2017年07月03日

極の炙り方



REAL最上位モデル  温故知新 極 においても


炙りバージョンをお求めになる取扱店様やユーザー様が存在します。



今回は 極の炙り方 を紹介致します。





基本的にベースは カラー04 康



康(こう)




ヨロイネジを外し フロントとテンプルを分離

ダミーレンズとパッドも外します。


そして 店頭に鎮座する この  バフ器により


image




フロントをランダムに磨きます。



RIMG2467





そして  いよいよ バーナーで


今回は 武蔵ばりの二刀流です。



image




信ずるは、 我が感性 と メガネの神のご加護。



結果


RIMG2468



そして 様々な番手のサンドペーパーを用いて



image



磨きやシャーリングを掛けます。



RIMG2470




時には 再び バフ を仕上げに使います。



image






仕上がりを確認し 組立て。  ここで 細かなことを一点、


ヨロイネジには、 最新のOSロックハイブリッドを採用していますが


一度緩めると  ご覧のように 赤の樹脂が潰れてしまいます。


RIMG2471



当然 組立ての際には 新たなネジを使います。


RIMG2473






大阪 オプティコモダ様からのオーダー分でございました。



RIMG2475


RIMG2476



RIMG2474







明日 4日 専用ケースと共に出荷致します。





神様から授かった ご褒美のような仕事でございます













real1994 at 16:21│Comments(2)温故知新 極 

この記事へのコメント

1. Posted by 真   2017年07月03日 19:11
5 井上さんお疲れ様です(⌒‐⌒)どれも炙りは一点一点個性があって欲しくなりますね(⌒‐⌒)体調にきおつけて頑張ってください(⌒‐⌒)
2. Posted by 井上   2017年07月04日 09:49
真様

はい、ある程度 素材の磨き具合 温度 時間 などで
狙えるのですが、 最終的には 
『メガネの神様のさじ加減で決まります^^』

今月も いろいろと 頑張ります!!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字