May 19, 2017

7SEEDSをこう読んでいた

2008年にわたしはこんな記事をUPしました。

■「7SEEDS」を読むキーワード【退路を断たれる】 【戻れない】

その当時は、
7SEEDSは冒険物語的要素が強くありながらも「目的地が見えない」という点が新しく、また読者としても少し戸惑う気持ちがありました。

自分はあれから7SEEDSをどう読んでいたのかのまとめを、最終回を迎える前に書いてみようと思います。

あの記事をUPした後、7SEEDSへの見方に1つ新しい視点を与えた回があります。
■夏至の章 想う 

夏のBチームが樹液の中で絶体絶命状態から無事生還した物語を読んだ時に「XX」(記事の都合上、ここではこのキーワードを後回しにします)というキーワードを感じました。
それ以降自分の中ではずっと「これはXXが生まれる物語だ」と思って読んでいました。

それがいつの頃からか、次第にこのキーワードも強く意識するようになっていました。
そのキーワードが「繋ぐ(つなぐ)」です。

7SEEDSは繋ぐ物語
始まったものはいつか終わる、しかし終わりは始まりへとつながっていく。
生と死は、それぞれが独立したものではなくて、どちらも自然の中に常に存在しているものであって、木漏れ陽のように、蛍の光のように、ちらちらと光ったり翳ったりしているのだ。
そういうことを感じるようになってきました。
くるみの妊娠や角又と恋人のエピソードなど、まさにそれを象徴するものだったと思います。

最初に感じた「退路を絶たれる」「戻れない」というキーワードも、随所で感じ続けていました。
登場人物は、根っからの悪人という人はいなかったと思います。
しかし登場人物の行動に共感できないエピソードは多々あったと思います。
「なぜそんなことをやらかしてしまったのだ君は」と言いたくなることも、ありましたよね?登場人物の行動について「あああなぜそんなことをやったのだ?ここでこうしておけばああなったかもしれないのに!」と歯がゆく思うこともありましたよね?

人間は誰でもミスをします。間違います。
そしてそれは時に取り返しのつかない事態を招いたり、誰か、もしくは自分を深く傷つけてしまったりします。
しかし、それをなかったことにはできない。
時間は戻せない。前に進むしかない。

旅客機のパイロットは、トラブル対応時について徹底的な訓練を受けるそうですが、その時に「もう起きてしまったことについては考えない、今できることに集中する」ということを徹底的に叩き込まれる、という記事を、どこかで見かけた記憶があります。
一刻を争う判断を瞬時に下すためには「あの時ああすればよかったのに」と考えるヒマはないということでしょう。
過酷な世界で生きる7SEEDSメンバー達も、時に後悔で立ち止まりそうになりながらも、生き延びるために必死で今できることを考えて行動する、時には相容れない相手とも協力するわけです。

生き延びるためには、その時その時に、自分がいいと思ったこと、正しいと判断したことを、精一杯やるしかないのだ。後でそれが間違いだと気づいても、その間違いはなかったことにはできない。
やらかしてしまった間違いと共に生きるしかないし、また、その時その時の選択を積み重ねながら生きるしかないのだ。

そういうことを「7SEEDS」に教えられたように、わたしは感じています。

そして。
その積み重ねた時間がやがて、神話を産むのではないか、と感じました。
記事の最初で伏字にした文字が「神話」です。

満月のもとで全裸で踊る牡丹さんと夏Bメンバー達を見て思ったのです。
もしかしてこれは神々が国を産む物語なのかな、と。

日本の神話も、世界各国の神話も、とても面白いと、わたしは思います。

わたしは、神話というのはまったくの夢物語ではなくて、実際にあったことだと思っているのです。もちろん、古代の日本にヤマタノオロチという怪物が実在していたとか、言葉そのものが全部、実際に起きたことを語っているという意味ではありません。
実際にあった出来事がメタファーとなって寓話的に伝わったり、(自然災害を怪物として語り継いだりなど)後世の出来事とくっついて1つの物語になってしまったり。あるいは起きてしまった出来事が悲惨すぎたので鎮魂の意味を込めてハッピーエンドの物語に変えてしまったり。
積み重ねた時間の中で、多くの人々の間で語られる中で、少しずつ紡ぎ続けられてきた昔話が物語となり、それがやがて神話になったのではないかと思っています。
語り継がれる物語の中で、遠い時間を越えた想いがつながっていくのかな、と思います。

最終回を迎えて、すべての物語を読み終えた時、また違った見方が出てくると思いますが、最終回の前に、自分の感想を書いてみました。

最終回、どうなるのでしょうか。楽しみです。


■あらすじINDEX
■ブログ更新状況はブログ右サイドの「次の更新は…?」欄でお知らせします!
※ブログ右サイドはスマートフォン等PC以外のデバイスでは表示されないことがあります。





reading7seeds at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)7SEEDSにまつわる雑談