2018年04月23日

05 2FCマッドレッドGD 後編


温故知新 若狭 カラー05


印刷が駄目なら

カラー03や04のように 手塗り七宝ではどうか?


いかに熟練した職人といえども 

2色グラデーションを手塗りで仕上げるのは困難であるらしい・・・・。


さ れ ど、


「吹付けなら いけるかもしれない。」


そう考えた鯖江の職人達は、塗料(七宝)をスプレーガンに入れ


今まで 手塗りでしていた塗料の1色目を吹き付けました。



ここで 大きな疑問が


「スプレーガンで吹付ける」 と言うことは


ブリッジにも リムにも 当然 ブロー後面やテンプル内面にも

塗料が かかってしまいます。


「なら どうすればいいのか?」


結論は、

ブロー前面とテンプル外面以外の全てをマスキングする。


温故知新 若狭 を語る上で いいや REALのものづくりを語る上で

下記の言葉は、大切なキーワードとなりますので 記憶に留めてくださいませ。



全面テープマスキング



それは、本来 量産では あり得ない手法。


そんな 手間を掛け カラー05は誕生しますが、


具体的に それらの工程を一つ一つを紹介致します。




先ず 下地処理を施したフレーム全体をパラジウムで

貴金属メッキ致します。


その後、クリアのアクリル樹脂が満たされた槽にフレームを入れ

電気を流し 電着塗装 致します。


ここまでは、カラー02 MSIブラックと同じです。

そして

一旦 三工光学に戻され 検品後 七宝職人が在籍する表面処理工場へ送られます。


ここで マスキング職人が、


ブロー前面とテンプル外面以外の全ての面を、


即ち 全面テープマスキング致します。


ここから いよいよ 七宝吹付け工程であります。


マッドレッドの塗料(1色目)を、ブロー前面とテンプル外面に

スプレーガンにて 吹付けます。


吹付け後、90度から100度の温度で 低温乾燥 させます。


続いて 2色目のマットブラックを吹付けます。
(吹付け職人の 一発勝負でございます。)


マスキングを剥がし 拭き取り 検品後、

150度から160度の温度で 約2時間 高温乾燥させ 仕上げます。





若狭カラー05




自身も展示会(WOF)を控える多忙の中、井上の説明資料を展示会前日に

中島部長はまとめてくれました。


その一部を抜粋致します。


05.06.07の手法については、各工場で色々と試行錯誤していただき、

最終的に完成したのが2色吹き付けFCです。

もともと、多色表現するのに、印刷技術を使うことを基に考えていたところ、

外装工場からの提案で実現。

場合によっては、最終外装工場が失敗した場合には、

その前工程の工場からのやり直しが必要になるケースもあります。

通常、このようなリスクの多い外装表面処理はしませんが

リアルならではのアイディアから、工場現場が開発に時間をかけて、

リスクを冒してもリアルの要望を形にするという熱意が伝わると思います。




その賜物にて




温故知新 若狭 カラー05 2FCマッドレッドGD



若狭05




誕生 しました。


45本の生産でございます。




また一つ 歴史を刻む。




人気ブログランキング







Instagram










ショールーム見学希望(眼鏡店様対象)  ご予約画面よりお願い致します。




REAL STAGE(ショップ) の営業日は  
サイトトップページ

右下 営業日カレンダーを参照くださいませ。



メガネご購入相談、メンテナンス等は  
ご予約画面よりお願い致します。





real1994 at 19:05|PermalinkComments(0)温故知新 若狭 

2018年04月22日

05 2FCマッドレッドGD 前編


温故知新 若狭 カラー01から04の 4色の紹介を終えました。


これまで紹介しました表面処理も


少数でも歩止まりのリスクが高い手法であり、


通常の量産枠に対しては施し難い仕様であるとは言え


カラー01のセラコートはDUN。


02から04のカラーリングに近いものは 他のフレームでも前例がありました。


しかしながら


これから紹介致します カラー05 06 07 の3色は、


世界初のカラーリングとなります。



井上は願っていました


カラー02から04のブロー前面とテンプル外面に施したカラーは、


高質感であるが シンプルな単色であり


クラシックモデルとしての要素は十分に表現出来ていますが、


「 “REALらしい” と感じられるカラーリングを生み出したい」 と!



具体的なイメージは、頭の中では 鮮明に見えていました。


「高質感なマットグラデーション」


未だ 見たことのないカラーリングの提案に


いつもながら 中島部長の眼が輝いた気がしました。


早速 カラーサンプルの制作に入りました。


中島部長も 井上も 別段、メガネ業界で呼ばれる 七宝系の表面処理だけに


拘りを持っているわけではありません。


イメージ通りのグラデが出来るのなら


「どんな 表面処理方法でも構わない。」


当初 三工の技術陣と表面処理の協力工場がトライした方法は 印刷 でありました。


今 鯖江の、メガネフレームに施工する印刷技術は大きな進化を遂げています。


メタル系フレームにも アセテート系フレームにも

色彩豊かな模様が印刷出来るようになりました。


されど


仕上がったカラーサンプルから、若狭ならではの要因

印刷では グラデを完全に表現出来ないことが分かりました。


その要因とは ズバリ



曲智



rFTmvZLKWDvIjOP1524274566_1524274835




でありました。



基本的に 印刷は フラットな面にすることが理想であり

ある程度のカーブには対応出来ても 若狭の曲智には不向きでありました。



それを踏まえ


鯖江の表面処理工場が、その知恵を出し合い


結論に至りました。


「七宝を 2段階で 吹付けよう。」



試行錯誤がスタートしたのです。





温故知新 若狭 カラー05








後編へ続く




人気ブログランキング







Instagram










ショールーム見学希望(眼鏡店様対象)  ご予約画面よりお願い致します。




REAL STAGE(ショップ) の営業日は  
サイトトップページ

右下 営業日カレンダーを参照くださいませ。



メガネご購入相談、メンテナンス等は  
ご予約画面よりお願い致します。





real1994 at 00:34|PermalinkComments(0)温故知新 若狭 

2018年04月21日

04 FCマットダークブルー 


カラー04も03同様

2社の連携による表面処理にて誕生するカラーリングでございます。



温故知新 若狭 カラー04 FCマットダークブルー




若狭C04





下地処理を施したフレーム全体を光沢ゴールドに

貴金属メッキ致します。


一旦 三工光学に戻され 検品後 七宝職人が在籍する表面処理工場へ送られます。


そして ブロー前面とテンプル外面に

マットダークブルーの塗料(七宝)を 熟練した職人が手塗りします。


その際には、カラー03同様


マットダークブルーの塗料が、他の面に染み出さないように

『部分テープマスキング』

致します。



このマスキングにも 熟練の技が必要です。


その後、150度から160度の高温にて 約2時間乾燥させ

七宝を固め 仕上げます。



FCマットダークブルー




カラー04 FCマットダークブルー


50本の生産です。





井上の個人的見解では、


カラー04のライバルも、同モデルの若狭内にはなく


拾六カラー06のガチ勝負 だと思っています。






拾六カラー06







REALのライバルは

REALにしか 存在しない。







※ 『七宝焼き』について


REAL井上が語る 七宝は、

あくまで メガネ業界における 「七宝」 「フラット七宝」でございます。

陶器のようなイメージで、カラフルな絵の上に “釉薬”(ゆうやく)と呼ばれる薬を塗って

高温で焼き上げ 表面をガラスの様な感じなる装飾品とは異なりますことを

ご了承くださいませ。







人気ブログランキング







Instagram










ショールーム見学希望(眼鏡店様対象)  ご予約画面よりお願い致します。




REAL STAGE(ショップ) の営業日は  
サイトトップページ

右下 営業日カレンダーを参照くださいませ。



メガネご購入相談、メンテナンス等は  
ご予約画面よりお願い致します。









real1994 at 01:03|PermalinkComments(0)温故知新 若狭 

2018年04月20日

03 FCマットブラック 


カラー01はセラコート施工会社。 カラー02は衄装ジャパン。

それぞれの1社で表面処理を完結したのに対しまして


これから紹介しますカラー03から07の5色は、

2社の連携による表面処理にて誕生するカラーリングでございます。




温故知新 若狭 カラー03 FCマットブラック




若狭03





下地処理を施したフレーム全体をアンティークゴールドに

電着塗装致します。


一旦 三工光学に戻され 検品後 七宝職人が在籍する表面処理工場へ送られます。


そして ブロー前面とテンプル外面に

マットブラックの塗料(七宝)を 熟練した職人が手塗りします。


その際には、カラー02同様


マットブラックの塗料が、他の面に染み出さないように

『部分テープマスキング』

致します。



このマスキングにも 熟練の技が必要です。


その後、150度から160度の高温にて 約2時間乾燥させ

七宝を固め 仕上げるです。




FCマットブラック






FC染色(フラット七宝)と呼ばれる表面処理は、

カラー02のMSIと異なり マットでポッテリと塗った感が出ますが、

そのマット感が高級感を出し、「手塗り」の技法を引き立てます。




カラー03 FCマットブラック


45本の生産です。




井上の個人的見解では、


カラー03のライバルは、同モデルの若狭内にはなく


拾六カラー01とのガチ勝負 だと思っています。




RIMG3030 (2)







※ 『七宝焼き』について


REAL井上が語る 七宝は、

あくまで メガネ業界における 「七宝」 「フラット七宝」でございます。

陶器のようイメージで、カラフルな絵の上に “釉薬”(ゆうやく)と呼ばれる薬を塗って

高温で焼き上げ 表面をガラスの様な感じなる装飾品とは異なりますことを

ご了承くださいませ。







人気ブログランキング







Instagram










ショールーム見学希望(眼鏡店様対象)  ご予約画面よりお願い致します。




REAL STAGE(ショップ) の営業日は  
サイトトップページ

右下 営業日カレンダーを参照くださいませ。



メガネご購入相談、メンテナンス等は  
ご予約画面よりお願い致します。





real1994 at 00:00|PermalinkComments(0)温故知新 若狭 

2018年04月19日

02 MSIブラック 



カラー02に関しましては、COME展示会にて 紹介した内容と異なる点 が


ありますので ご注意くださいませ。




 温故知新 若狭 カラー02 MSIブラック




若狭カラー02





展示会では、上記画像のシルバー部分を

「チタン素地」だと話しましたが、

申し訳ございません。

パラジウムの貴金属メッキでございました。




それでは、カラー02の表面処理について紹介致します。



先ず 下地処理を施したフレーム全体をパラジウムで

貴金属メッキ致します。


その後、クリアのアクリル樹脂が満たされた槽にフレームを入れ

電気を流し 電着塗装 致します。


そして ブロー前面とテンプル外面のクリアのアクリル樹脂に

ブラックの塗料を 熟練した職人の手塗りより 染み込ませます。


その際には、


ブラックの塗料が、他の面に染み出さないように

『部分テープマスキング』

致します。



このマスキングにも 熟練の技が必要です。



カラー02は、

1987年創業 鯖江 株式会社 美装ジャパンの表面処理技術

MSI(特許)による カラーリングでございます。






MSIブラック







三工光学 中島部長がまとめてくれた資料から抜粋致します。



クリア樹脂にブラック染料を染み込ませて色出ししているので、

表面はフラットでメリハリのある仕上がりになります。

ブラックの奥でシルバーがメタリック感を出し、高級感を出します。





カラー01 セラコート グラファイトブラック同様

50本の生産です。





生産数量が、 井上の自信が表しています。


定番的カラーなれど


実際 半端ない高質感な仕上がりでございます。








人気ブログランキング







Instagram












ショールーム見学希望(眼鏡店様対象)  ご予約画面よりお願い致します。




REAL STAGE(ショップ) の営業日は  サイトトップページ

右下 営業日カレンダーを参照くださいませ。








real1994 at 00:00|PermalinkComments(0)温故知新 若狭 

2018年04月18日

01 グラファイトブラック 後編


後編をお読み頂きます前に、一言お願い申し上げます。

よく 政治家 芸能人 スポーツ選手等のインタビューや取材の中で、

話した側の意図と異なる 語尾の一文のみが強調され誤解を招くことがあります。


それを踏まえ 今回のブログはお付き合いくださいませ。



本年2月22日木曜日 中島課長(現 中島部長)より

LINE がありました。


※RF181とは、工場管理品番で 若狭 のことであります。


中島部長からのLINE



衝撃でした。


27分後に返信


返信LINE




ここからの 中島部長の奮闘を


REALを愛する漢(おとこ)達なら イメージ出来るでありましょう。



そして ここに 誕生 しました。




温故知新 若狭 カラー01 グラファイトブラック




カラー01 グラファイトブラック




ナイロン系フレームは、オークリー等の施工例がありますが


現在、量産のメタルフレームではDUNに続いて世界初の技術であります。




三工光学 及び セラコート施工会社の多大なる協力で


生産可能となりました グラファイトブラック ですが、


COME展示会場にて 井上は


「あくまで好意によるイレギュラーな数量での生産なので 

セラコートのロゴは、印字出来ません。」



と 伝えていました。


(通常は、数量的に100枚/色のロットが必要)




しかし




展示会最終日に中島部長が持参してくれた資料には




セラコートpng





拡大します。



拡大




ロゴの印字を認めて頂いた証がありました。



「これもまた 部長のゴリ押しか? ものづくりとREALに対する愛か?」




前編の中に


『今は天から 私達のものづくりを見守る 三工光学の前社長 三輪英樹氏』


と綴りましたが、


最近 強く感じます。



「中島の中に 三輪さんが生きている。」


中島部長の中に





中島部長無くして 今のREALも これからのREALも ありません。



あらためて それを強く感じる


最強の黒は、絆の黒でもあります。


セラコート グラファイトブラック の誕生です。




温故知新 若狭 カラー01












人気ブログランキング







Instagram












ショールーム見学希望(眼鏡店様対象)  
ご予約画面よりお願い致します。




REAL STAGE(ショップ) の営業日は  
サイトトップページ

右下 営業日カレンダーを参照くださいませ。

 








real1994 at 00:00|PermalinkComments(0)温故知新 若狭 

2018年04月17日

01 グラファイトブラック 前編

 

若狭と言う名の一人の女性への想いは モデル紹介の最後にして


先ずは カラー別の紹介に入ります。



COMEにこれなかった 古頭オーナー

「心して お聞きください!」



ニューモデル 温故知新 若狭 全7色 は、


もともと評価の高い MADE IN JAPANの表面処理 つまりは、


メガネフレームに施すカラーリングに強くスポットを当てた作り込みになりました。



その先頭バッターを披露する前に


下記動画をご覧くださいませ。



 



こんだけ ブッタたいても 剥げない黒


それは セラコート グラファイトブラック


9Hの硬度をほこり その他


耐摩耗性 耐塩害 等にも優れる 最強の黒 と言えます。


もともと 米軍の需要より開発されたセラコートは、


銃器や戦艦・空母の甲板 兵士のヘルメットや水筒等にも施工されています。



「何故、米軍依頼のカラーリングが メガネフレームに施せるのか?」


それは、今は天から 私達のものづくりを見守る 


三工光学の前社長 三輪英樹氏とセラコート施工会社社長との出会いにより


縁が結ばれ、その縁を東京営業所 中島部長をはじめとする三工のスタッフが


大切に育てた賜物でありました。



DUNで実績を残したセラコートの代表色 グラファイトブラックを


若狭のカラー01にすることは 当初(昨年11月)から決めておりました。




が、しかし・・・・・・



後編へ続く





人気ブログランキング







Instagram












ショールーム見学希望(眼鏡店様対象)  
ご予約画面よりお願い致します。




REAL STAGE(ショップ) の営業日は  
サイトトップページ

右下 営業日カレンダーを参照くださいませ。

 





real1994 at 00:00|PermalinkComments(0)温故知新 若狭 

2018年04月16日

最強TAGにて!!

   

展示会 COME2018 が終了して 早、4日が経過していますが


あまり 時間の経過 を感じられない状態であります。



大変遅くなりましたが


ご来場頂きました皆様に 心から御礼申し上げます。



ありがとうございました。







何はともあれ



今回もまた 二人で乗り切りました。





また二人で!!






引き続き 



最強TAG



にて 攻めて参りましょう。






  
 





アズーロ エ マローネ




アズーロマローネ







人気ブログランキング







Instagram












ショールーム見学希望(眼鏡店様対象)  
ご予約画面よりお願い致します。




REAL STAGE(ショップ) の営業日は  
サイトトップページ

右下 営業日カレンダーを参照くださいませ。

 




2018年04月12日

COME2018 3日目スタート



COME2018 3日目 スタートです!!!




COME2018 3日目スタート!!!





時代のセンターヘ


レディース専用モデル 第2弾







人気ブログランキング







Instagram












ショールーム見学希望(眼鏡店様対象)  
ご予約画面よりお願い致します。




REAL STAGE(ショップ) の営業日は  
サイトトップページ

右下 営業日カレンダーを参照くださいませ。



メガネご購入相談、メンテナンス等は  
ご予約画面よりお願い致します







real1994 at 10:00|PermalinkComments(2)

2018年04月11日

COME2018 2日目スタート



COME2018  2日目 スタートです!!





COME2018 2日目スタート!!






シャープなチタンピンカシメモデル












人気ブログランキング







Instagram












ショールーム見学希望(眼鏡店様対象)  
ご予約画面よりお願い致します。




REAL STAGE(ショップ) の営業日は  
サイトトップページ

右下 営業日カレンダーを参照くださいませ。



メガネご購入相談、メンテナンス等は  
ご予約画面よりお願い致します




real1994 at 10:00|PermalinkComments(0)展示会