2006年09月26日

フレームレビュー

今日はフレームをみていこう

10
まずは全体
肩部のスラスターが大きく張り出している



11
フレームはスミイレなどは施していない
胸部の上側ハッチはねじ止めなので取り外せない


12
脚のパイプは金色で塗装してみた
脚は部品点数が多く、細かなギミックで可動ヶ所が多いところだ


12-1
脚部のスラスターフィンはもちろん可動
つや消し吹きを失敗してるのでちょっと白いね


14
後ろから全体をみる


15
動力パイプの金属チェーンがイイ感じ


16
腕はもちろん二重関節
腕を三等分した構造になっているな


17
片膝建ちをさせてみる
可動範囲は広いので難なくこなす


18
正座もOK
フレームだけだと問題ない


19
肩の部分は引き出し式になっている
画像は引き出した状態


20
ここのパーツがこんな風に動く


21
コックピットハッチをスライドさせればパイロットが見える



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by マーキィ   2006年09月27日 01:40
5 あらためて見るとPGゼータより
さらに細かいフレーム構造に感じますね。
私のPGゼータ作製はウェイブライダーウイングとライフル、シールドと、完成まで
あともう少しとなりました。
次はPGマーク響世い覆里任修蹐修躬兎れる予定です。
2. Posted by とと。   2006年09月27日 11:18
5
おつかれさまです。

フレームの可動はやはりスゴイですね。
Zと違って変形しない分、肩の構造がよりリアルですね。

え?ワタシのZ?
今年中には仕上げますよ、多分、、。
3. Posted by 趣味オヤジ   2006年09月27日 19:50
>マーキィさん、ととさん

ゼータガンダムってウィングはもちろん、シールドまで付かないとウェイブライダーに変形できないってのが骨が折れるところですね。
ウィングの組立が正念場ってところの気がします。

ところでととさん。見てたらエルガイムもなんか興味が沸いてきちゃいましたよ。しかも旧キットの方で。あれも良いキットでしたからねえ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
趣味オヤジ
PGリスト



PG RX-178 ガンダムMK-



PG ガンダムMK-競謄ターンズ



PG MSZ-006 Zガンダム


PG ガンダムGP01/フルバーニアン


PG ウイングガンダムゼロカスタム


PG ストライクガンダム


PG ストライクルージュ+スカイグラスパー


通販ショップ
アニメ関連株


English Page is Here!
管理人にメール