ワイ、2018という数字が美しすぎて2019年の世界で生きたくない


5