2006年09月30日

感想とまとめ

ガンダムMK−兇蓮惶‘粟鏤裡撻ンダム』と『機動戦士ガンダムZZ』に登場するモビルスーツだ。

MK−兇蓮∋呂瓩縫モチャありきの初代ガンダムと違い変形合体の機構を持たず、またムーバブルフレームという構造概念からデザインされたもので、その容姿はまさに”リアルロボット”と呼ぶにふさわしい風貌となっている。

40
どっからでも来いってカンジ


MK−兇錬穏酩覆謀呂辰禿仂譴垢襪世韻法▲謄ターンズも含めると搭乗者数が多い機体でそれだけ活躍の数も多い。
なかでも、シャアことクワトロ大尉がこの機体に初めて乗り込んで出撃する時があった。だがしかし、ジオン時代にあんなに自分を苦しめた機体の後継機だというのに、当の本人はフツーに乗り込んでフツーに操縦しているから、なにかを期待していた趣味オヤジとしては、ちょっとがっかり。
その後、カミーユ、エマと渡って物語終盤で大破。最終話でファに機体を回収されてその後「ガンダムZZ」で復活し、すぐさまエルが搭乗するが、この子がアムロ並みかそれ以上のニュータイプだったらしく、マニュアル読んだだけでさっさと乗りこなしてしまった。ルーもあっけにとられてたね。
その後はさて、まだDVDを観てないので知らないところだが、そんなこんなでこのガンダムMK−供∩埖腓淵ンダムサーガの幕開けとなった重要な機体でキットの方も期待したいところなのだ。


41
後ろ姿だってスキがない


鑑賞:無塗装でも完璧に色分けされ、完成度の高いパーフェクトなだけに、どっから見ても形状の破綻などはない。っていうか、ここ数年のプラモデルのキット(特にガンプラ)って、3DCADで設計してるから好みは別として形がオカシイなんてことがない(3DCADでデザインして3Dプリンタで形状確認なんてすぐだろうし)、こんなこと言ってる方が時代が違うんだろうなあ。
特にMK−兇亙儼舛靴覆いら、無理な造形も無い。
組み立てたあとは全く見えない外装の裏までびっしりとモールドが施されているのは、さすがにパーフェクトグレードならでは。コストが掛かるからといって手を抜かないのが素晴らしいところだ。
ムーバブルフレームの構造も良くできているし面白い。特にヒザ関節の外装のスライド機構はよく考えられている。
今回はパイピングなど少ししか塗装しなかったが、このムーバブルフレームを全塗装しドライブラシなんかをかけたら結構面白いものになるんじゃないかと思いながら組立を進めた。趣味オヤジの場合、そんなことをしたら半年ぐらいはゆうに掛かりそうなのでするつもりはなかったが、いつかもう一回フレームまで含めた全塗装で作ってみたいと思うぐらい気に入った。


42
ビッグスケールだけに、ショボイデジカメでもパースの効いた構図も簡単


アクション:上半身に関してはもう言うこと無し。肩関節が引き出せるのはポーズの可能性が広がる。
しかしその反面、下半身が今ひとつ。
まず腰回りのアーマー。
特にリアアーマーが可動しないのは話にならない。最悪だ。このせいで脚を後方に降り出すことが出来ない。
フロントアーマーは出来ればもっと大きく動いて欲しいところだ。立ちヒザすら出来ないのはアクションモデルとして見るならば致命的だ。
腰のアーマー類はスイング機構でも設ければ解決しそうだけどどうかな。

脚の可動範囲は大きいが、残念なのはキット自体の自重がありすぎてヒザを曲げたポーズをとると支えきれない点だ。ヒザの複雑なスライド機構により関節部の軸が小さく必要な摩擦が得られないためだろう。ネジで締め付ければという話もあるが、そのネジはタッピングビスなのであまり締めすぎると受けのプラがバカネジになってしまうからやっかいだ。また、足首ももう少し固い方がいい気がする。脚がダメだとポージング全てがダメなのでここはしっかりして欲しいところだ。

あ、あとバズーカのグリップは折れやすいと有名なので注意ね。


43
相変わらずの背景もそろそろなんとかしなきゃ


組立:組立説明書はびっしりと書き込んでなく、空間が多いので読みやすい。
PGゼータはここがびっしりで組み立てる前から圧迫感があったが、それは軽減されている。組立説明書は組み立てやすさはもちろん、モチベーションの維持にもつながる大事なものなので、これからもいろいろと進化があるところなのかもしれない。
組立自体はもうパーツ切り取って組むだけ。大きいパーツが多いので扱いやすく、難しい、ややこしい、めんどくさいと思えるものはなかった。そのへんがもう一回作ってみようかなっという気にさせるのかもしれない。

今回は組立の際のパーツ破損は無し。

44
もう惚れ惚れしちゃう


総評:ムーバブルフレームありきのデザインがMK−兇瞭団Г覆里如△海離燹璽丱屮襯侫譟璽爐露出する箇所が多い。ヒザ裏やヒジの部分また、胸部も切り欠いてあってわざとフレームを見せるところなど、芸が細かい。
ただそうなると、こういったところはつや消しでも吹いといたほうが良かったかなと思った。胸部の切り欠き部は特に目立つのでちょっとでも塗装してやるとココはもっといい感じになるかも。

アクション性については多少残念だったが、パーフェクトグレードらしく細かなところまで再現されたパーツ、そしてなんといってもその1/60スケールから来るド迫力。それが素組でも十分な高い満足度が得られた。


そういやあ話は変わるけど、エマ中尉が劇中で「カァァァツゥゥゥ!!!!!!!!」ってドアップで叫んでたけど、これちょっとそんなに顔崩さなくてもねえ。。。。


晩御飯カツ丼にでもするかな。


45
作りも作ったり、ガンダムバカ一代。 真ん中のちょんこいのはご愛敬
しかしこれ、今度の羽根付きは入らんぞ


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by とと。   2006年10月01日 02:15
完成おつかれさまでした。

PGの技術がフィードバックされたMG ver.2.0を作った(まだ完成してないけど、、)ときもスゴイと思いましたが、やはりPGのフレーム構造はスゴいですよね〜。
それだけに下半身の可動は惜しいものがありますが、、。

>いつかもう一回フレームまで含めた全塗装で

おぉ、是非とも、。

最後のショーケースの写真は圧巻ですね。
2. Posted by 趣味オヤジ   2006年10月02日 20:14
お付き合いありがとうございます(^^)

フレームはイイんですけどね
この辺は次のウイングガンダムに期待したいところです

写真には写ってないけど右の方にはエヴァンゲリオンとタチコマが居座っていて、とってもワンダーな世界観になっています

3. Posted by マーキィ   2006年10月03日 00:57
5 PGマーク尭記完了おめでとうございます。

>組立説明書はびっしりと書き込んでなく、空間が多いので読みやすい

組立説明書見た時、同じ感想でした。ゼータより簡単に組み立てられそうだなと思いました。

私の場合PGゼータは、ゲート処理が時間的にも精神的にも大変だったのですが、マーク兇魯▲鵐澄璽押璽箸採用されてる分、そのへんは簡単そうに予想してます。趣味オヤジさんの感想はどうでしたか?

友達のPGマーク兇楼枉錣紡首が弱くて気づいたら倒れてるそうです・・・( ̄口 ̄;)
これから作る側としては今のところそれが唯一の心配です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
趣味オヤジ
PGリスト



PG RX-178 ガンダムMK-



PG ガンダムMK-競謄ターンズ



PG MSZ-006 Zガンダム


PG ガンダムGP01/フルバーニアン


PG ウイングガンダムゼロカスタム


PG ストライクガンダム


PG ストライクルージュ+スカイグラスパー


通販ショップ
アニメ関連株


English Page is Here!
管理人にメール