2006年春、無事に大学に合格した僕は上京した。DDR SuperNOVAの稼動開始予定は7月だったのでもう目と鼻の先なのだが、SuperNOVAが稼動するまでの数ヶ月の間DDRを全くやらないわけはなかった。渋谷から2駅のところに引っ越したため、渋谷でDDR EXTREMEが稼動しているゲーセンを探したところ、幸いにも存在していたため、そこが僕の新しいホームとなった。今は無き渋谷会館である。

一番たくさん足を運んだのは渋谷会館だったが、他にEXTREMEのあったゲーセンだと、池袋BSGにも少しだけ行ったことを覚えている。このゲーセンはSuperNOVA以降も何かと縁がある思い出の場所である。EXTREMEの時は確かBSGのDDRは2台置いてあっただろうか(違ってたら申し訳ない)。また、DDR以外の音ゲーの設置台数がどれもこれも多く、東京の凄さに改めて驚愕した覚えがある。


SuperNOVA稼動までたった数ヶ月ではあったが、その期間にもDDRつながりでちらほら知り合いができた。渋谷会館にもコミュニケーションノートが置いてあったため、そこから始まる交流もあった。DDRで僕と知り合った人はほとんどSuperNOVA以降だと思うので、EXTREMEの頃の僕を知っている人は結構レアである。

ちなみに当時の僕は、親しくなっても相手の本名を知らないままハンドルネームで呼び合うというオタクの文化を本当に知らなかったので、何人かには相手の本名を素で尋ねた覚えがある(SuperNOVA稼動後もしばらくやってたと思う)。そのたびに怪訝な顔をされるのだが、大体みんな教えてくれた気がする。もし当時それで不愉快な思いをされた方がいたら申し訳ない。


大学入学後わりとすぐに授業をサボりがちになり渋谷会館に通う日々を送っていたが、あるとき渋谷会館にてDDRがめちゃくちゃ上手いプレイヤーを見かけた。それが僕とJun-Gさん(通称タンクさん)との出会いだった。タンクさんと親しくなったのはSuperNOVA稼動後だったと思うが、以後タンクさんにはたくさん構っていただき、タンクさん経由でDDRの知り合いもたくさん増え、それに比例するようにDDRのモチベーションも高くなっていったので、タンクさんとの出会いがなければ今の僕はないと言っても過言ではないのである。

渋谷会館で初めて見たタンクさんのプレイはとにかく上手かったので、やっぱ東京は違うなと思ったことを覚えている。タンクさんと僕以外にDDRをプレイする客はほとんどおらず、基本的に2人で交互にプレイしていた。その時タンクさんのプレイを見て気づいたのだが、タンクさんは特定のいくつかの曲を練習しているようだった。実は、近い内に都内近郊のゲーセンでDDRの大会が開催される予定があり、僕もたまたまネットで見かけてそのことを知っていた。タンクさんがプレイしていた曲の大半がその大会の課題曲だったため、僕は「この人はその大会に出る予定があり、その練習をしているんだろうな」と察したのだった。

それを知った途端、僕よりも上手い人が大会のために練習している貴重な時間を、僕がプレイすることで半分奪ってしまっていることが非常に申し訳なくなってきた。耐え兼ねた僕は、帰り際に「すみません、大会の練習の邪魔になりませんでしたか……?」と、タンクさんに声をかけてしまった。そんなこと言われたって言われたほうも反応に困ると思うのだが、その時の僕はそれを言わずにいられなかったのだった。その時のタンクさんの返事は「いえ、順番なんで……」という、まあそりゃそうなるよなという感じのものだった。これがタンクさんと僕の初めての会話である。

このことは後にタンクさんからもネタにされて、「昔のお前はあんなに腰が低かったのにな〜」といじられたりしたのであるが、僕はいつだってタンクさんへの感謝と尊敬の念を忘れたことはないのだ。


そして2006年7月、ついに待ちに待ったDDR SuperNOVAが稼動を開始した。ここから先は本当にたくさんの思い出があるのだが、元々このDDR思い出語りは、東京でDDRの知り合いがたくさんできる前の話をするために始めたものなので、ひとまずこの記事を最後に更新は終わろうと思う。SuperNOVA以降の話も読みたいという人もいるかもしれないが、ご容赦いただきたい。

そもそもSuperNOVA以降の話なんて書き始めたら、これまでとは比べ物にならないくらい凄まじい分量になってしまう。2ndからEXTREMEまで約7年間の思い出を17回に渡って書いてきたが、プレイ回数だけ見ても、その7年間におけるアーケードDDRのトータルプレイ回数を、1年間のSuperNOVAだけで悠々と超えてしまっていると思う。ちなみにSuperNOVA及びSuperNOVA2のプレイ回数は、どちらも3400回ほどであった。

とはいえ、SuperNOVA以降の話を書くつもりが一切ないかというとそういうわけでもない。いつになるかはわからないが、そのうち気が向いたらまた続きを書くかもしれない。


最後に、このブログの古い記事はほとんど削除してしまっているのだが、SuperNOVA稼動日の日記SuperNOVAでONE MORE EXTRA STAGEを初めてクリアした時の日記のデータが残っていたので、特別に再公開することにする。


以上、ここまでお付き合いいただきありがとうございました∩・ω・)∩


終わり。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



DDR EXTREMEの思い出語りもいよいよ終盤に突入し、この記事では自分の高校2年(後半)〜高校3年頃の話をしていく。この時期になってくると、次第に大学受験の準備で忙しくなり、ゲームセンターにも足を運ばなくなっていった……ということは一切なく、普通に音ゲーを続けていた。とはいえ、EXTREME稼動開始から2年も経つと結構飽きてきており、この頃の自分はどちらかと言えばdrummaniaをメインにプレイしていたくらいだった。また、家庭用でDDR FESTIVALが発売されていたため、PS2のあるネットカフェでたまにプレイしていた。


プレイ回数はかなり減っていたDDRだったが、ちょっとずつ実力は向上していた。この時期に出したDDRのスコアでとても印象に残っているものが2つある。

1つはMAX 300の激譜面で初めてAAを出したことである。正直なところ発狂譜面に取り組むことには消極的ではあったのだが、それでもやはり「MAX 300でAA」というのは、DDRMAXの頃から抱いていた1つの大きな目標であり、また、発狂譜面に対する実力を示す1つの指標であるとも思っていたため、達成したときの喜びは大きかった。

もう1つは、激譜面で初めてPFCを出したことである。というか、当時の僕はアーケードでは楽譜面や踊譜面をほとんどプレイしていなかったため、アーケードでのPFC自体これが初めてであった。ちなみに達成したのはsyncの激譜面で、正直もっと簡単にPFC出るやつ他にあっただろと思うが、まあ当時は特にPFC狙いを頑張っていたわけではなく、たまたまPFCが出たという感じであった。初PFCについてはMAX 300 AA以上に嬉しくて、達成したときはゲーセン内の他の場所にいた友人をDDR筐体のところまで呼び寄せて、「見てこれ!! ヤバくない?! ヤバくない?!」と騒ぎ立てた覚えがある。


高校3年になると、生活環境も変わった。学校の方針で、3年生は全員寮を出て、学校周辺の下宿に住むことになっていたのだ。それにより、寮の規則から解放され、携帯電話を所持できるようになった(実際は寮でもこっそり持っていたが)。その結果、ここしばらくご無沙汰であった音ゲーの個人ファンサイト巡回をまたちょいちょいやるようになった。とはいえ当時のガラケーではPCサイトなどまともに見られないので、見ていたのは携帯サイトである。また、サイト巡回に伴い、やはりハンドルネームがないと不便だという判断に至り、「Raye」という名前を使い始めたのであった。

ちなみにこの「Raye」という名前、知っている人も多いと思うが、当時流行っていた漫画デスノートの登場人物であるレイ・ペンバー(Raye Penber)からまんまパクったものである(恥ずかしいので正直後悔している)。このハンドルネーム、人と被らないという点では優れていたが、初見で正しく読んでもらえないという致命的な欠点があった。それで今では苦肉の策として、Twitter IDの「rayeddr」から派生した「れいでであ」と名乗っているが、別に「Raye」という名前を捨てたつもりはなく、「れい(Raye)」が名前で「でであ」が苗字という感覚である(?)。音ゲーのカードネームには今でも「Raye」を使っている。

少し話が逸れたが、いろんな携帯サイトに顔を出し掲示板で交流していくうちに、自分もホームページが欲しくなってしまった。そして僕は、自分の携帯サイトを開設した。受験生なのに何をやっているのかという感じである。もちろんサイトの内容は、「プロフィール」「掲示板」「100の質問」「リンク」などが並んだ、昔のオタクが作りがちなカスみたいなものだ。そしてこの「Rayeの日記」という名のブログも、携帯サイトのコンテンツの1つとして誕生した。携帯サイトの運営も初めは楽しかったが、こんなカスみたいな内容では当然すぐに飽きが来てしまった。そして結局、1年もしないうちに閉鎖に到り、このブログだけが残ったのであった。

そんな携帯サイト時代だったが、当時サイト経由で知り合って、今なおつながりが残っている人も実は何人かいる。とてもありがたいことだと思う。


高校3年の冬頃、ビッグニュースが飛び込んできた。DDR SuperNOVAの発表である。当然、僕はかつてないほどに狂喜乱舞した。しかし、もし大学受験に失敗し、翌年度に浪人生なんかになってしまったら、せっかくのDDR新作を存分に楽しめない。そのため僕は、自室の壁に「受かればSuperNOVA」と書いた紙を貼り、毎日それを眺めて受験勉強の最後の追い込みをかけるのであった。今思えば、中学3年の冬〜大学1年の夏というEXTREMEの稼動期間は僕にとっては絶妙に都合が良くて、もしこれが1年でもズレていたら、正直僕はDDRにうつつを抜かしすぎて大学受験に失敗していたと思う。


高校卒業を間近に控えた頃、ゲーセン友達の一人が「キッズクラブのハゲ店長にみんなで感謝の寄せ書きを書こうぜ」と言ってきた。僕にとっては6年間も世話になった思い出のゲーセンなのであるが、その提案を聞いたときの僕は結構ドライで、「なんでそんなことしなきゃならないんだよ馬鹿か」と思っていた。しかし特に断る理由もなかったので、僕も寄せ書きに参加した。そして完成した寄せ書きはその言い出しっぺの友人によって店長に届けられたのだが、僕はその現場にいなかったので、店長がどういうリアクションをしたかは不明である。

そんなキッズクラブであるが、僕たちが卒業した後、わりとすぐに閉店してしまったという話を聞いた。こんなことなら僕も店長にもっとお礼を言っておくべきだったかもしれない。高校卒業以来、もう10年以上鹿児島には足を運んでいないが、もしまた行く機会があれば、ぜひキッズクラブの跡地を訪れたいと思う。

(追記)
冷静に思い返したら2014年に仕事で鹿児島に行っていて、そのときは仕事が終わった瞬間にホテルでノートパソコン広げてネトゲをやっており、キッズクラブの跡地なんて毛ほども興味なかった。


続く。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



ゲームセンターにはコミュニケーションノートというものが置いてあることがある。記念カキコ、チラ裏日記、攻略情報、イラストなど、ゲーセンに来た人が各々好き勝手書き込み、時にはお互いに顔を知らないプレイヤー同士の交流がノート上で始まる奇妙なあれである。最近はコミュニケーションノート自体をなかなか見かけなくなってしまったが、昔は結構どこのゲーセンに行っても置いてあった。それは僕がいつも通っていたキッズクラブやエジソン倶楽部も例外ではなく、僕もゲーセンに足を運ぶたびにコミュニケーションノートに目を通し、時には書き込みもしていたのであった。

当時のコミュニケーションノートにおいて特に目を引いたものの一つが、女性ポッパー(pop’n musicをやる人のこと)の書き込みである。可愛い字体で自分の近況やpop’nのプレイ記録を書き、時には長文で曲萌えやキャラ萌え語りをし、キャラのイラストを添えるのがだいたいお決まりのパターンであった。最近はもうそんなことないだろうが、当時女の子がプレイする音ゲーといえば8割方pop’n musicであり、ゲーセンで女の子の友達をつくりたければ、まずpop’n musicを始めるのが一番の近道であったと言っても過言ではなかった(個人の感想です)。


キッズクラブのコミュニケーションノートにおいても、書き込みをする女性ポッパーはちらほらいたのだが、その中でも特に頻繁に書き込みをしている人がいた。その人のことをここではAさんと呼ぶこととする。時期的には、DDR EXTREMEが稼動したあと、僕が高校1年〜2年の頃だったと思う。別にノート上で特に交流があったわけでもなかったが、Aさんもよくイラストを描いていたので書き込みが目に付きやすかったし、それで書き込み頻度も高いとなると、Aさんのことは自然に記憶していった。

さて、このコミュニケーションノートだが、通常であれば書き込み主の顔はわからないのだが、ちょうどノートに書き込んでいるところを目撃されてしまうと、当然ながら書き込み主を特定されてしまうこととなる。キッズクラブは客数自体が少なかったうえに、その少ない客の大半は周辺の学校の学生であり、学校帰りの平日夕方に来る人がほとんどであったため、ノートに書き込みをしている人にしばしば出くわし、意図せずして書き込み主を特定してしまうことがあった(ちなみに、キッズクラブの音ゲーは全てe-AMUSEMENT非対応だったため、カードネームから特定されることはなかった)。

そんな中、程なくしてAさんのことも特定してしまうのだったが、まあ周辺の学生であったことは予想通りだったのでいいとして、それに加え、Aさんの顔が思っていたよりもわりと可愛いということがわかってしまった(失礼な言い方をするな)。これを機に、僕はAさんのことが気になり始め、ノートでAさんに対してちょいちょいレスを付けるようになった。すると向こうも丁寧に返事をくれるので、それがまた嬉しかった。ちなみに僕は当時からpop’n musicもプレイしていたので、話のネタには困らなかった。また、DDR EXTREMEにはpop’n曲が収録されていたためか、普段ほとんどpop’nしかプレイしないAさんがDDRをプレイしていることがあった。僕はその姿を、他の音ゲーをプレイしながら曲選択中などにチラチラと見ていたのだった。

何度かノートでのやり取りを繰り返すうちに、向こうも僕のことを特定していたとは思うのだけど、それを決定づける出来事があった。ある日、Aさんと僕が同じ日の同じ時間帯に2人ともキッズクラブ内にいながら、ノート上だけで何往復も会話のやり取りをするというやつが行われたのだった。片方がノートに書き終えてから少し離れた場所に移動し、今度はそれを確認したもう片方がノートに書きに行くという、それの繰り返しであった。そんなの、今となってはこれを書いている本人も笑ってしまう話なのだが、男子校に通う陰キャだった当時の僕は、そのAさんとの一連のやり取りにときめいてしまい、いよいよAさんのことが好きになってしまうのであった。もうそこまで来たら普通に話しかけろやという感じなのだが、その時の自分にそこまでの勇気はなかった。ちなみにこのノート上のやり取りは、後日別の女性ポッパーからノート上でいじられていたのだが、それがまるで、幼馴染みの女の子との関係を友人から茶化される少年漫画の主人公のようでまた気分が良かった(馬鹿すぎる)。


そんな感じで日々浮かれていたのだが、ある日事件は起こった。Aさんがノート上に、「(キッズクラブ内で)めちゃくちゃカッコイイ人いた! どうしようすごいドキドキする!(ハートマーク)」的な内容のことを書いていたのだった。この発言は僕に致死量のダメージを与えた。まず、僕はAさんから認知されていたため、当然そのカッコイイ人というのは僕のことではないし、そんなことをノートに書く時点で、僕に対して大した感情もないという事実も顕在化してしまった。また、Aさんはチャラついた子ではないという幻想を僕は勝手に抱いていたため、そんなAさんが突然知らない他人の容姿についてパブリックなノートに書き連ねハシャいでいたのが、僕にはとてもショックだった(Aさんもいい迷惑である)。

その後も、ノート上でAさんがそのカッコイイ人とやらに言及することが何度もあり、僕はそのたびに悲しい気持ちになっていたのだが、そのAさんの書き込み内容や日時から、驚くべきことが判明した。どうもAさんの言うカッコイイ人とは、たびたび僕と一緒にキッズクラブへ足を運んでいた、僕と同じ学校の同学年の友人のようなのだ。ただでさえ致命傷を受けていたその時の自分にとって、この事実は僕の魂ごと消滅させるほどの破壊力があった。ちなみにその友人(Bくんと呼ぶこととする)は、中学の頃から僕と一緒によくゲーセンに足を運んでいた友人たちとは異なり、高校に入ってからわりと最近になって一緒にゲーセンに来るようになったやつだった。別に親しくないわけではなかったが、中学からの友人に比べると、僕の中では若干距離があると感じる程度の友人であった。

そのBくんだが、それがガチのイケメンならまだ良かったのだが、正直なところ「オタクにしてはマシ」くらいの顔だった(失礼なことを言うな)。中学からの仲の良い友人たちの中にもAさんのことを把握している者は何人かいたため、僕はそいつらと「なんでBが……?」「Aさんの趣味っていったい…?」という話をした(失礼なことを言うな)。ちなみに、Bくんのほうはそこまでノートを見てはいなかったので、AさんがBくんに対してそんなことを言っていることに気づいていないどころか、Aさんの存在も把握してはいなかったと思う。当然のように僕たちは、AさんのことはBくんには秘密にしておいた。


それから先のことはあまり覚えていない。僕はAさんへの興味がだんだん薄れていき、Bくんのことは普通に嫌いになった(Bくんもとんだとばっちりである)。キッズクラブのpop'nが古いバージョンのままだったからか、それとも単にpop'nに飽きたのか、まあ理由はわからないのだが、Aさんも次第にキッズクラブに現れなくなっていった気がする。そんなわけで僕の恋(?)は、Aさんと一度も会話をしないまま終わりを告げたのであった。


あれからもう15年ほど経ってしまったが、Aさんは今頃どうしているだろうか。今もまだ音ゲーに興味があるだろうか、それとも、音ゲーからはすっかり離れ、ヒプノシスマイクにハマったりしているだろうか。今後の人生でAさんと関わることはおそらくないだろうが、まあ元気でいてくれたら良いなと思う。

ちなみに、当時の僕は腐女子という概念を知らなかったが、Aさんは腐女子だったのだろうか。今となっては知る由もない。


続く。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



DDR EXTREME稼動開始から約3ヶ月後、僕は高校生となった。とはいっても、中高一貫校だったため、これまでと大して環境は変わらなく、ただ学年が上がっただけという感覚だった。変わったことと言えば、中学の寮では8人部屋で生活をしていたのだが、高校に入ってようやく個室(3畳)が与えられたことくらいだろうか。高校時代のDDRは3年間まるまるEXTREMEだったため、いつ頃の時期に何をやっていたかいまいち記憶があやふやなのだが、今回は概ね高校1年〜2年頃のことを書いていく。


高校時代は、学校最寄りのゲーセンであるキッズクラブで、自分と同じ学校の先輩方数名をよく見かけた。みなさん自分よりは学年が1つ上で、主に高校から入学してきた方々だった。音ゲーをやっている方も何人かいたため、次第にその先輩方と親しくなり、一緒に遊ぶ機会もできた。その中でも特に良くしていただいたのが、HIDEさんという方であった。HIDEさんはdrummaniaを主にプレイしていたが、たまにDDRをやることもあった。休日一緒にエジソン倶楽部に行くこともあったほか、高校在学中のみならず大学時代にも関東にてよく遊んでいただいた。もう長いこと会っていないうえに最近はTwitterでも見かけなくなったが、元気にしているだろうか。

DDR EXTREMEが稼動してからしばらくは近場のキッズクラブでばかりプレイしていたが、以前の記事でも触れたように、他の音ゲーの最新バージョンやメモリーカードを挿せるDDRを求めて、次第にエジソン倶楽部にもまた足を運ぶようになっていった。ちなみに、高校の寮でも相変わらずゲーム機などの所持は禁止されていたため、どうやってEDITデータを作っていたのかというと、ソフトだけこっそり所持していて、休日にPS2の置いてあるネットカフェまで足を運んでそこで作成していた。ネットカフェにて譜面の構想から始めると時間がかかりすぎるため、普段から自分で考えた譜面を紙に手描きで描きとめ、ネットカフェではそれの入力作業のみ行うという、涙ぐましい努力をしていた。


そんな中、エジソン倶楽部にてDDRがかなり上手いプレイヤーに出会うことがあった。自分よりもスコアの精度が遙かに高く、当時の自分ではまず敵わないという感じであった。それがヤマーさんという方だった。EXTREMEも稼動してからだいぶ経っていた頃であり、DDRをやる人自体がそもそも少なかったというのもあるのだが、エジソン倶楽部でたびたびお目にかかるので、次第に会話を交わすようになった。これが、いわゆるスコアラー界隈の人との最初の出会いであった(最近はそうでもないと思うのだが、昔はDDR界隈自体が狭かったこともあってか、スコアラーとそうじゃない人とで結構隔たりがあった気がする)。

ヤマーさんは元々大分県の人で、当時は大学の関係で鹿児島に来ていた。大分や福岡の上手いプレイヤーの話をヤマーさんから聞いたりもした。足9でも難しいほうの譜面で簡単にPFC(当時のAAA)を出してしまうような人がいるという話を、そのプレイヤーの具体名込みで聞くのだけど、当時の自分にはまだあまり実感の湧かない世界であった。

こうしてヤマーさんとは、たびたびエジソン倶楽部にて話をしたり一緒にプレイしたりすることとなった。DDR EXTREMEを一通りやり尽くしすでに若干飽き気味で、いつもなあなあプレイになっていたその時の自分にとって、自分よりも上手いヤマーさんの存在はかなり刺激になった。通常モードではPERFECTを、NONSTOPや鬼モードではMARVELOUSを、今まで以上にしっかりと意識して狙うようになっていった。その甲斐あってか、DDR SuperNOVAが稼動する頃あたりまでには、スコアラーの端くれと言える程度には力が付いたのではないかと思う。

最近はSNSや動画サイトの普及により、音ゲー上級者と交流したり上手いプレイを見たりすることはかなり気軽にできるようになってきたが、やはり実際に上手いプレイヤーと日々接し、そのプレイを生で見ることから得られる刺激は、ネット越しのそれとは比較にならないものがあった。特にモチベーションの維持・向上への影響が大きいと思う。ヤマーさんとの出会いももちろんそうだが、特にDDR SuperNOVA以降は、関東で日々多くの上手いプレイヤーと接することができ、それはとても恵まれた環境であった。もし自分がSuperNOVA以降も宮崎か鹿児島に残っていたとしたら、きっとそんなに上手くはならなかっただろうと思う。


話が少し逸れてしまったので、EXTREMEの話に戻したいのだが、EDIT以外でこの時期に具体的に何をプレイしてどのくらいのスコアを出していたかというと、正直ほとんど覚えていない。覚えていることと言えば、鬼モードでNAOKI neo-standardコースのスコアアタックをちょいちょいやっていたことくらいだろうか。当時のDDRのクリアランクはAAの上がPFCであり、現在のAAAに相当するものがなかった。そのため、AAは量産できるようになったもののPFCはまだ夢物語だったくらいの頃は、目標も成果も見えにくい時期だったのかもしれない。


続く。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



僕のDDRの思い出を語る際に外せない存在の一つがBeForUである。BeForUはDDR 5thMIXのときに一般からのオーディションにより結成された4名の女性ボーカルユニットであるが、僕は結成時からかなり応援していた。当時の僕は中学2年生で、モーニング娘。などを好んで聴いていたお年頃であり、DDRにもそういったアイドル的な(と言うと語弊があるが)ユニットが登場したことに関しては「いいやんけ」という感想を抱いた。BeForUは活動途中にメンバーの入れ替えなどもあったが、メジャーデビューするくらいの時期までは、BeForU関係のCDはほぼ全て購入していた。

BeForUはメンバー自体が好きだったことにくわえ、そもそも作曲がほとんどNAOKIだったため、NAOKI曲が好きだった自分にとってはBeForU曲も最高であった。5thMIXに収録されたデビュー曲であるDIVEと、その次のDDRMAXに収録されたFireflyは、どちらも曲・譜面ともにすごく好きなのだが、残念ながらそのどちらも現行のDDRにおいては削除されてしまっている。他に好きなのはKI・SE・KIあたりだろうか(これも削除されているが……)。

BeForUの中でも特に好きだった(というか今でも好きだが)メンバーが、Noriaである。何が好きだったかって、まあ見た目も声もめちゃくちゃ可愛かったからだ。どのくらい好きだったかというと、デビュー曲のDIVEの時期からNoria宛てにファンメールを何度か送ったことがあるくらいだ。


BeForUはDDR以外にも活動の幅を広げ、時にはソロでの曲もリリースされたりするのだが、その中でも特に衝撃的な曲があった。それがbeatmaniaIIDX 9th styleに収録された、Silvia Driveである。この曲はdj TAKA作曲のNoriaソロ曲であり、曲の良さもさることながら、一番の衝撃は終始Noriaが実写で登場するムービーであった。まあ今見ると少し地味なムービーなのだけど、Noriaが好きだった当時の思春期の僕にとって、そのNoriaの可愛さには凄まじい破壊力があった。ゲーセンでIIDXをプレイするときは必ずと言っていいほどこの曲を選曲した。さらに、当時IIDXのムービー集がDVDとして発売されたので、僕は迷わずそれを購入し、ニヤニヤしながら何度も何度もそれを鑑賞したのであった。

また、これもSilvia Driveのムービーにニヤニヤしていた頃とそう離れていない時期だったと思うが、アーケード版DDR EXTREMEが稼動を開始してから1年弱経った頃、家庭用DDR EXTREMEと、DDR Party Collection(ベスト盤的位置づけの家庭用DDR)が立て続けに発売された。その時期に、公式サイト上で、アーティストのサイン入り生写真プレゼント企画とやらをやっていた。全部で9名のアーティストの写真がそれぞれ1名様に当たるという企画で、僕はNoriaの写真に応募したのだったが、なんとなんとそれが当選してしまったのだ。これはほんっとうに嬉しかった。15年経った今でも大事に保管してあるので、その写真を以下に掲載する。

PSX_20180903_203442
(※画像クリックで拡大できます)


ちなみに、ここから少しずつ話は逸れていくのだが、このプレゼント企画の当選者発表ページは現在も残っていて、ここに載っている「一葵」という名前の当選者がまさしく僕である。DDR EXTREMEの稼動開始から1年近く経った当時、僕はようやく自分のハンドルネームというものを模索し始めていた。そして最初に付けたハンドルネームがこの「一葵」なのである。昔の自分のハンドルネームの話をするというのは、黒歴史を掘り返すようで言ってる本人はめちゃくちゃ恥ずかしいのだが、面白いので話すことにする。

この「一葵」という名前だが、「イッキ」と読ませるつもりで設定した。由来は、当時週刊少年マガジンで連載されていた漫画「エア・ギア」の主人公のニックネームそのままである。漫画のキャラの名前をそのまま付けるという安直かつ恥ずかしい名付け方は、今に始まったことではなかったのだ。なお、余談ではあるが、「エア・ギア」の作者である大暮維人先生は、県どころか市まで僕と出身地が同じである。地元の小さい古本屋で大暮維人先生のサイン色紙を見かけたこともあった。まあそういった縁もあって、「エア・ギア」から名前を引っ張ってこようと思ったところもあったと思う。

次にこの「一葵」という漢字だが、察しの良い人なら気づいているかもしれないが、これは僕が大好きだった「elemental-6C」のきりくさん(@ele6c)が、当時は「葵六」という漢字を当てていたため、それをパク……リスペクトしたものである。

この「一葵」というハンドルネーム、しばらくは気に入っていたのだが、次第に使わなくなっていった。その理由には、まず、「イッキ」という響きがあまりしっくりこなかったというのと、きりくさんからのパク……インスパイアが強すぎたというのがあった。また、一番の大きな理由は、当時自分の周りの友人たちは誰もハンドルネームなんて名乗っていなかったため、突然僕だけ自分で考えたハンドルネームを使い始めるのが恥ずかしかったというものであった。そういうわけで、せっかく考えた自分のハンドルネームは一度うやむやになってしまった。「Raye」という名前を名乗り始めるのはもう少し先のことである。


最後に、話をBeForUに戻すと、上京後すでにDDR SuperNOVAが稼動している時期だったと思うが、都内で開催されたBeForUのミニライブに足を運んだことがあった。ライブが良かったのもさることながら、ライブ終了後に会場を出る際、メンバー全員が出口付近で見送ってくれるという仕様だったため、めちゃくちゃ間近でNoriaを見ることができ、本当に舞い上がってしまった。それで僕は思わず「握手してください」と頼んだのだが、隣にいたスタッフに「握手はダメです」と言われたことを覚えている。


以上、こうして思い返すと、本当にBeForUが好きだったんだなあというか、特にNoriaへの思いが自分でも引くくらい強かったなと感じる。結局BeForUはなんかよくわからんまま音ゲーから離れていってしまったが、最近また、りゆやNoriaの活躍をちらほら耳にするので嬉しく思う。これからも陰ながら応援していきたい。


続く。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ