2006年01月07日

MS形態レビュー

外装を取り付けて、MS形態を見ていく。
ゼータガンダムはその特徴として、常にシールドは左手に付いたままになる。
外装取付には1時間ぐらいあればいいだろう。
パズルのようなものなので、パターンを覚えたら早く組めるようになる。
五体をばらして組み立てた方が事故がなく良いかもしれない。


20
少しがっしりした感じを受ける。
ビームライフルは長い。地面に付きそうだ。
高さはシールドの先端で370ミリほどだ。





21
アップ。



22
サイドビュー
土踏まずの部分と、ボディとの位置に注目。ここまで反らないと上手くバランスがとれない。



23
リアビュー
少し股間が開いてしまった。


24
サイドビュー
ビームライフルは腕を少し曲げないと地面に接地する。



25
ちょっと回してみた。



26
再びアップ。



27
こうやって本体を回転させているが、関節のユルさはない。
ただ、ビームライフルとシールドが重い分、少し垂れてくるかな。



28
パネルラインに沿って外装がはずれるので、スミ入れも少ない。



29
ビッグモデルこその迫力の画像。


30
頭部外装もパネルラインに沿ってパーツが分かれている。


できればいろんなアクションポーズをとらせたかったが、ウィングが付くとリアヘビーになって
アクションポーズをとらせることはかなり難しい。
股関節も、ウィングが付くとその重量を支えるのにも限界に近い感じだ。
股を開きすぎれば、即座に又裂き状態となってしまう。
そのバランスの悪さから、ポージングには結構時間を要する。
たぶんほとんど直立状態に近いポーズしかできないだろう。これはゼータの宿命だ。
腕に関しては自由度も高く、武器類の保持もポッチで留めるので様々なポーズをとれるだろう。











rdfy0076 at 19:02│Comments(2)TrackBack(0)PG 1/60 Z GUNDAM 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by たこちゃん   2006年01月07日 22:17
かっこいいー!
色々なポーズをさせるのが難しいとの事ですが残念ですね><
PGで決めポーズ見たかったんですけど^^

でも、ポーズ決めて倒れて壊れたら洒落にならないので立ったままでいいです^^
2. Posted by 趣味オヤジ   2006年01月08日 01:00
可動範囲は広いのに、悲しいぐらいにアクションポーズができません。\(#><)/
きちんと支持するディスプレイスタンドが欲しいところです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
趣味オヤジ
PGリスト



PG RX-178 ガンダムMK-



PG ガンダムMK-競謄ターンズ



PG MSZ-006 Zガンダム


PG ガンダムGP01/フルバーニアン


PG ウイングガンダムゼロカスタム


PG ストライクガンダム


PG ストライクルージュ+スカイグラスパー


通販ショップ
アニメ関連株


English Page is Here!
管理人にメール