本屋のバイト!
でも、私がやったら際限なく本が増えそうで怖いです(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

Ray

Archives
QRコード
QRコード